【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2017/02/02 16:03

こんにちは、バイヤー・カミツです。

先日、スマホアプリ(iOS/Android)の『Google翻訳』に追加された「リアルタイム カメラ翻訳」という機能が、SNS等で盛り上がっているという記事を目にしました。
0.jpg

そこで、私も試してみたのでご紹介したいと思います。

翻訳するのは、着けてたG-SHOCK。
アプリを起動して、カメラマークカメラを押すだけで、映った英単語を翻訳してくれましたよ。

それがこちら下矢印下矢印下矢印
1.jpg

拡大しました下矢印

1-2.jpg
1-3.jpg

・「CASIO」 ⇒ 「カシオ」
・「PROTECTION」⇒「保護」
・「ILLUMINATOR」⇒「照明装置」
・「24H」⇒「24時間」
・「ALARM CHRONOGRAPH」⇒「アラームクロノグラフ」
・「G-SHOCK」⇒「G-ショック」

こんな感じで、概ねちゃんと翻訳されている部分もあれば

・「START」⇒「タルト」
・「25」⇒「単3」
・「09」⇒「米国」
・「20BAR」⇒「私はロビン」

など、どうしてそうなった?と突っ込みたくなる誤変換もちらほらと。

SNSなどでは、この誤変換っぷりが面白いということで盛り上がってるようですうっしっし

スマホをお使いの方で、まだお試しになっていない方は、身近なものを翻訳してみてください。


最後に、ペプシのストロングゼロも翻訳してみたので、ついでにご紹介。

3.jpg

「強い 余分な ゼロ」・・・何かネガティブキャンペーンの標語のような翻訳結果にショック
Googleさんはコカ・コーラ派なのかもしれませんね泣き笑い

ではバイバイ

最終更新:2017/02/02 16:03

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

今月