【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2015/01/16 13:58

brown
main.jpg
clickblack



Headway / 2014 HD-115 ATB


アコギの王道モデルといえば、やはりドレッドノートで、特にサイド&バックが
ローズウッドの28スタイルは定番中の定番ですね。
ですので、古くから色々なメーカーでこのスタイルのモデルを造っていますが、
近年では細かな所までも検証が進み、かなり完成度の高いモデルも有ります。
国産アコギメーカーの老舗、ヘッドウェイのHD-115などもそのようなモデル群の一つで、
毎年細かな仕様にこだわった限定モデルを出しておりますが、2014年のリミテッドは
なかなかの出来栄えで、美味しいモデルの一本だと思います。

基本的にドレッドノートでトラディショナルなスタイルですと、スペックはある程度きまって
きてしまいますので、ルックス的には似た感じになってしまいますので、素材や造り等で
個性を出していくと思いますが、この2014年度のHD-115でもその辺りで特徴を出しています。
ヘッドウェイといえば数々の名器を生み出した百瀬さんが有名ですが、高齢で製作本数も
近年では少なくなってきているとの話も聞きますが、工場内ではお弟子さん達の技術も
向上しておりますので、アスカチームビルド(ATB)と呼ばれる、少数精鋭での製作が
メインとなっております。このATBは造り込みの良さの割には比較的に手頃なコストパフォーマンスの
高さを持ち、この2014 HD-115もATBですので、ウッドマテリアル等のスペックの割には
かなりお買い得な価格設定になっていると思います。

まず、ウッドマテリアルはなかなかツウ好みなチョイスで、トップにはアディロンダックを、
サイド&バックにはホンジュラス・ローズウッドを用いています。
古き良き時代の名器によく用いられたアディロンダック・スプルースは、もうアコギ好きの
方々にはお馴染みのトップ材で、コシの強いサウンドの張りがドレッドノートにはマッチし、
高級機種によく用いられる木材です。また、サイド&バックのホンジュラス・ローズウッドも
近年ではだんだんと浸透してきた材で、ハカランダに近い音質特性を持つローズウッドで、
このアディロンダックとホンジュラス・ローズウッドのマッチングはなかなか美味しい
組み合わせだと思います。
ボディー内のブレイシングもフォワードシフトのスキャロップで、このウッドマテリアルの組み合わせから、
かなり倍音感の良い煌びやかなトーンを響かせてくれます。ドレッドノートらしいパワフルで
豊かなトーンの中に、抜けの良い煌びやかなトーンを持っておりますので、ピックでの
ストローク弾きだけでなく、けっこうフィンガーピッキングなどでも良いトーンを奏でてくれます。

近年特に思うのですが、大手のGibsonやMartinと比べると製作本数では遙かに及びませんが、
国産メーカーで頑張っている所は、少数ながらも製造クウォリティーの高いギターを
作り続けていますね。特に今回オススメのトラディショナルなモデルですと比較対象も多く、
比べてみると、そのクウォリティーの高さに驚かれると思います。
もちろんメームバリューも大きいのですが、今回のような限定モデルですと、なかなかこだわった
ギターが多く、たまにお試し頂くと面白いかもしれません。

以上、変なこだわりブラウン峯田のオススメ品でした。


20150114-Headway-HD115.jpg

最終更新:2015/01/16 13:58

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム