【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2016-11-25 15:38



其の四.jpg




池やんが征く!~ウキフカセ完全かも?マニュアル~其の四

【磯釣りのターゲットと装備について】

chita.jpg

 このところ時間の経過が非常に速く、ふと気が付けば前回の更新から半年も経ってしまいました。もともとマイペースな私ですが、この事態には反省しきり。これに懲りずに末永くお付き合いいただければ幸いです。


ikeyan01.jpg

さてさて、今回は「いよいよ秋磯シーズン開幕!」というタイミングなので、気持ちも新たに「磯釣りの魅力」から語っていきたいと思います。これまで少々マニアックなお話もしてきましたが、これから磯釣りを始めようというフレッシュな方も肩の力を抜いてお読みください。





「磯釣り」は海釣りの1ジャンルで、磯といわれる岩場で行うエサ釣りのことです。歩いて行ける手軽な地磯から、渡船を利用して釣り場に渡る本格派、はたまた何時間もかけて遥か沖の孤礁へ向かい記録的な大物を狙う釣りまで、磯釣りには奥の深い魅力があり、私もドップリとハマっています。

多くの初心者の方は地磯からステップアップを目指そうとされますが、実をいうと地磯やゴロタ場は非常に手ごわい釣り場です。その理由は、歩いて行ける磯場は一般的に水深に乏しく、潮流が緩やかな場所だから。磯釣りのターゲットは起伏の激しい岩礁地帯を好むもので、なおかつ潮流や適度な水深がある方が釣りやすいのです。


fuukei.jpg   
長崎県平戸宮ノ浦の尾上島。こんなロケーションで釣りをできるというだけでワクワクしますよね。


【磯釣りの対象魚と狙い方】

さて、その「磯釣り」で狙える主な魚は、グレ(メジナ)、チヌ(クロダイ)、マダイ、イサキ、青物(ヒラマサ・ブリなど)、石鯛(イシガキダイ)、クエ(アラ)など。それぞれ熱烈なファンを持つ非常に面白いターゲットですが、まずは簡単に釣り方を見てみましょう。

グレやチヌはマキエで魚を誘き寄せ、浮かせて釣るのが醍醐味。ウキをセットした軽い仕掛けを用い、通称「フカセ釣り」と呼ばれる磯釣りの中で最もポピュラーな釣り方です。

sozai1.jpg
フカセ釣りの人気ターゲットといえば、グレ(九州ではクロ)ですね。



マダイとイサキは「カゴ釣り」の好ターゲットで、主に夜釣りで狙います。遠投カゴとカゴウキをセットした仕掛けを用いるこの釣りは豪快さが魅力。カゴの中に入れたマキエ効かせながら中層から入れ込んで行きます。

青物狙いに関しては、磯からのルアーフィッシングも盛んになりつつありますが、以前から上カゴ仕掛けを遠投するカゴ釣りが行われてきました。上カゴというのは、ウキが付いたカゴで、浅いタナを狙うのに適しています。

石鯛とクエは仕掛けもエサも全く異なるものの、どちらもウキを用いずに海底を狙う釣りなので「底物釣り」としてくくられます。ちなみにウキを使う釣りは「上物釣り」と呼ばれますが、上物と底物では有望な条件が逆になる場合がほとんど。渡船の船頭さんは、それぞれのお客さんを間違ったポイントに上げないよう、しっかりと確認されていますよ。

sozai2.jpg
底物師が闘志を燃やすターゲットは、荒磯の王者と称される石鯛です。


【各ターゲットのベストシーズン】

下の表を見て頂ければ分かるように、磯から狙えるターゲットにはそれぞれ好期があります。言い換えると、磯には1年中楽しみがあるということ。フカセ釣りしかしないという方でも、クロ&チヌ狙いで半年は熱くなれるでしょう

魚種釣期表.JPG
※この表はあくまでも目安であり、地域によって、またその年々の状況によって異なります。

磯釣りの魅力を語り出すと止まりませんが、クロやチヌの狙い方を中心に、この先ディープに探究していきたいと考えています。ぜひ皆さんもこのブログで「磯釣りって面白そう」と思っていただければ嬉しい限りです。


【磯釣りに必要な装備】


さて、磯釣り入門に先立って揃えておかなければならないのが、より安全に釣りをするための装備です。たとえ波が穏やかな地磯であっても、足が滑ったり落水したりする可能性はゼロではなく、気を引き締めたいものです。

とはいえ、最近の磯釣りウエアはファッショナブルで機能性もバッチリ。素晴らしい釣りを楽しむためにも、しっかりしたアイテムで自分の身を守りましょう。彦星フィッシングさんのサイトを覗いてみると、きっとお気に入りが見つかるはずですよ。

sozai3.jpg
ファッションも釣りの楽しみの一部です。もちろん安全第一!




・帽子
夏場の熱中症防止のみならず、転倒時などに頭を保護してくれる役目もあります。

・ヘッドランプ
夜明け以降に出船する場合は不要ですが、夜釣りや暗い時間帯に渡礁する場合は必需品。予備電池も忘れないようにしましょう。

・偏光グラス
海中の様子を判断しやすい便利アイテム。強い日差しから目を守ってくれます。

・フローティングベスト
落水時はもちろん、転倒時にも体をスリ傷や打撲から守ってくれます。近年は自動膨張式のものも多く出回っていますが、磯釣りの場合は道具入れとしてのポケットが必要なのでベスト型が一般的です。

・レインウエア
波やシブキを被ることがある磯釣りでは、雨天以外の場合でも着用するのが一般的となっています。防水性はもちろんですが、透湿性に優れたものを選択すれば快適に過ごせるでしょう。

・防寒着(冬場)
暖冬と呼ばれる昨今では真冬でも昼釣りならレインウエアでも対処できますが、夜釣りや離島遠征する場合などには必要なアイテムです。構造上、着膨れして体の動きを妨げることがあるので、自分の体に合ったものを選びましょう。

・グローブ
寒さの防止以外に、魚を触る際にはエラやヒレから手を守ってくれます。3本カットと5本カットがあり好みで別れますが、本来の目的を考えると少しでも手を防護できる3本カットをオススメします。

・ヒップガード
レインウエアや防寒着のお尻部分が岩肌などに擦れて破れる事を防ぐ目的で着用します。また、転倒時に腰やお尻を守ってくれる役目もあります。

・磯靴
長靴タイプと短靴タイプに別れますが、現在はファッション性や動きやすさから短靴が主流になりつつあります。底部はスパイク、フェルトトスパイクの2タイプがあり、釣り場の岩質、海苔や苔の状態によって使い分けます。フェルトスパイクの方が疲れ難いのですが、釣行後にメンテナンスをしっかり行っていないと大変な悪臭を放ちます。


実際に釣をするには、釣り竿、ケース類、仕掛け作りに関する小物などなど、揃えたいものがたくさん出てきます。その辺は、ターゲットごとに異なる部分で、ワクワクする部分でもありますので、また改めて記述させて頂くことに致します。


ではまた、近いうちに!







このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム