【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2017/03/09 11:38

ニコラシカ/Nikolaschka

◆ニコラシカ/Nikolaschka◆
ニコラシカは、ドイツのハンブルクで誕生したと言われている。
ニコラシカというのは、ロシアの男性の代表的な名前の1つである、ニコライの愛称。

ドイツ産まれなのにもかかわらず、なぜニコラシカといったロシア風の名称が与えられたのかについては諸説あり、
名称の由来はハッキリとしない。

◆材料の分量◆
ブランデー 30mlぐらい
レモンスライス 1枚
砂糖 少々

◆作り方◆
(1)まず、リキュール・グラス(容量30ml程度)に、ブランデーを8〜9分目ほど注ぐ。
(なお、他のグラスが使用されることもある。)

(2)レモンを輪切りにする。この時、レモンは、砂糖を乗せるために、その重みに耐えられるよう、
やや厚めにスライスする。

(3)グラスに蓋をするようにレモンの輪切りを置き、その上に砂糖を乗せる。砂糖は、山型に適量乗せれば良いが、
上白糖のように固まりやすい砂糖を使用するのであれば、山型に整形するのが一般的。

◆飲み方◆
(1)まず、輪切りにされたレモンの上に乗せられた砂糖の量が多過ぎるようであれば、
ペーパーナプキンやお皿などに捨てて、砂糖の量を調整する。

(2)次に、砂糖が乗っているレモンの輪切りを手で二つ折りにして、果肉の部分を口に入れて噛み、
搾り出されるレモンの果汁と砂糖を口内で混合する。この時、好みによって、レモンの果肉を噛み切って、
果肉も混合してしまって構わない。なお、レモンの果皮など、余ったレモンはペーパーナプキンや、お皿などに捨てる。

(3)そして、甘酸っぱい味が口内に広がったら、グラスの中のブランデーを一気に口に入れる。
ここでニコラシカは、ようやく完成する。

(4)後は、そのまま飲めば良い。

◆ニコラスカ、ニコラスカー、ニコラスキなどロシア風のさまざまな名前が混在し、
わが国ではニコラシカの名で親しまれているこのカクテル。

グラスにレモンでふたをし、それを取らせまいとおもしのように乗る砂糖の魂ーーー。

初めて見ると、「どのようにして飲むのだろう」と考えてしまうに違いありません。
このカクテルを説明する上で、その飲み方は避けて通れない難問です。

これは、まず砂糖を挟むようにレモンのスライスを二つ折にして口の中で噛んで。
酸甘味を出したあと、グラスのブランデーを一気に飲み干します。

結局、バランスのとれた味のカクテルが出来上がるのは、レモン果汁、砂糖、ブランデーなど
すべての材料が重なり合う口の中、というわけです。

◆ポイント◆
砂糖は固まりやすい上白糖を使いましょう。
お好みでブランデーと合うインスタントコーヒーを砂糖に混ぜてもおいしくいただけます。

生きてくだけで精一杯でございますが、
これからも皆様さまのお役に立てるような情報をブログの更新に力を入れて参りますので是非ともご期待ください♪

※ウィキペディア&新星出版社(カクテル こだわりの178種)稲 保幸 著から引用

怒ってる上向き矢印満車炎目

最終更新:2017/04/24 10:08

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月