【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

桃 珊 瑚



【産地】

日本近海の、五島列島、八丈島、小笠原諸島、高知沖、奄美・沖縄諸島、

又南シナ海などで採取されていましたが、現在採取されているのは

高知沖と奄美・沖縄諸島だけである



【特徴】

色は、濃い朱色をした物からピンク色をした物まで幅広く、スキ( 透明度 )が少なく

フがハッキリとしている。

他の種類と比べると、大きく成長し、直径が手首程度の原木も多い。





桃珊瑚 原木


     
桃珊瑚 原木
  


朱色をした玉のルースです

桃珊瑚


特に桃珊瑚のピンク色をしたものは、昔から『 ボケ 』と呼ばれ、現在、採取量が少ないこともあって、とても珍重されています。
このボケの名称は、明治時代に珊瑚を買い付けに来たイタリア人が、初めて見るピンクの珊瑚を気に入り、安く買うために、ぼけた色の珊瑚と表現していたため、そのなごりで現在もボケと呼ばれています。
又、昭和の後半になると、南シナ海やミッドウェーで、似たピンク色の珊瑚が沢山見つかりましたが、価格的には一桁以上の差があり、それらと区別するために『 本ボケ 』と呼ばれることもあります


ボケと呼ぶのは、右側のピンク色です

桃珊瑚




カレンダー

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年