【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/07/03 11:49


brown
409094_main_l_201506301455.jpg
clickblack



Martin / CTM OM-14F Carpathian / Korina


今回のオススメは、マーチンのカスタムモデルです!
イケベのアコギショップ、渋谷ハートマンギターズの名物スタッフ、石河太陽が
マーチン工場から直接選定してきた内の一本です。
最近は便利な世の中になったもので、USAのマーチン工場に出張中の石河君から
「このリストの中で欲しいの有ります?」と送られてきたリストの中で目に付いたもので、
無理を言って選定してきてもらった一本です。
エレキからギターを弾き始めた自分としては、「コリーナ」と言う誘惑に弱く、
それだけで選んでしまったと言っても過言ではない一本です。
オリジナルのフライングVやエクスプローラーに採用されていたコリーナ材ですので、
なんとなく夢とロマンに溢れた木材というイメージが抜けないのです。

そんなコリーナ材、チョコチョコと使うメーカーも増えてきたので、一時調べた事があるのですが、
ご存知の方も多いかもしれませんが一般的(木材を取り扱う業者さん等)にはリンバウッドと
言う方が普通で、コリーナというのは楽器業界の通称のようですね。
このリンバウッド、アフリカ産の木材なのですが、大きく育つ木のようですので、木材の流通も
それなりには有るようです。ただ、木材の質にはバラつきも有るようで、中には硬くても脆い材が有ったりも
するようですので、硬さやしなりの弾性が良い材の中で、木目の綺麗に整った材を選ぼうとすると、
楽器用に使える大きめな木材がなかなか採れず、そのような点で確保がけっこう難しいようです。
前述のギブソンのフライングVやエクスプローラーで、オリジナルではエクスプローラーの生産本数が少ないのは、
フライングVよりも大きな一枚板で作るエクスプローラー用の木材の確保が難しかったからではないかと
個人的に推測したりもしております。
そのようなリンバウッド、一般的には白っぽい黄褐色の色味なのですが(俗にホワイトリンバと呼ばれます)、
中には黒褐色でエキゾティックな木目の縞が入ったブラックリンバと呼ばれる材も採れたりします。
今回入荷のマーチンカスタムモデルで用いられたコリーナは、このブラックリンバの方ですね。

このようにコリーナ材を用いる場合、特にアコースティックギターでは木材の選定が最重要なのですが、
このモデルでは木材に精通したマーチンスタッフがかなり厳選して、楽器用として最適なコリーナを
用いて製作されております。ブラックリンバ独特のエキゾティックな木目が美しく入ったルックスで、
反応が良くしなやかなタッチ感と、奥深い余韻を持つ響きを持ったサウンドはなかなか秀逸です。
もちろん、コリーナ材だけではなく、けっこう木目が詰まって整ったカルパチアンスプルースの方が
トップ材ですので、この良質なサウンドへの貢献も大きいと思いますが、個人的に何となくですが、
「このコリーナはいい味出してるね~!」と言いたい自分が居ます。
やはり、自分の中でコリーナは、夢とロマンに溢れた木材ですから。

以上、変なこだわりブラウン峯田のオススメ品でした。


20150701-Martin-OM14F-Korina.jpg

最終更新:2015/07/03 11:49

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム