【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2010/08/06 11:58

◎夏バテ、冷え防止にスパイスが効く!!

◆スパイス市場は年々拡大傾向にあり、
その輸入金額は平成17年の191億円から
20年には229億円に増えています。

スパイスは食材をおいしくするだけではなく、
体調を整える効果があることでも注目されています。

【日本では古くから薬味として定着】
スパイスは植物性の食品で、
主に「香りづけ」「辛みづけ」「色づけ」「臭み消し」
などに使われます。

ワサビやネギなどもスパイスの1つで、
日本では薬味として古くから親しまれてきました。
最近ではたくさんの種類が店頭に並ぶようになり、
スパイスを多用した“食べるラー油”なども人気です。

スパイス

【調味料だけじゃない、スパイスの効果】  
古代よりスパイスの薬理作用は知られており、
シナモンは解熱、ショウガは咳止めなど、
近代医学が発達するまで薬として盛んに使われていました。
このようなスパイスの薬効は、
現在も薬や栄養剤として広く活用されています。

【温め効果で冷えをコントロール】
夏はつい冷たい食べ物に手が伸びてしまいますが、
冷たくあっさりした食事は身体を冷やしがちです。
スパイスには身体を温め、冷えを防止すること効果があるため、
一緒に摂ることで身体が冷えすぎないように
コントロールすることができるといいます。

◆スパイスは体を「温める」
「夏バテで食欲がわかない」
「冷房の効きすぎで体調がすぐれない」――。
そんな人に、スパイスに詳しい、日本薬科大学の丁宗鐵教授は
「夏はスパイスで体調を整えるといい」とアドバイスする。

じつは、冷え対策は冬と思われがちだが、
それは昔の話。最近では外気と室内の寒暖差が
大きい夏のほうが体調を崩しやすい。
そのため、「夏の体調管理こそ大切」というわけだ。

夏バテ防止にはしっかりとした食事を心がけたいが、
食欲が減退して、サラダなどで簡単に済ましてしまうことは
少なくない。

とくに女性はダイエットとの一石二鳥にもなるので余計にそうなりがち。
しかし、一方でサラダは体を冷やしてしまうマイナス面があるので、
スパイスがもつ体の冷えをやわらげる効果で、
バランスをとることを勧めている。

◆お寿司用のわさびやガリは、じつはスパイスとして体を温める、
冷え症防止の効用があった、というわけだ。
それと同じように、サラダにも複数のスパイスをひと振りするだけで、
体の「温め」効果が見込める。

◆冷えを緩和する理にかなった食べ合わせ
お寿司・そうめん&ワサビ・ショウガ
冷やし中華&カラシ
サラダ&ドレッシング(コショウ・パプリカ・ガーリック・チリなど)

◆暑き払いにはカレーがピッタリ!
夏バテで食欲がないときでも、カレーの香りを嗅いだら食欲が
涌いてきたということはありませんか?

これがスパイスの香りによる食欲増進効果です。
他にもカレーには夏バテに効果的なスパイスがバランス良く
調合されています。市販のカレールーでも15~30種類の
スパイスが使われており、十分効果が期待できます。

カレー

◆「カレーに使われる主要なスパイスの効用」

●ターメリック(ウコン)
肝臓機能の強化、健胃、鎮痛、抗酸化作用、
抗菌効果など。カレーの黄色い色のもとになるもの。

●チリ(唐辛子)
発汗作用、消化促進、食欲増進、抗酸化作用など。
カレーの辛さを決める。

●クミン
消化促進、食欲増進、下痢、腹痛、胃痛などに効果。
カレー独特の強い香りをつくる。

●カルダモン
健胃、整腸、口臭予防、脂肪除去など。
香りと風味づけ。

※刺激の強いスパイスは撮りすぎると胃腸を痛めることがあります。
撮りすぎには十分注意しましょう。

炎音符OK

最終更新:2010/08/12 09:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2010年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月