【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/06/12 11:35

デジタルモデリングを搭載したアンプはこれまで数多くのメーカーが取り組み、販売してきましたが、いよいよ決定版と言えるものになるかも知れません。

Mustang GT・・・機能やサウンドにおいて、同じようなジャンルの商品の中でもダントツの使い易さと高音質ということで評判が広がっているFenderの新世代アンプです。



Fender USA Mustang GT 40


Fender USA Mustang GT 100


Fender USA Mustang GT 200


本体にWi-Fi搭載、ブルートゥース接続でアプリと連動、、、というといろいろと難しく感じるかも知れませんが、本体を見て頂ければ分かるように非常にシンプルな構成となっており、サウンドの選択や音作りも最小限のステップで行なうことが可能になっております。

今回は基本的な操作をご説明したいと思います。


main.jpg


1,電源を投入しますとまずカラー液晶にブランド名が現れます。かっこいいですね!テンション上がりますね!


main.jpg


2,ブランドロゴの後、製品シリーズ名である「MUSTANG GT」の文字が。


main.jpg


3,起動しますとこの画面になります。この画面が基本画面となります。


main.jpg


4,では音作りをしていきたいと思います。
ディスプレイ右の3つのボタンが、ディスプレイ内の上下に3つあるエリアに相当しています。
ディスプレイ上段には現在選ばれているプリセット名が表示されています。
中段にはそのプリセット内のアンプやエフェクターが順番に並んでいます。
下段には中段で中央に表示されているアンプやエフェクターの各パラメーターが表示されています。

では早速現在中段で表示されている'65TWINのサウンドをエディットしていきます。
右のボタン、一番下のを押すとディスプレイ下段がフォーカスされます。


main.jpg


5,ボタンのさらに右にあるホイールを回すと、エディットするパラメーターを選ぶ事が出来ます。写真ではホイールを回して「MIDDLE」のパラメーターをフォーカスさせました。


main.jpg


6,ホイールを押すとそのパラメーターのエディットをするモードに入ります。「MIDDLE」パラメーターが赤くなりましたね。


main.jpg


7,この状態でホイールを回すと値を変えられます。
写真では少し値を下げてみました。


main.jpg


8,もう一度ホイールを押すと、変更した値が決定します。
ここまでの操作を繰り返して音作りをしていきます!


main.jpg


9,ちなみに今度は選ばれているアンプを変えてみましょう。
右のボタン、真ん中のを押してディスプレイ中段をフォーカスさせます。


main.jpg


10,ホイールを回してアンプをフォーカスさせます。この写真では先ほどすでにアンプがフォーカスされていましたのでこの作業は必要ありませんね。


main.jpg


11,ホイールを押しますと、、、


main.jpg


12,このような画面になります。


main.jpg


13,ホイールを回すと次々とアンプが変わっていきます。


main.jpg


14,アンプが決まったら再度ホイールを押します。
いかがでしょうか。音作りの手順は非常に簡単でシンプルですね!
本体にここまでの変更を記憶させるには、このホイールのさらに右に「SAVE」というボタンがあり、プリセットの元々の状態から変更がされていれば白く光っているはずです。これを押して後はディスプレイの表記に従えば保存されます。

最終更新:2017/06/12 11:35

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム