【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2020/03/03 11:09

sad-metro-01.JPG

当店ストックのSadowsky Bassはこちらからチェック! >>


日本製の確かな作りとバランスの良いサウンドで当店でも人気のSadowsky Metro Series!!
ですが、生産国が変わり日本製では無くなってしまいます。

今回、そんな日本製Metroを4モデルほどご紹介!
無くなったらもう手に入らないので、気になっている方はお見逃し無く!!

・MV
言わずと知れた定番モデル。
アッシュボディ&メイプル指板の組み合わせは、低音域はパワフルに、高音域ははっきりと鳴ります。
搭載している2バンドのEQとの相性もよく、スラッププレイ時の迫力あるサウンドははわかりやすくカッコいいです。
ピックアップはノイズの少ないスプリットコイルのピックアップを搭載。

sad-metro-02.JPG


・RV
こちらはMVモデルと人気を二分するモデル。
アルダ-ボディ&パーフェロー指板の組み合わせとなっており、MVと比べしっかりと中音域を感じ取れるので、
アンサンブルでの音抜けや安定感はとても使いやすく、とても扱いやすいベースに感じられます。
ピックアップはノイズの少ないスプリットコイルのピックアップを搭載。

sad-metro-03.JPG


・Will Lee Model
名手ウィル・リー氏のシグネイチャーモデル。
上記モデルより1フレット多い22F仕様で、ピックアップもJピックアップとなっているので、よりキレのあるサウンドになっています。
4弦モデルにはDチューナーが搭載され、実践的な仕様に。
また最大の特徴としては、プリアンプにミッドブーストスイッチを搭載。
Sadowskyベースではこのモデルにしか搭載できないプリアンプとなっております。

sad-metro-04.JPG

sad-metro-05.JPG

sad-metro-06.JPG


・Slapmaster
その名の通りスラッププレイに重きを置いたモデル。MV、RV問わずボディはアッシュを使用。
通常Sadowskyベースは軽量なボディ材をチョイスして製作されますが、当モデルは別。
重量のある材に、これまた重量のあるブリッジ「OMEGA BRIDGE」を搭載。
またコントロールもトーンコントロールを撤廃。スラップ時のレスポンスを考えピックガードと弦の間隔を狭くした、
Low Neck Setプロファイルを採用するなど、とことんスラップを意識した作りとなっております。

sad-metro-07.JPG

sad-metro-08.JPG


すべてのモデルをご紹介したわけではないですが、いかがでしたでしょうか。
さまざまなニーズに合わせて、いろいろなモデルがありますので、
きっとプレイスタイルに合ったベースを見つけられるハズ!

ぜひ無くなってしまう前に一度お試し下さい!!
お買い得な特価品もございますので、お見逃し無く♪

最終更新:2020/03/03 11:09

ページ上部へ

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021年
2020年