【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2012/07/17 09:55

ICO 月次コーヒーマーケットレポート(2012年7月度)
2012/13 収穫年度はブラジル、インドネシア、ペルー、パプア・ニューギニアなどいくつかの輸出国で開始されている。この年度の生産見通しはよさそうである。ブラジルではアラビカの2 年生産サイクルの影響で大幅な増産が見込まれている。更に、近年のコーヒー価格の高騰で必要な肥料を十分与えるなどコーヒー農園の手入れが行き届いていることも影響しているようだ。しかし、労務費や肥料価格の上昇が今後の増産の抑制要因になるかも知れない。また、気候条件も生産の良し悪しを決める上での大きな要因の一つである。

世界の消費量は、1990 歴年の89.8 百万袋から2011 暦年の約138 百万袋に53.5%増加した。消費量が大きく伸びたのは新興国(118.1%)及び輸出国(118.4%)に於いてである。新興国の消費量は、1990 年に11.3 百万袋であったものが2011 年には24.7 百万袋になった。輸出国の国内消費量は、1990 年の19.4 百万袋が2011 年には42.4 百万袋に増えた。しかしながら、既に成熟している伝統的輸入国の消費量は、1990 年の59.1 百万袋から2011 年に70.8 百万袋へ僅か19.8%の伸び率に留まっている。

2000 年から2011 年の期間の世界消費市場の伸長率は2.5%であり、1990 年から1999年の伸長率は1.8%だったので、消費の伸びは特に最近の12 年間で大きかったということが言える。この期間、輸出国と新興市場は夫々4.4%、4.3%の伸び率を示しているが、伝統市場では1%伸びたに過ぎない。伝統市場で年平均伸び率が最も高かったのはカナダ(3.8%)で、英国(2%)、米国(1.5%)が続いている。その他の伝統市場での伸長率は相対的に低い。

世界の消費の伸びが最近12 年間と同じ率で伸びるとすれば2020 年には世界の消費量は170 百万袋を超えることになるであろう。

-------------------------------------------------------------

コロンビアパートナーバイヤーからの報告
『コロンビア 生産量回復には4年』
ある生産地域のコーヒー農家代表によると、コロンビアの生産量の回復には4年ほどかかる見通しだ。
FNCのLuis Fernando Botero氏は2009年以来アンティオキアの中央部が悩まされた平均以上の降雨と病害から、収穫は徐々に回復するだろうとみている。乾燥した気候が戻ってくれば、全国の生産量は800万袋(60kg)に増加する見込み。
2011年は781万袋と35年来の低い水準であった。収穫高は、生産に影響を及ぼした歴史的な降雨以前の2008年の1150万袋にはまだ及ばない。

-------------------------------------------------------------

USDA(米国農務省)コーヒーレポート(2012年6月発表)









夏のコーヒーバーゲンセール 最大ポイント10倍プレゼント!!

コーヒー豆通販ならスペシャルティ珈琲豆専門の加藤珈琲店


最終更新:2012/07/17 10:00

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

カテゴリ

カレンダー

2012年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年