【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/07/31 11:11


brown
412572_main_l_201507251136.jpg
clickblack



TAYLOR / Limited Edition 324e SEB ES2


今回のオススメは、テイラーの渋いリミテッドモデルです!
300シリーズを基にしたモデルですのでサイド&バックはサペリで、トップがマホガニーのモデルですが、
オールマホガニー!と言ってしまいそうな感じのルックス&サウンド傾向のモデルです。

ここ数年、テイラーではマホガニートップのモデルをちょこちょこと出しており、300や500シリーズで、
2桁目が2番の場合にはマホガニートップで、520ceとか324ce等のモデルを見掛けたりするかもしれません。
そんなマホガニートップでは珍しいノンカッタウェイ、そしてレギュラーでは無いシェイデッド・エッジバーストの
カラーとしたのが今回の限定モデルです。
実は今回のリミテッドは320eと324e、ドレッドノートとオーディトリアムの2タイプのボディーシェイプがありまして、
どちらが良いか悩んだのですが、単純にルックス優先で324eを選んでおります。
サンバーストのカラーもスプルースをベースにするのとマホガニーをベースにするのではかなり違いが有り、
今回のようなマホガニーにサンバーストのカラーがのるとかなり渋い風合いになってきますので、逆にテイラーらしい
オーディトリアムの方がバランスが取れて良いのかなっと思った次第です。実際に現物を見ても、サテンの仕上げと
このカラーでテイラーとしては落ち着いた風合いで、でも渋くなり過ぎず程よい具合のルックスだと思っており、
またサウンド傾向もこのボディーシェイプに合っているのではないかと思っております。

巷でオールマホのアコギというとシングルオーやニューヨーカータイプ、ギブソンのLG-0等の小柄なモデルなどが
よく見掛けると思います。チョッとレンジは狭いのですがコロコロと軽快に鳴る感覚は、このスタイル独特なサウンドで、
手近な所に置いて気軽に弾ける感覚が愛らしいギターで、個人的にも好きなタイプではあります。
ただ、テイラーのマホガニートップのモデルは、これら昔から馴染みのあるオールマホとは少し違う傾向のギターです。
なんと言いますか、けっこう普通に良く鳴り、広いレンジでバランスの良い感じがし、マホガニートップから連想するよりも
洗練されており、テイラーらしいサウンドと言えるかもしれません。

このような感じですので、昔からあるマホガニートップのギターと比べるよりも、テイラーで定番の314ceと弾き比べると解り易く、
この324eは314ceよりも音量感が少し抑え目になるのですが、全体的に暴れた感じが無くなりしなやかに響く感触が有ります。
マホガニートップ特有の、フィンガーでの鳴らし易さはあるのですが、個人的にはピックでストロークした時の纏まりの良さが
けっこう良い感じで、適度にコンプが掛かったようなツブ立ちの良いコードストロークが心地良いです。
この爽やかなトーンは歌物のバッキングや弾き語りなどで良さそうな感じがし、この渋い風合いのルックスと、
抱え易いアーディトリアムのボディーシェイプから、テイラーの中ではけっこう面白いポジションのモデルではないかと思います。
気になる方は、是非とも314ce等と弾き比べて頂き、そのサウンドを体感して頂けたらと思います。

以上、変なこだわりブラウン峯田のオススメ品でした。


20150727-Taylor-324e-SEB-ES2.jpg

最終更新:2015/07/31 11:11

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム