【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/12/31 16:47

全く更新もせずに2019年も終わりを告げるこの店長ブログですが…(-_-;)


今年もたくさんのご注文を頂き誠にありがとうございました。
「よいお年を」と言えることが、とても幸せに思います。
当たり前の日常、とっても大事ですね。

今年は個人的に試行錯誤の1年でした。
海外の方からの爆買ブームが過ぎ去り、一気に売り上げが下がってしまった売り上げを
どの様に回復させていくか。
「数字」によるプレッシャーは少ない会社ではありますが、
最低限昨年の自分は超えたいと思い、現実的に数字が取れて利益もある程度残る企画等考え実行していきました。

3月がお店の締めなのでまだわかりませんが
今の所順調に進んでいるのは良かったと思います。

ただ、楽しんで頂く企画があまりできなかったのでそこは大いに反省です。
PB商品が少ない当店では、価格以外の価値をもっと増やしていかなくてはいけません。

…でもお客様が楽しんでもらえる企画ってなんだろう?(-_-;)

永遠のテーマに向かって2020年もがんばります!!\(^o^)/

最終更新:2019/12/31 16:47

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/05/02 17:08

令和がお祝いムードでスタートしてなんだか嬉しいですね^^

大晦日から元旦みたいな雰囲気が少しあって、僕も毎日晩酌で飲んでいるビールを
350ml缶×2本から500ml缶×3本にこの日だけは変更しました。
なにかに理由をつけて酒を飲む『日本全国酒飲み音頭』を地でいく人間、ヨシミでございます。

令和元年。
新しい時代に僕たちは北海道のお土産を通してどんな事ができるのか?
新しい商品・新しい企画。
少しづつトライアンドエラーを繰り返しながら新しいこともやっていきたいと思っています。

今はお買い物マラソン前夜祭とか楽天のイベント終了頃にやるタイムセールなど
新しくやってみることを増やしていっていますが、
できれば目新しい事もやってみたいですね。

0⇒1を生み出すことは正直得意ではないのですが
たまにはゲーム以外にも頭を使って考えていかないと。

あぁ、ゲームが仕事になっていたらどんなにいいだろうと考える私は
今の仕事失格なんですかね(笑)
情けない限りですが、令和も頑張っていこうと思います^^;

最終更新:2019/05/02 17:08

2019/04/29 17:42

2019年4月30日で平成も終わりですね。

平成31年で幕を閉じる訳ですから、
計算すると30年と112日間続いた平成が終わって令和にバトンタッチしていくと思うと
長いような・短いような不思議な感覚です。

昭和から平成に改元された時は昭和天皇の崩御という悲しみからの改元だったわけですが、
今回は退位⇒即位の流れを踏むわけで、
今までありがとうございましたという感謝の念とこれからの期待の念の様な
明るい雰囲気での改元なので、とてもいいですよね。

大雨に襲われたり大きな地震があったり大変な時代でもありましたが
次の令和は大きい災害などが無いように祈りたいです。

個人的に平成はどんな年だったか振り返ってみますと
やはり結婚した(できた)ことが一番先に思い出されますので良かった時代だと思います。

北海道お土産探検隊にとっても
ショップ・オブ・ザ・イヤーを3年連続受賞出来た時代でもありましたし
平成はいい時代であったと胸を張って言いたいですし、
令和もそう言える時代にしていかなければと思っております。

1日早いですが、平成の時代は大変お世話になりました。
まだまだ力不足な店舗ではありますが
北海道という素晴らしい大地とそこで生まれ続けるお菓子や食品を通して
皆様のお役に立てるように精一杯頑張ってまいりますので、
令和の時代も北海道お土産探検隊(ギフト通販)をよろしくお願い致します^^

最終更新:2019/04/29 17:42

2019/02/17 18:12

正直このお仕事をするまで熨斗の意味って全然分かってなかったんですよね。
蝶結びと結び切りの違いすら分かってないボンクラ店長でございました…orz

熨斗は地域や宗派によっても変わってくるので僕たちは十分注意せねばいけません。
すっとんきょうな熨斗を掛けてしまうと、とんでもなく失礼な事になってしまいますから
今一度復習のためにお勉強しておこうと思います。

蝶結び(花結びとも言う)
蝶結び

解けやすく何度も結び直しやすいので、何度起きてもめでたい事に使われるのが蝶結びの熨斗。
当店の場合は出産祝いとか御中元・御歳暮・御礼・感謝などでよく使われます。
結婚の場合は何度起きても困りますので蝶結びはダメゼッタイ!


結び切り
結びきり

固く結ばれており簡単に解けないことから、2度と繰り返すことがない様に願いを込める時に使われるのが結び切りの熨斗。
当店では快気祝いや寿・結婚内祝いなどによく使われます。
表書きが「内祝」だけの熨斗も多いのですが、出産内祝(蝶結び)なのか結婚内祝(結び切り)なのかで熨斗の種類が違いますので
注意しなくてはいけません。もしご指定される場合はご注意ください!

もっと言えば、以前ご注文頂いた方で「感謝」の表書きで熨斗の種類が結び切りだをご指定してきたお客さんがいて、
一般的には蝶結びだよなーと思って発送前に確認したら、
「交通事故を起こした時に助けていただいた方に対しての物ですので…」と言われ

(-_-;)「失礼しましたー。」

となりました。
なるほど、そういうパターンもあるのか。本当に注意しないと・・。


仏熨斗(ぶつのし)
仏熨斗

もう一つ。
法事や弔事用として仏熨斗があります。
結び方は当然結び切りのみですね。

御供・志・御霊前・粗供養などが当店では多いですが、たまに御礼の仏熨斗バージョンもありますね。
生前や葬儀・法事でお世話になった方に贈り物をする場合がそれにあたります。
あと神道やキリスト教の方には御玉串料(おんたまぐしりょう)や偲び草(しのびぐさ)という表書きもあります。

もっと言えば主に西日本の地域では黄白の水引き熨斗を使用した満中陰志(まんちゅういんし)もありますね。
東京より東にしか住んだことのない私には、初めて聞いたとき全く意味がわかりませんでした(-_-;)


実はここまでは熨斗の基本中の基本の部分でございまして、
もっと深く深ーく意味があるんですよね、熨斗って。
私よりも遥かに詳しい方がお客さんの中にもたくさんいらっしゃいますから、
この仕事をしている以上はもっと勉強してわかりやすく説明できるようにしていきたいと思います。

最終更新:2019/02/17 18:12

2019/02/09 18:21

もうすぐバレンタインですね。

昔は女性が想いを寄せる男性にチョコレートをプレゼントするイベントでしたが、
最近ではそれよりも友達や自分自身のご褒美にチョコレートを贈るほうが主流になってきているようで。

ヨシミもネット通販の中の人をやる様になって7年目になりますが、
2月14日お届けで女性から男性宛のご注文というのは年々減ってきているなーと実感しています。

いろいろな思惑があってその流れになっていると思うのですが、
合理的だなーと思う半面、人とのつながりがどんどん希薄になってきて
やっぱりどこか寂しいなーとも思ってしまいますね。

バレンタインの思い出は?と聞かれて真っ先に思い出す残念な思い出が1つ。
もう27年も前、ヨシミが小学校6年生の時のバレンタイン。

学校にチョコレートを持ってきてはいけないルールだったのですが、
先生の目をかいくぐって好きな男子にこそっとチョコレートを渡すのが流行ってました。
ダメダメ言われるほど燃え上がるのが恋というのは今も昔も変わりませんね(笑)

ヨシミ少年は顔も悪く性格も暗かったので(やかましいわ)
チョコレートを貰えるなんて1mmも思っていなかったのですが、
なんとある女の子からチョコレートを貰いました!!

嬉しかったんです、とっても。
だけどその思いは一瞬でマイナスに傾くことになりました。

チョコレートくれた女の子は、クラスの男子から影で大関と呼ばれていたからです。

小学生は本当に残酷で、
ちょっと体がふくよかだからといって影でそう呼ばれてしまう理不尽さ。
僕もまだまだ子供でした。

「ありがとう」

そうお礼を言って誰にもばれないよう逃げるように家に帰る途中、

κ( ` ▽´)κ「ヨシミ、大関からチョコレートもらったんだって!」
κ( ` ▽´)κ「マジで!?なまらウケるんだけど!!」

クラスの男子からそうバカにされる妄想にとらわれ
このまま家に持って帰ったら親経由でバレてしまうという思いが強くなり
証拠隠滅を図ろうと近くの川がある公園へ。

公園につくと、ベンチでうなだれている男子が一人。
よく見ると隣のクラスの子で、それほど仲がいい訳ではなかったのですが
その時は何故か妙な親近感を感じて「どうしたの?」と声を掛けてしまいました。

すると彼も「おぉ、ヨシミか…。実はさ…」と話をしてくれました。
実は彼もヨシミと同じ様に横綱と影で呼ばれている女の子からチョコレートをもらったとのこと。
本当に小学生って残酷です。

「オマエは横綱かぁ…。」「ヨシミは大関かぁ…。」

そんな会話を交わしながら2人は証拠隠滅をするという考えで一致。
出来るだけ遠くの川にチョコレートをぶん投げたのでした…。


今書いていても本当に最低だなーと。
今から過去に戻れるなら小学校6年生のバレンタインに戻ってヨシミ少年をひっぱたきたい。
そしてあの子にごめんなさいを言いたいです。

あの子は今どうしているのか全然わからないのですが、幸せになっているといいなと切に思います。
そして一緒に公園にいた彼も今は全くわかりませんが今でも反省しているような気がしています。

あー、本当にごめんなさい。
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

。゚(゚´Д`゚)゚。「あの時はガキだったんです許してくださいなんでもしますから!」

最終更新:2019/02/09 18:21

ページ上部へ

カレンダー

2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年