【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/11/21 12:14

20191121_115434.jpg

Chase Bliss Audio / MOOD



発売からしばらく経ちましたが売れ続けています。


エフェクター好きの方ならもしかするとチェック済みかもしれません。
Chase Bliss Audioのグラニュラー/マイクロルーパー/ディレイ、MOOD。

-------------------------------------------------------------------------

MOOD(ムード)は 2チャンネルのグラニュラー/マイクロルーパー/ディレイです。
遊び心と即効性を同時に追求し、相互に作用するようにデザインされています。MOODのそれぞれのチャンネルは相互関係にありオーディオ信号が自在に行き交うことで、時間の経過と共にシグナルは進化し、トランスフォームしていきます。


-------------------------------------------------------------------------









となってしまった方。大丈夫です。当店は動画を用意しました。



※スマホの方、申し訳ありません。


いかがですか?雰囲気はお分かりいただけたのではないでしょうか?

ですが、MOODで作れる独特のサウンドは非常に幅広く、動画ではほんの1部(もしかすると1%くらいかも)しか紹介できていません。

正面から見える本体自体のコントロールノブやツマミはもちろん、

imgrc0076776395.jpg

筐体上部には鬼のようなDIPスイッチを搭載。

Drolo FXとのコラボレーションで誕生した右フットスイッチチャンネルは、常に録音し続けるマイクロルーパーを搭載。一方の左フットスイッチチャンネルはOld Blood Noise Endevorsの協力で幻想的なライブ空間エフェクトをセットしました。それぞれのチャンネルの接続は3種類のオプションから選択ができます。

ディレイタップの雲の中にタイムストレッチさせたループを走らせて、更に再度レコーディングすれば、オーバーダブ、フリーズ、メルトダウン、水彩画のような滲んだトーンを楽しめます。このデバイスの肝となるのは、それぞれのチャンネルを同時に加速/減速させて音階でハーモナイズさせる”clock control"です。再生させたループを一瞬で鳥の囀りにトランスフォースさせたり、リバーブを淡く霞んだノイズへ変貌させます。そして他のChase Blissのペダル同様、フルMIDIコントロール、dipスイッチ、そしてプリセットの保存/呼び出しに対応しています。


一見すると操作、音作りが非常に難しそうに見えますよね。





難しいです。





ですが、MOODの使い方には正解はありません。
接続する楽器すら特に決められていないのです。

「楽しい」「美しい」「心地良い」「意味不明」

弾き手が何かを感じることができたらそれが正解なのです。


メーカーも言う通り、MOODは貴方のコンパクトかつシュールな水彩カラーパレットです。


真っ白なキャンバスに自由に絵を書くつもりでプラグインしてみて下さい。

最終更新:2019/11/21 12:18

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム