【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/05/17 13:17

我々池部楽器店は各店舗のアンプフロアがMESA/BOOGIEプロショップ認定を受けております。
そんな中で、近日発売となるMESA/BOOGIE ジョン・ペトルーシモデルJP-2Cのプロモーションのため、
MESA/BOOGIE社International Sales ManagerであるMatther Smith氏が来日、ロックハウスにご来店されました。

JP-2C実機を持ってのご来店で、私達は一足お先に試奏させて頂きました!!


_MG_2762.jpg


ペトルーシ本人の使用するMARK II C+をベースに、彼の協力の下2年を掛けて開発されたMARK II C+リイシューモデルとなります。


_MG_2753.jpg


MARK II C+で使用されていたトランスを復刻生産させて搭載しており、この巨大なトランスによる広いヘッドルームと非常に速いレスポンスを誇る極上のアンプとなっております。

クリーンはどこまでも澄み渡る透明なサウンド、クランチや歪みはスムーズで伸びやか、身の締まったタイトなトーンを持ち、非常にリッチで音楽的なアンプであるという印象でした。
充分なコンプレッションとスピーディーな反応により、大変弾き易いサウンドであるというのも特徴です。

チャンネル2と3にはプル可能なプレセンスがあり、プッシュ状態がペトルーシセッティング、プル状態がオリジナルMARK
II C+セッティングということでした。

リヴァーブも非常に優れており、ビッグな空間と充分なラウドさを持つ美しいサウンドを演出できます。

ペトルーシセッティングでは彼の好みに合わせてダークなトーンとなっており、実際に弾いてみると「おおっ!なるほど!」と言うほどに彼の音に近づけます。いくつか彼のリフを弾いてみましたが、さすがに気持ち良いですね!

オリジナルMARK II C+セッティングでは、やはりメ○リカ弾きたくなりますね!このサウンドもその場にいた全員が大絶賛でした!

MESA/BOOGIEのフラッグシップであるMARK-Vはサウンドバリエーションの多彩さが特徴ですが、このJP-2CはMARK II C+にピュアにフォーカスした一台となっており、現代の多チャンネルアンプの先駆けとなった伝説のアンプがジョン・ペトルーシの名を冠して完全復活した、という印象です。

アンプヘッドをご自宅などで練習・レコーディング使用するのに最適なCab
Cloneも搭載、MIDI機能装備、至れり尽くせりのパーフェクトなアンプです!

更に細かいことは実際に試した当店スタッフへ是非お問合せ下さい!!


Mesa Boogie JP-2C Standard Head 【6月入荷予定】


日本へは8台のみの入荷となるリミテッドエディション。Mesa Boogie JP-2C Limited Edition 【7月入荷予定】


_MG_2755.jpg

_MG_2759.jpg

_MG_2760.jpg

_MG_2761.jpg

_MG_2752.jpg

_MG_2756.jpg

_MG_2758.jpg

最終更新:2016/05/17 13:18

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム