【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/05/10 11:36


bassオススメ


英国ライターが日本食・食文化をリポートし、それに伴った日本文化も紹介する。
今まで気に留めていなかった日本文化を見つめ直す良い機会だと思います。
ベース担当:大竹です。

英国といえばロック文化の発祥地とも言える国です。
代表的なロックバンドはやはり「 The Beatles 」・「 The Rolling Stones 」・「 The Who 」などが挙げられます。
先日も言いましたが「 The Beatles 」のポール・マッカートニーが先日来日公演しましたね。
とても観たかったです。

それではそんな英国に肖りもせず、今回もポール・マッカートニーも全く使用していない「 Gibson 」ベースを大雑把にご紹介してみましょう。


IMG_0375.jpg


1894年に設立された楽器ブランド、「 Gibson 」
そんな「 Gibson 」が初めてエレキベースをラインナップに加えたのが「 EB-O 」、通称「 SGベース 」です。
時系列的には「 EB-O 」が最初なのですが、なぜ前回は「 Thunderbird 」を先に紹介したのでしょうか・・・。 私にも謎です。

そんな「 EB-O 」の特徴は、SGシェイプにショートスケール・1ピックアップスタイルの超シンプルスタイルのベース。
おそらく、「 Fender 」の「 Precision Bass 」をものすごく意識していたのでしょう。
ボディシェイプ・ネックスケール以外の1ピックアップ・ヴォリューム・トーンといった所は完全に丸パクリです。
ちなみにそのモデル名の由来は「 Electoric Bass 」の頭文字をチョイスしただけという超単純な由来です。
当時1960年代のヴァリエーションモデルは、2ピックアップヴァージョンの「 EB-3 」があります。

おそらく、「 SGベース 」といえばこちらの2ピックアップヴァージョンの方が馴染みがある事でしょう。
その他にも、「 Cream 」の故ジャック・ブルースの使用で有名なヴァイオリンシェイプの「 EB-1 」、セミ・アコースティック構造の「 EB-2 」といったSGシェイプと全然 違うボディシェイプのモデルがラインナップとしてありました。
番外編としては、激レアな「 EB-OF 」(ファズ内臓のSGベース)、ロングスケールの「 EB-3L 」、1970年代に一時期あったスローテッド・ヘッド(クラシック・ギター の様にヘッドに穴があけられた仕様)の「 EB-3 」、レバーSWが採用された「 EB-4 」といった馴染みのないモデルも実は多数存在していたのです。

そして、個人的には最大の特徴ともいえる仕様としては、1960年代~1970年代の 「 EB-3 」にはロータリーSW式のピックアップセレクターが搭載されていました。


IMG_0374.jpg

IMG_0373.jpg


通常のフロント・リア・ミックスといった3タイプの他、「 チョーク・コイル 」という抵抗を通過した「 バリトーン・モード 」とも言えば良いのでしょうか・・・!? そんな サウンドを選択出来る4wayセレクターが装備されていたのです。(上画像は1973年製 EB-3です。)
おそらく、当時ラインナップされていたエレキギター、「 ES-345 」に採用されていた「 バリトーンSW 」の流れから採用されたと思われますが、はっきり言って使用用途 は「 謎 」です。
「 バリトーン・モード 」に選択すると、高周波数帯がごっそり削られ、アタック感もないモッコモコで丸い印象のモータウン・サウンドになります。
何なんでしょう・・・!? ウッドベースのサウンドを再現した感じなのでしょうか・・・!?
「 んじゃ、トーン絞れよwwww!! 」っとツッコミを入れたくなります。

そんなEBシリーズも1970年代中期~後半辺りには一旦幕を閉じます。
しかしながら、2000年代後半には「 SG Bass」としてモデル名を変更し、再び地上に舞い降りて現行モデルとしてラインナップに復活しました。
おそらく、通称の「 SGベース 」という方が印象が強かったのでしょう。 「 EB 」の名はここであっさり消え去ります。 非情です。
そんな現行モデルでは、あの「 謎 」な「 バリトーン・モード 」も取り外され、シンプルに2ヴォリューム・マスタートーンといった使い勝手の良いシンプルコントロールに仕様変更されています。


IMG_0376.jpg


ここでもまた「 Fender 」の「 Jazz Bass 」のコントロールを丸パクリです。 潔い。(上画像参照)

その現行モデルもコストパフォーマンスに優れた「 Faded 」シリーズもラインナップに加わり、小柄な女性にも手に取りやすい良心的なモデルとしてこっそり人気があります。
同じくEpiphoneでも「 SGベース 」はラインナップされていますので、合わせてご覧ください。


GibsonのSG Bassシリーズはこちら!

EpiphoneのSG Bassシリーズはこちら!


↑よりご覧いただき、気になったモデルがございましたら是非ともご検討ください。

私のまた無駄に長い独り言にお付き合いいただき、ありがとうございました。

最終更新:2015/05/10 11:36

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム