【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2015/12/24 10:23


最近、釣りにばかり行っており更新が途絶えていました。笑


今回紹介するのは、今やアジングロッドの中で最も人気が高く、勢いがあるといっても過言ではないロッドメーカー、YAMAGA BlanksのBlue Currentシリーズを紹介していきます!


数あるラインナップのなかでも今回紹介するのは、このシリーズの中核をなすBlue CurrentII 68、74のモデルです!


6,8ftのモデルはジグヘッド単体での細かな操作が必要とされる釣りにより特化しており、
内湾で自分の立ち位置と海面までの距離が比較的低いエリアに多く通われるアングラーにおすすめです。


また、7,4ftのモデルはジグヘッド単体の釣りから軽量プラグやメタルジグをも扱える汎用性に富んだモデルとなっています。外洋に面したエリアや足場の高いエリアをメインに通われる方には7,4ftのモデルをおすすめします。

これからアジングを始めたいと思っている方、本格的なロッドを使ってみたいと思われている方、是非このロッドを手にしてみてください。

アジングをより楽しむことができること間違いなしです!


今、現在自分が使用しているのは現行モデルの1つ前のものですが、現行モデルと同様に2万円前後の価格帯ながら、各メーカーのフラッグシップモデルに劣らない感度とリグの操作感を得ることができます。


ちなみに、自分もかれこれ2年以上使用しており、数百匹のアジをこの竿で仕留めてきましたが、これ以上高価なロッドは必要ないと思わせるほどのロッドです。


ブルーカレント.jpg



35cmクラスのアジが入れ食いのような状況でも、スムーズに魚を寄せることができます!

ブルーカレント画像2.jpg



40cm弱の大アジの走りにも負けることなく、魚の走りにロッドが追従してくれるため、いなしてランディングに持ち込むことができます。

ブルーカレント画像3.jpg




アジだけでなく、このようなヒラスズキといった不意の大物が掛かった際にも慌てることなく対応できるのはこのロッドのおかげです!!



今、最盛期を迎えているアジングをこのBlue Currentシリーズのロッドで始めてみませんか?笑

(ちなみに、写真に写っているロッドは現行のものとは異なり、ひとつ前のモデルになります。)




ヤマガブランクス ブルーカレントIIシリーズ
ブルーカレント2.jpg



最終更新:2015/12/24 10:23

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年