【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2009/11/10 23:28

ジュエリーを、製作する上で、大切な技術
ロー付けの作業工程を紹介しま~~す 

ロー付けって? って方もいると思いますが、簡単に言うと溶接の事です

ロー付けするには、本体より少しだけ早く溶ける様に加工された、ロー材と云う地金を、バーナーで溶かして、パーツとパーツを、くっつけます
ロー材には、金、プラチナ、シルバーなど、それぞれに融点が少しずつ違う物があり、
低い温度で溶ける物、高温で溶ける物、それらを使い分けながら、ロー付けをしていきます
低温と言っても金属ですから、数百度はあります

これは、銀ローです 板状の物を小さく切ってつかいます

銀ロー

ためしに、シルバーの板に細い線(丸線)を、ロー付けしてみました


まずは、板の上にロー材を乗せ、バーナーで溶かしてるところです

ロー付け


次に、丸線を板にくっつけ、もう一度ロー材を溶かします

ロー付け



後は、炎から遠ざければ、すぐに温度が下がり、ロー材が固まりますから

それで、ロー付け完了です~  

ロー付け


簡単そうに書きましたが、

実際の作業では、
小さなパーツをロー付けしたり、狭い範囲に何か所もロー付けしたりで
一人前に出来るまでには、モタモタして本体まで溶かしたり、
何か所か、ロー付けしてるうちに、バラバラにしてしまったりと・・・

上手にロー付けするには、地金の表面の色や状態の変化を見ながら、
一瞬で炎を当てる位置や角度を、変えていきます
頭で考えてては遅いんです  

これを、何度も何度も、失敗しながら体で覚えていくんですよ



職人の世界では技術は見て盗め、なんて事をよくいいますが

それは、技術は言葉では伝えられないと、言っているような気がします
 
要所要所ではアドバイスも必要ですが、

結局最後は、自分自身で何度も失敗しながら覚えるしかないんです

最終更新:2009/11/10 23:28

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム