【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2011/04/03 20:27

以前に紹介しました

上野の国立科学博物館の宝石サンゴ展ですが

震災のため、開催が延期となっていましたが

4月1日から開催となっています

聞いた話では、珊瑚の採取に使われる

無人の潜水艇なども展示されているとか!

ぜひ、興味のある方は行ってみてくださいね 指輪


それでは、タイトルにもした本題を

珊瑚に関しては、宝飾関係者の方でも

今は、珊瑚が採れなくなって、価格が上がっていると思っている人が多く

中には、今は日本ではほとんど珊瑚が採れなくなったと思っている人も多いようです

ただ、実際の珊瑚の採取量はここ数年は増加しています。

珊瑚の採取量は、資源量とは別に、原木価格によっても左右されます

当然ですよね、採る側の人も価格が上がれば

力を入れて採るようになりますから、自然と採取量が増えます


以前は、その原木を台湾に輸出し

安い賃金で加工された物を、また日本の業者が仕入れるという事が行われていましたが


それが今は、台湾に中国からの観光客を沢山誘致し

珊瑚製品を地場産業として、どんどん売り込んでいるのです

一番大きな店では、ビルの最上階を珊瑚製品で埋め尽くし

そこに中国からの観光客を、1日に数千人呼び込み販売しているそうです。びっくり

台湾でもサンゴは採れますが

他にも沢山お店は有りますから

それだけでは、とても足りない状態で

日本で、珊瑚と名のつく物

原木から、ルース、製品と買いあさっていて

ここ数年、急激に値上がりし一種の珊瑚バブルのような状況です ショック

国内で加工している者は、高くて手が出せません・・・

このまま、珊瑚バブルが続くとも思えませんが(思いたくないです・・・!)


ただ、ワシントン条約で、珊瑚の保護が問題にされている事もあり

珊瑚の産地である、イタリヤ、台湾なども自主的に規制を行っています

これにより、南シナ海で採取されていたミス珊瑚(姫珊瑚)も

今は、採取禁止区域になり、今後は採れなくなっています。


ミス珊瑚 丸玉



日本でも、更に規制が厳しくなる可能性もあり

今後も、どうなるのか分からない状況はありますが

出来る限り、魅力的な商品を作っていきますので

宜しくお願いします 猫

最終更新:2011/04/03 20:27

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム