【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2020/06/30 13:58

こんにちは、ベースハウス及川です。

本日のブログにてご紹介しますのは国産アコースティック・ブランドの名門「K.Yairi」。
1935年に設立されなんと85年(!)もの長い歴史を持ち、かのポール・マッカートニーやリッチー・ブラックモア、カルロス・サンタナなどの海外レジェンドアーティストや多くの国内ミュージシャンに愛され続けている日本の老舗メーカーです。

5.jpg

K.YairiのアコースティックベースにはYB-2やYB-3という代表機種があり、一般的なアコースティック楽器らしいボディの厚みや幅による豊かな箱鳴りが魅力的なモデルですが、どうしてもサイズが大きいために運搬性については付属の専用ハードケースを使用するしか御座いません。

そこでイケベからのオーダーにより小柄なシェイプながらヤイリらしい豊かな生鳴りを生み出すIKB-CTMモデルを製作していただきました!

4.jpg

K.Yairi IKB


アコースティックギターKYFのシェイプを基にした形状とYB-13のボディ厚と同サイズ(約74mm)の薄型ボディにより、一般的なアコベに比べて右腕をストレッチすることなくエレキベースからの持ち替えもしやすく、運搬性にも優れたベースに仕上がっています。

1.jpg

モデルも、「ラウンドワウンド弦を張ったフレテッドのIKB-1」、「ラインなしフレットレスのIKB-2」、「ラインありフレットレスのIKB-3」とプレイヤーのスタイルに合わせた仕様を選ぶことができ、カラーリングもナチュラルとバイオリンサンバーストの2色からお選びいただけます。

2.jpg

3.jpg

YBシリーズの中では小柄なボディサイズながら豊かで芳醇なローエンドは流石のもの。
ロックバンドのアコースティックコーナーでも良し、ジャズバンドでのウォーキングベースでも良しの1級品です。

アコースティックベースの中では高級なブランドでは御座いますが、エレキと違って買い替える頻度もかなり少ないと思いますので、「本当に良い物を1本持っておく」という選択肢もありですね!

イケベスタッフでディスカッションを重ね、プレイヤー目線から考えた「現場で使えるアコースティックベース」がここに誕生しました!
是非お試し下さい♪

最終更新:2020/06/30 13:58

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年