【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2015/01/26 19:55

maruyama


どうもこんにちは。丸山です。

突然ですがレッドツェッペリンは好きですか?

ポップミュージックの巨人がビートルズであるのは異論などないと思いますが、
我々がロック(もしくはハードロック)と呼んでいる音楽のフォーマットを作り上げたのはレッドツェッペリンでした。この点もさほど異論は出ないのではないでしょうか。

リフ、リズム、ハーモニー、それら全てが当時としては革新的であり、かつ現代に至るまでスタンダードとして数多くの楽曲・作品の中に息づいています。

そのレッドツェッペリンの頭脳であり司令塔であったのが、他でもないジミーペイジ御大です。

日本では3大ギタリストの一人とされていますね。他の二人に比べて派手なスキルを持つわけでは無いですが、卓越した作曲能力、そしてその曲にもっとも適したリフやハーモニー、リズムを配することが出来る天才です。派手なスキルを持つわけではないとは言いつつも、実際にはスタジオワークで磨いたギターの腕前はすさまじい物があり、キレっキレの時のインブロビゼーション的なソロは刃物のようにギラギラに研ぎ澄まされたプレイで鳥肌モノです。

そのジミーペイジがレッドツェッペリン解散後、90年代にペイジ・プラントとして活動していた頃から使い始めたアンプが「Petersburg JP-100」です。現在に至るまでずいぶん長いことこのアンプを使用しております。


main.jpg
clickblack



殆ど流通が無かった為、「あのアンプはなに?」という声も多く、幻のアンプ的な捉えられ方をしていましたが、昨年より極少数ではありますが国内にも輸入されてくるようになりました。

Petersburg、、、ピータースバーグ、、、英語ならそう読みますが、これは「ペテルスブルグ」です。ロシア語読みですね。まあロシア製のアンプですから当然ですね。

ずっとMarshallを愛用していたジミーペイジが使用するアンプですので、基本的にはMarshall的な作りとサウンドです。商品ページにも記載がありますが、ちょっと変わっているのが6L6のパワー真空管を使用していることです。Marshallの場合は基本的にEL34がパワー真空管として使用されます。
同じく商品ページに書いてありますが、ジミーペイジがかつて使用していたMarshallアンプに6L6が載っていました。
6L6はFenderやMESA/BOOGIEなどのアメリカの会社のアンプに使われていた真空管です。ですので、6L6を搭載したアンプはアメリカのアンプのようにスカっと抜けるような明るいサウンドになります。EL34はイギリスのアンプに良く使われていましたが、こちらは比較的歪み易く、音量を上げると十分なコンプレッションがかかり独特のウェットな歪みを生み出します。このコンプレッションにより長いサスティーンを得られるようになり、このことが原因でイギリスから多くのロックバンドが誕生しました。

レッドツェッペリンはイギリスのバンドですが、アメリカで非常に大きな成功を収めました。そして世界中で今でも広く愛されています。イギリスで生まれたMarshallのテイストとアメリカの真空管のテイスト。これらを両方併せ持ったジミーペイジだからこそ、得られた成功かもしれませんね。

当店に入荷しておりますJP-100ももちろん1台のみの入荷です!無くなってしまっていたらごめんなさい!!


P1030166.JPG





----------------------------------------------------------------------------------------





main.jpg


暗闇に置くと恐ろしいくらいに光ります。


main.jpg


箱です。まさかの木箱入りです。

最終更新:2015/01/26 19:55

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム