【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2014/10/17 11:05

brown
main.jpg
clickblack



Gibson / KEB' MO' Blues Master VS


このケブモのモデルは、近年のギブソンではけっこう好きなモデルです。
とは言え、スモールボディーの12フレットジョイントですので、かなりマニアックな
仕様のモデルなのですが。
でも、最後のブルースマンなどとも言われるケブ・モのモデルなのですし、
これぐらいのマニアックさが丁度良い感じもします。
ギブソン最初のフラットトップL-1が登場して少し後、ボディーシェイプが変更されて
ネックジョイント位置も12から14に変更になっていく30年代前半の過渡期では、
L-00の登場などもあり、モデルラインナップが再編されている時期だと思います。
ボディーシェイプはL-00のスタイルなのですが12フレットジョイントという、少しレアな
この時期の仕様をモチーフにするあたり、なかなかツウな選択をしていると思います。

そこにボディーのヘリンボーントリム、ヘッドのクラウンインレイ、指板やヘッドの
バインディングなど、この雰囲気を壊さない程度にオリジナリティーを出した仕様は、
なかなか渋くてオシャレだと思ってしまいました。
また、ブリッジはレクタングラーなのにロングサドルではないのは、ピックアップ搭載の為で、
ギブソンでは定番のL.R.Baggs Elementが搭載ですので、実用性の高さもあったりします。

このモデル、やはり実際にギター構えてみると、なんとなくそれっぽい気分にさせてくれますね。
普通のアコギのように構えると、左手のポジションが体側に寄った12フレットジョイントらしい位置関係で、
ネックグリップもナット幅が45~46mmほどある幅広三角のヴィンテージらしい独特なグリップですので、
やはりカントリーブルース系のフレーズを弾きたくなってしまいますね。
しかもこのモデル、この値段帯でありながらトップ材にはアディロンを用いていますので、
実はコストパフォーマンスも高い、隠れお買い得モデルでもあります。
このスタイルらしい、甘く柔らかなトーンですが、アディロンを用いているからか、ポロリと
爪弾いた時の、各音の臨場感は有り、なかなか味わい深いトーンです。

実際には、どのようなシチュエーションでもバッチリ!というようなモデルではなく、
使い方なども限定されてしまうかもしれませんが、なかなか個性的であり、
他では無い存在感が有るモデルですので、チョコっと気になる方は、一度お試し下さい。
けっこうはまってしまうかもしれませんよ。

以上、変なこだわりブラウン峯田のオススメ品でした。


20141015-gibson-kebmo.jpg

最終更新:2014/10/17 11:05

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム