【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2016-12-22 10:50



其の四.jpg




池やんが征く!~ウキフカセ完全かも?マニュアル~其の五

【磯での重大事故を回避するための基礎知識】

chita.jpg

 前回は「磯釣りのターゲットと装備について」というテーマで書いてみましたが、磯釣りは本来、危険を伴う遊びです。そこで、私が磯釣りを本格的に始めた25年ほど前に大先輩から教わったことなどを踏まえ「磯での重大事故を回避するための基礎知識」をご紹介したいと思います。

ikeyan01.jpg

半日程度の気軽な釣行では装備を軽くしたいというのが本音ですが、どんな状況であっても備えあれば憂いなし。かく言う私も常に万全を期しているわけではありませんが、万が一の事態への対処法は頭に置いて釣行しています。「救助する側」も「救助される側」も、まずは正しい知識を持つことが肝心です。それに加えて、ほんの少しの備えがあれば大事に至るリスクを軽減できます。



【転倒、落水時の対処】


■救命ロープの使用方法■


磯釣りの事故といって、まず思い浮かぶのは海への転落です。細心の注意を払っていても足を滑らせたり、バランスを崩したり、波にさらわれたりする可能性はゼロではありません。もしも同礁者が落水してしまったら、即座に救命ロープを投入しなければなりませんが、ロープがない場合や、ロープの準備に時間を要する場合は、中身を空にしたクーラーボックスやシールドバッグを投げ込んであげると、浮き輪の代用になることを覚えておきましょう。

救助に使用するためのロープは、最低でも6mm以上の太さと、30m以上の長さが必要となります。潮の流れが速い釣り場での救助は一刻を争うので、ロープはバッグの奥に仕舞い込んでおくのではなく、釣り座付近に出しておくことをお勧めします。



落水者の救助に必要なロープ。ぜひ皆さんも磯バッグに常備しましょう


ロープ単体では落水者めがけて投入できないため、必ず投入するためのウエイト(補助具)が必要となります。「救命ロープ」と銘打って販売している専用アイテムには投入用のオモリゴムが付属していますが、私はソフトボールをくり抜いてオモリゴムのようなものを自作しました。ウエイトなしのロープは水汲みバケツやクーラー、磯バッグなど、手近なものを結びつけて投げ込むと良いでしょう。



潮が速い釣り場では落水者もどんどん流されていきます。素早く救出活動に取りかかりましょう!



ロープの投入は、無理に遠投しようとしてコントロールを外すより、多少手前であっても落下地点に投入する方が最終的に漂流者に辿り着きやすくなります。落水者がロープを掴んでくれたらひと安心と言いたいところですが、無事に引き寄せてくるまでは気が抜けません。落水者はロープを体に固定しなければなりませんが、適当な結び方で体を縛るのは絶対にNG。腹部が締め付けられると体がダメージを受け、最悪の場合は窒息死もあり得ます。このケースで使用する結束法は、どんなに引っ張っても体を締め付けない「もやい結び」が正解。落水者となった場合のことを考えると、たとえ気が動転していても、真っ暗であっても、確実に結べるよう習熟しておきたいものです。





 ■夜間の事故■



最も怖いのが夜間の転落事故です。特に闇夜だと磯にいる仲間が漂流者を見つけ難く、渡船が救助に向かっても漂流者を探し出せないことが考えられます。そのようなリスクを軽減するためには、多少高価であってもヘッドライトは防水仕様のものを選んでおくべきです。またケミホタル75のような発光体を救命具の胸ポケットに常備し、いざという時に取り出せるようにしておくと良いでしょう。














■携帯電話の重要性■


携帯電話は誰もが持っているアイテムですが、皆さんは渡船の連絡先を把握していますか?一般的に渡船の予約や交渉は、その渡船に顔が効くリーダーが行うため、同礁者が連絡先を把握していないケースも多いと思いますが、リーダーが事故に遭わないとも限りません。そのため釣行メンバー全員が船長の連絡先を把握しておかなければなりません。当然のことながら118番への連絡準備も必要です。




■応急担架■


 磯の上で骨折したり、頭や腰を打ったりすると、自力で渡船に乗り込めないこともあり得ます。このようなケースでは2着のレインウエアと2本のタモの柄を利用して応急担架を作ることができますので、ぜひ一度やり方を確認しておいてください。このような担架があれば(渡船にいる人の手を借りることを前提に)負傷者の運搬が可能になります。







磯の危険性と緊急時の対処法を知ることは、立派な磯釣り師になるための第一歩。安全第一で、思いっきり磯釣りをお楽しみください。











このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム