【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2014/11/22 11:39

brown
main.jpg
clickblack



Headway / HC-Gut


ヘッドウェイ渾身のエレガットHC-Gutです!
当店の取り扱いはフォークギター等のスティール弦ギターがメインですので、
バリバリのクラシックギター弾きの方よりも、エレガット等をお探しの方が
多くご来店されます。
そこでエレガットを考察すると、だいたいですがクラシックギター寄りか
フォークギター寄りに分かれると思います。それらを見分けるポイントは、
大まかに見てナット幅とネックジョイント位置、ボディースタイルだと思います。
ナット幅はクラシックギターに近い50~52mm程の幅か、42~45mmぐらいの
フォークギターに近いサイズ、もしくは47,48mmぐらいの中間的なものです。
ネックジョイント位置は12フレットジョイントか14フレットジョイント。
そしてボディースタイルはカッタウェイの有り無しや、ボディーの大きさ、形など
で弾き心地やサウンドも変わってきます。

基本的に、クラシックギター寄りのモデルよりもフォークギター寄りのモデルでは、
これらのどのポイントを求めてデザインするかで個性が出て、それぞれに
独特な雰囲気のある個性の強いモデルが多いようです。
そこで、今回オススメのヘッドウェイHC-Gutをみていきたいと思いますが、実は当店に有る
HC-Gutはプロトタイプで、ナット幅が50mmですが、通常モデルでは47mmなのです。
14フレットのネックジョイント位置、そしてOM系に近いサイズのカッタウェイボディーは
通常モデルと一緒で全体的にフォークギター寄りのスタイルを持つHC-Gutですのが、
この幅広のネック幅はけっこうポイントで、よりクラシカルな運指でフレーズを弾く場合などに
はまるギターではないかと思います。
普段はエレキやフォークギターを弾いている方が、ボサノバ風なフレーズを弾く時などで、
チョッと凝ったコードフォームなどを用いると、意外と幅広なネックの方が運指がスムーズ
だったりもします。でも14フレットジョイントのネックの位置関係や、カッタウェイボディーという
スタイルで探すと、けっこう細めのネックが多かったりもしますので、このぎたーでは意外と
ピンポイントではまる方もいらっしゃるかもしれません。

ボディー形状は、だいたいOMスタイルと同等な大きさですが、お尻を丸っこくした独特なデザインで、
カッタウェイが似合う洗練されたルックスです。このサイズ感からか、けっこう生鳴りも豊かで
バランスも良く、ピックアップシステムにもバッテリーが無い充電タイプのMiSi Acoustic Trioを搭載し、
できるだけ本体の鳴りに影響の無いシステムですので、なかなか考えられたギターだと思います。


以上、変なこだわりブラウン峯田のオススメ品でした。


20141119-Headway-HC-Gut.jpg

最終更新:2014/11/22 11:39

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム