【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します


珊瑚に詳しい方は、ご存知だと思いますが

桃珊瑚の中で、稀に薄いピンク色の物が採取され、その桃珊瑚は特別にボケ珊瑚(本ボケ)と呼ばれます。

同じように、赤珊瑚の中にも、色の薄いピンク色や白い色をしたものがあります

それを、赤ボケ珊瑚と呼んでいますが、桃珊瑚のボケよりも少なく

珊瑚に詳しい方でも、この赤ボケ珊瑚を見たことがある方は少ないと思います


下の写真の珊瑚は、全て赤珊瑚です。
(根元部分の折れ口が、研磨した時の色になります)

007b.jpg



落札金額は隠していますが、当社が落札した時の伝票です

011c.jpg

002b.jpg


ピンクの物から、白い色のものまでありました

005b.jpg


下の写真は、白珊瑚の原木と並べてみた物です

左が、白珊瑚の原木で、 右が白い赤ボケ珊瑚の原木です

表面のオレンジ色の部分は珊瑚虫の色で、 根元の折れ口の色が、実際に研磨した時の色になります

二つとも、中は白ですが、表皮は全く違うことがお分かりいただけると思います

008b.jpg


この、赤ボケ珊瑚は、他の珊瑚と比べても、透明度が高いのが特徴で

研磨すると、珊瑚とは思えないほどの透明感で

とても美しい珊瑚です。


下からライトを当てて、透明度を比べてみましたので、ご覧ください

左が赤ボケ珊瑚、右はミス珊瑚です

004a.jpg

下からライトを当てた写真です

006a.jpg

左と右では、明るさが全く違います。

ミス珊瑚と比べても、格段に透明度があるのがお分かりいただけると思います。


*昔、ミッドウェー海域で、ガーネ珊瑚などが採取され始めたとき
  この赤ボケ珊瑚に似ていることから、ガーネー珊瑚やミッドウェー珊瑚を
  ひとまとめに赤ボケ珊瑚と呼んでいたため、現在でもこれらをひとまとめに赤ボケ珊瑚と
  表記している場合がありますが、当店では日本近海で取れる赤珊瑚(Corallium japonicum)の
  色の薄いものだけを、赤ボケ珊瑚と表記しています。



つぶやき

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
2016年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム