【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/09/18 10:00

=====================
きくや着物チョイ話@呉服のきくや楽天店

きくや着物チョイ話は着物好き方々のために少しでも参考になることを紹介させて頂くメルマガです。着物教則本などに載っているものではなく呉服店発の生の情報を配信しております。

きくや店長の着物よもやま日記→こちら!
ツイッターでも毎日着物豆知識をつぶやいています。
TwitterID:@gofukunokikuya

きくや着物チョイ話はメール全文そのままご使用時に限り、転載・無断使用可能です。

=====================
いつも呉服のきくや各サイトをご利用いただきましてありがとうございます。先日申し上げました通り、現在本店サイトは現在レスポンシブデザインに変更中で見づらくて申し訳ございませんが、もうしばらくの間お待ちくださいませ。


明日20時から楽天市場にてお買い物マラソンが開催されます。お買い物マラソン開始と同時にお使いいただけるクーポンを配布いたしますが、本日からお買い物マラソン開始までにつかえるメルマガ読者限定10%OFFクーポンをこっそり配布いたしております。

マラソン時にお使いいただけるクーポンは約5%OFFですので割引率は事前のクーポンの方が高くなっておりますのでぜひご利用くださいませ。18日0時から19日19時59分までお使いいただけます。

5000円以上お買い上げ時にお使いいただける10%OFFクーポンは→こちらをクリック

【お願い】
楽天のメルマガは6ヶ月間1度もリンク先をクリックしていない状態が続くと配信されなくなりますので、続けての配信をご希望の方は数ヶ月に1度程度、どこでも構いませんのでメルマガ内のリンクをクリックしてくださいますようお願いいたします。また、楽天以外の媒体ではFacebook、まぐまぐメールマガジンなどでも配信しております。
=====================


■リサイクル続々入荷中です!是非ご覧下さい。


=====================
■八掛は何をつける?生地や色を解説いたします

本日は「八掛は何をつける?生地や色を解説いたします」と題しまして、八掛の選び方を色々とお話ししたいと思います。

・八掛の名前の由来

まず、基本的なところですが八掛とはなんでしょうか。着物ベテランの方ならもちろんご存知だと思いますが、着物の裾についている生地のことを指します。もう少し詳しく言いますと、袷の着物の裏地は上半身部分の胴裏と下半身部分の八掛に分かれておりまして、胴裏は真っ白【注1】、八掛は表地に合わせてお好みの色を選ぶのが一般的です。

【注1】・昔は紅絹という真っ赤なものやピンク色のものをつけたり、汕頭刺繍のような透ける加工の着物は稀にカラー胴裏をつけることもありますが、一般的には真っ白をつけます。

八掛の名前の由来は、もうほとんどの方がピンときていると思いますが、それぞれ左右の衿先布、衽、前身頃、後身頃の裏地で合計8枚ですので八掛という名前になったようですが、現代はそれにプラスして袖口布も八掛の生地を使うので今は十掛と言った方がいいのかもしれませんが名前は八掛のままです。


・八掛の色の選び方

訪問着は仮絵羽状態で販売されており、色無地も丸巻きの反物で販売されていますが、どちらも八掛もついていることが多いので実質お客様のお好みのものを選ぶということはほとんどありません。一般に表地と違う色にするとややカジュアル寄り、共色(表地と同じ色)の方が格が高いとされておりますのでほとんどの訪問着は共色がつけられていますが、私個人の考えではまるで思考停止のように共色ばかりつけられている現状は少し変えたほうがいいのでは、と思っております。

平安時代の貴族が色の組み合わせを楽しんだ「襲の色目(かさねのいろめ)」の名残が八掛であり、世界でも稀に見る、わずかであっても裏地を表に見せて色の組み合わせの妙を楽しむ着物の美意識をもう少し深く掘り下げていただければ面白いと思うんですがいかがでしょうか。正直共色って誰でも受け入れるとは思いますが、逆に無難すぎて面白くないと思うんですよね。

一方、紬や小紋などは表地に合わせてお好きな色を選ぶことができます。呉服業界の市場が縮小するのに比例して色のバリエーションもかなり少なくなってしまいましたが、訪問着のように初めからついていて選択の余地がないのとは違い、ある程度ご自身の好きな色を選ぶことができます。

余談ではありますが、昔は色々な卸問屋が独自の八掛の見本帳を作って取引先の呉服店に配っていました。それだけ色のバリエーションも多かったのでA問屋の見本帳に気に入った色がなければB問屋の見本帳から、それでもなければC問屋の見本帳、などとごく微妙な色もなんとかして探したものですが、縮小に伴って見本帳を作る体力がなくなり、数少ない見本帳も色の種類が少なくなり、正直なところ「この色だと少し濃すぎるけど、その次のこの色だと薄いんだよなぁ」ということも多くなりました。

色の選び方ですが、もちろんお好みでどんな色を選んでもいいのですが、初心者の方は自信がなければとりあえず上に書いたように表地と同じ色が一番無難で絶対間違いのない色です。しかし無難だからこそ表地と八掛の色の違いを楽しむといったことはできません。

もう一つ、地色ではなく着物の中に入っている色を八掛の色にすると表地の色とケンカせず、ある程度綺麗に収まってくれるはずです。表地の中に入っている色は職人さんが表地とケンカしない色を選んでいるはずなのでその色を八掛にすれば突拍子もない色であるはずがありません。

もっと違う色がいい!という方はもう上級者ですので好きな色をつけてください笑

もう一つの注意事項としては八掛にはぼかしと無地の2種類ありまして、ぼかしは裾まわりだけ染められているもの、無地はその名の通り全て同じ色で染められたもので、両者の違いは色合いだけなのですが、表地が白など薄い色の場合は八掛と胴裏の間の色の違いが透けて表地から境目がくっきりと見えてしまう場合がございますのでぼかしをつけるのがお勧めです。


・柄八掛もお忘れなく

八掛の種類は大きく分けてぼかしと色物の2種類ですが、小紋のように柄の入っているものもございます。これは好き嫌いが分かれると思いますが、八掛に柄が入っているとちょっと変わったおしゃれな印象となります。残念ながら最近は柄八掛もほとんど作られなくなってしまっていますので手に入りにくくなっておりますが、そういう時には長襦袢を使ってみるのもいいかも知れません。

一説によると練りの方法が違うのでトラブルになるよ、という職人さんの意見も耳にしたことがありますが、今まで何度かやってみた経験では特にトラブったことはございません。袖無双用の長襦袢反物ですと約13.5m程度ありますので4m程度の八掛は1反の長襦袢反物から3枚取ることができますから、着物ファンのご友人たちとシェアするのもいいかもしれません。



・八掛の生地はどちらを選ぶ?

八掛の生地はパレス生地と紬生地の2種類がございます。パレスは柔らかい胴裏に似たような生地で、紬の生地はもう少しハリのある白山紬のような生地…というと余計わかりにくいですね。

パレスの生地は主に染物の小紋や付下などに、紬の生地はハリがあるので紬の着物につけると沿いがいいと言われておりますので基本はそうするのですが、紬の八掛はパレスの生地に比べて少し弱く、裾が擦り切れやすいのでかなり頻繁に着物をお召しになる方は紬の着物であってもあえて紬の八掛は使わずパレスの生地を使う方もおられます。今まで何度もそのようにしておりますが、今のところ特にトラブルになったことはありませんので八掛が弱いと感じておられる方は試してみてはいかがでしょうか。

八掛は意外と気にしておられない方が多いのですが、先ほど書きましたように平安時代の貴族が色の組み合わせを楽しんだ名残と言われておりますので、八掛もまたコーディネートの一つと考えて別誂えをする時には少し気に留めて自分だけの色の組み合わせを探してみてくださいね。



=====================
楽天のメルマガ配信有料化に伴い楽天版は月1回の配信とさせて頂いておりましたが、購入履歴のある方に限り配信無料が可能なったため、現在は楽天版も週1回配信とさせて頂いております。

しかしながらいつ月1回配信になるか不明ですので続けてお読み頂ける方は、まぐまぐやFacebook、ブログなどでお読み下さいますようお願い致します。

店長ブログはこちら!
=====================

メルマガを購読

最終更新:2019/09/18 10:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/09/10 14:00

=====================
きくや着物チョイ話@呉服のきくや楽天店

きくや着物チョイ話は着物好き方々のために少しでも参考になることを紹介させて頂くメルマガです。着物教則本などに載っているものではなく呉服店発の生の情報を配信しております。

きくや店長の着物よもやま日記→こちら!
ツイッターでも毎日着物豆知識をつぶやいています。
TwitterID:@gofukunokikuya

きくや着物チョイ話はメール全文そのままご使用時に限り、転載・無断使用可能です。

=====================
いつも呉服のきくや各サイトをご利用いただきありがとうございます。呉服のきくや本店サイトをご覧いただいた方は少々驚かれたと思いますがただいま工事中となっております。

PC用とスマホ用とで自動的に表示が切り替わる「レスポンシブデザイン」という表示にするべく頑張ってるんですが、なにぶん初めての試みのためドツボにはまっておりまして汗。

ドツボにハマってる真っ最中ではありますが、トップページがグダグダなだけで一応商品購入は通常通りできますので上のメニューからご入店いただければありがたいです。

さて、本日は楽天スーパーセール最終日です。本日の25時59分で終了いたしますのでお忘れのないようにご注文ください。とはいえここだけの話、楽天のスーパーセール価格(10%OFFから70%OFF)以外のものは自社サイトの方が安くなってます。

『150時間限定! ポイント最大44倍!楽天スーパーSALE』◆

【開催期間】2019年9月4日(水) 20:00〜2019年9月11日(水) 01:59
【キャンペーン対象者】全楽天会員
【対象サービス】通常購入(PC・スマホ)
【ポイント付与】2019年10月15日(火)頃までに、2019年11月30日(土)まで使える期間限定ポイントで付与します。





【お願い】
楽天のメルマガは6ヶ月間1度もリンク先をクリックしていない状態が続くと配信されなくなりますので、続けての配信をご希望の方は数ヶ月に1度程度、どこでも構いませんのでメルマガ内のリンクをクリックしてくださいますようお願いいたします。また、楽天以外の媒体ではFacebook、まぐまぐメールマガジンなどでも配信しております。
=====================

■リサイクル続々入荷中です!是非ご覧下さい。

=====================
■とても便利な羽織について長さから寸法、羽織紐の色までいろいろ解説

本日は羽織についてお話しさせていただきます。

羽織はその名の通り、着物の上に羽織るものでして、すごく便利なアイテムなんですが最近とんと人気がありません。昔は着物用の3丈(約11.4m)ある反物(着尺)とはまた別に「羽尺(はじゃく)」という、着物の反物に比べてやや短い羽織、コート用の反物がたくさんあったのですが、最近は着物の市場が小さくなってきたことに加えて羽織やコートの需要が少なくなってきたためか、あまり見かけなくなってきました。

でも普通に考えると着物用として販売されている反物は長さが十分あるんですから羽尺にこだわらなくても着物用の着尺で羽織やコートを作っても全く問題ないんです。というわけで最近は生産反数が少ない羽尺よりも着尺から作るほうが多くなっています。そのほうが色や柄が豊富ですし、生産者側も着尺と羽尺とが統合される方が在庫リスクが少なくなりお互いにいいような気がします。着尺から羽織を作ると、羽織丈にもよりますが1-2m程度生地が余りますので共生地のショールを作ってもらうことも可能です。おそらくほとんどの呉服店はショールの加工業者と取引があると思います。

この羽織、着付けの拙さを隠してくれるので、まだ着付けに慣れていない初心者にとってはとても便利なシロモノなんです。道行コートや道中着ですとあくまでも防寒コートですので屋内に入ると脱ぐ必要がありますので着付けの拙さが見えてしまいますが、羽織は防寒着ではないので屋内でも着たままでいることが出来るので昔は口の悪い方は「ボロ隠し」と言ったという話も聞いています。

羽織の丈は時代とともに変化していて、最近は膝のあたりまでの長羽織が主流ですが、昔はおしりが隠れる程度の茶羽織が主流でしたので、リサイクル品などで見かけるものは羽織丈が80cm前後のものが多いと思います。羽織丈が95cm以上になるとかなり新しい部類の長羽織になりますのでかなり高くなりますが現代風でいいんですが、私個人的な感想から言わせていただくと最近の長羽織は長すぎるように思うのでそろそろまたゆっくりと時間をかけて短くなっていくのでは、と思っています。

また、袖丈は一般的に着物の袖丈よりも少し短くして1尺3寸(約49cm)の袖丈の着物ですとだいたい5分ほど控えて1尺2寸5分(約47cm)といったところでしょうか。「着物が49cmだと2cmも羽織の袖の中で着物が余るじゃん!」と思われると思いますが、帯で少し袖が上に上がるためか、ピッタリと収まるんですよ。

もう一つ便利なアイテムと言われる理由があります。

羽織には一つ紋付きや絵羽モノ(広げると一枚の絵になっているもの・訪問着の羽織版)がありますが、これからのフォーマルな羽織を小紋の上に羽織るとフォーマルな装いとなります。フォーマルな着物は着る機会が少ないので持っておられない着物ファンも多いのですが、そういう方も絵羽物の羽織を一枚持っておけばある程度フォーマルな場に行くことが出来ます。

この羽織の使い方で注意すべきところは訪問着や留袖などの絵羽物の上には着ないこと。ちょっと聞いた話によると最近は訪問着の上に着るという方もおられるようですが、昔からの着物の着方のルールからすると間違っているので、街を歩いていて着物警察に取り締まられたくない方は避けたほうがいいと思います。ただし服飾文化というのは時代とともに変化していくものだと思っておりますのでこれから先、昔ながらのルールが勝つのか、それとも訪問着の上に羽織を着てもいいじゃない派が勝つのかは時代が判断していくと思いますが。

時代とともに変化していくものといえば、黒の一つ紋付羽織の羽織紐は慶事でも仏事でも白なんですが、最近は黒の羽織紐が付けられるようになっています。何年か前、有名歌舞伎役者がお亡くなりになりましたが、お葬式に列席した方の画像を見てみると黒の羽織紐も市民権を得てきたようで白黒入り交じっているような状況のようです。こちらで少し調べてみましたところ、元々は白だったのですが、ある羽織紐メーカーが新しい商品の提案として黒の羽織紐を売りだしたところ、時代にマッチしたためか次第に市民権を得て今は過渡期のようです。

最後に羽織の寸法ですが、いつも書いていることですが着物の上に着た時に袖口から着物が出てこないように着物よりも1cm程度長くして誂えます。例えば裄が68cm(約1尺8寸)でしたら羽織の裄は69cm程度が適切な裄となりますが、別誂えで仕立てる場合もかならず着物の裄を伝えてください。ここで下手に手持ちの羽織を測って店に伝えるとその寸法+1cm程度で上がってくる可能性もありますので羽織の裄を測った場合には必ず「羽織の裄です」と明確に伝えることをお勧め致します。

またリサイクル着物を購入するときも着物の裄65cmの方が選ぶべき羽織の裄は65cmではなく66cmですので間違わないようにして下さい。65cmでも袖口から着物がずっと出ているというわけではありませんが、着物の裄よりも羽織は少し長いのがセオリーです。ただ、一部着物と羽織と同じ寸法のものを着ると勘違いしておられる方も多く、一部の店では羽織の寸法が66cmと書かれていてもそれは羽織の実寸ではなく「66cmの着物に合わせて着る羽織ですよ」という意味で書かれている場合もあるらしいので、不安な方は店に尋ねてから購入することをお勧めいたします。

とっても便利な羽織、リサイクルの市場でもかなり安く取引されておりますのでぜひ一枚持って重ね着のおしゃれを楽しんでくださいね。

=====================
楽天のメルマガ配信有料化に伴い楽天版は月1回の配信とさせて頂いておりましたが、購入履歴のある方に限り配信無料が可能なったため、現在は楽天版も週1回配信とさせて頂いております。

しかしながらいつ月1回配信になるか不明ですので続けてお読み頂ける方は、まぐまぐやFacebook、ブログなどでお読み下さいますようお願い致します。

店長ブログはこちら!
=====================

メルマガを購読

最終更新:2019/09/10 14:12

2019/09/04 10:00

=====================
きくや着物チョイ話@呉服のきくや楽天店

きくや着物チョイ話は着物好き方々のために少しでも参考になることを紹介させて頂くメルマガです。着物教則本などに載っているものではなく呉服店発の生の情報を配信しております。

きくや店長の着物よもやま日記→こちら!
ツイッターでも毎日着物豆知識をつぶやいています。
TwitterID:@gofukunokikuya

きくや着物チョイ話はメール全文そのままご使用時に限り、転載・無断使用可能です。

=====================
いつも呉服のきくや各サイトをご利用いただきましてありがとうございます。

いよいよ明日20時から楽天スーパーセールが開催されます。普段は自社サイトが一番安くなるように設定しているんですが、楽天スーパーセールの時は別でして、セールに合わせて10%-70%OFFにさせていただいております(割引商品以外は自社サイトの方が安いです)。

今回は楽天内最多級の2600点を割引アイテムとして出品いたしておりますのできっとお気に入りのものが見つかるはずです。正直70%OFFは売れ残ったものではありますが、その当時写真の撮り方も下手くそだったので写真写りが悪くて実物はかなりいい、というものも多々ございます。ポイントもお得になっておりますのでぜひご覧ください。

『150時間限定! ポイント最大44倍!楽天スーパーSALE』◆

【開催期間】2019年9月4日(水) 20:00〜2019年9月11日(水) 01:59
【キャンペーン対象者】全楽天会員
【対象サービス】通常購入(PC・スマホ)
【ポイント付与】2019年10月15日(火)頃までに、2019年11月30日(土)まで使える期間限定ポイントで付与します。




【お願い】
楽天のメルマガは6ヶ月間1度もリンク先をクリックしていない状態が続くと配信されなくなりますので、続けての配信をご希望の方は数ヶ月に1度程度、どこでも構いませんのでメルマガ内のリンクをクリックしてくださいますようお願いいたします。また、楽天以外の媒体ではFacebook、まぐまぐメールマガジンなどでも配信しております。
=====================


■リサイクル続々入荷中です!是非ご覧下さい。

=====================
■別誂えの着物でもフリーサイズというものがあります

先週は、絵羽ものの着物の身幅に限って言えば別誂えでも身体に合わせて仕立てるわけではなく、身体とのバランスをとりながら柄が一番綺麗に見えるように仕立てる、というお話をさせていただきました。今週はその続きで「別誂えの着物でもフリーサイズというものがあります」というお題でお話しさせていただきます。

その前に先週の補足になるのですが少し付け足しますと、振袖は皆さんご存知のように絵羽模様のフォーマル用の着物ですが、スリムなお嬢さんがお召しになると腰から下の背中心が右寄りになっているのにお気づきでしょうか。これこそ体に合わせて仕立てているのではなく、柄に合わせて仕立てられている証拠で、着物を作るときに想定されている身幅よりも細いので着付けの時に一番いい位置に上前を持ってくると身幅が広すぎて回り込んでしまうため、背中心が右寄りになってしまうのです。

お端折りより上の部分の背中心は背中の真ん中を通っていないとおかしいですが、お端折りから下の部分はスリムな方は必ず右寄りになるのでこれは問題ないとされています。左寄りになると…これは体格がいいのを強調してしまうのでNGです。私個人的には少しふくよかな方が好きなんですけどね…って何言わせるんですか。

それはさておき、絵羽ものに関して言えば、あくまでも上前が一番綺麗に見えるように仕立てるのがセオリーなのですが、日本人も体格が良くなったせいか食べ物が良くなったせいか、そうも言ってられないお体格の方がおられます。一般的に前幅6寸台(6寸0分-6寸9分・22.5cm-26.1cm)、後幅で8寸(約30.5cm)から8寸2-3分(約31cm)まででしたら概ね通常の絵羽柄でも対応できると思います。

しかしながら普通の絵羽柄で上記の寸法から外れた方の着物を仕立てると柄が合わず、こんな感じになってしまいます。



こういった斜めの柄ですと身幅を広げると柄の高さも変わってきますので結果的に柄が合わなくなってしまい、柄合わせを優先するか、それとも柄は多少合わなくてもサイズを優先するか、というギリギリのバランスで頭を悩ませることになります。ギリギリ着られる寸法まで狭めてなるべく柄の合わない部分を少なくするように、合わない部分が目立たなくなるようにしながらああでもない、こうでもない、と和裁士さんは頭を悩ませるのです。

もしこれが呉服店で新品を購入したのであれば、こういった着物を販売すること自体がその呉服店がプロ失格なんですけどね。ちゃんと着物のことをわかっている呉服店ならそういった方ですとフリーサイズのものを選んで提案するのがセオリーです。

別誂えなのにフリーサイズ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、先ほどから何度も書いておりますように、絵羽柄の場合は別誂えといっても身体に合わせるわけではなく柄に合わせるので、柄をフリーサイズ対応のものにしなくてはならないのです。柄のフリーサイズとはどういうものかと申しますと、ズバリ斜めの柄ではなく横段の柄です。文字だけではわかりにくいと思いますのでこちらをご覧ください。



こちらがフリーサイズの柄となります。こういった横段の柄ですと前幅8寸でも9寸(!)でもなんでもこい!です。いくら横に広げても柄が途切れたり合わないことがありませんので和裁士さんも安心して身体に合わせた寸法でお仕立てにかかることができますので、前幅7寸(約26.5cm)以上の方は着物選びの時にこういった点も注意して選んでいただけると仕上がりも綺麗になると思います。呉服店の店頭で購入する場合はお客様の体格を見ながらさりげなくそういったサイズのものを提案してくれるので安心ですが、ネット通販などで買い求める場合は少し注意してください。

補足ですが、そういった着物を選ぶような体格であれば、もしかすると帯も長めのものが必要かもしれません。最近は全体的に帯は長く作られる傾向がありますのでほとんどの場合は大丈夫だと思うのですが、よほど体格のいい方ですと帯の生地を継ぐこともよく採られる方法です。もちろん六通の無地の見えない部分に似たような生地を数十cmから1m程度継ぎますので、着用したらまず見えません。

ただし、この継ぎ足し用の生地は袋帯の裏生地を別途取り寄せて使うことが多く、これが意外と高いので、できれば似たような色で少しシミのあるようなリサイクル品を安く買ってきてそこから綺麗な部分だけをとって使用するというのも賢い方法です。


=====================
楽天のメルマガ配信有料化に伴い楽天版は月1回の配信とさせて頂いておりましたが、購入履歴のある方に限り配信無料が可能なったため、現在は楽天版も週1回配信とさせて頂いております。

しかしながらいつ月1回配信になるか不明ですので続けてお読み頂ける方は、まぐまぐやFacebook、ブログなどでお読み下さいますようお願い致します。

店長ブログはこちら!
=====================

メルマガを購読

最終更新:2019/09/04 10:12

2019/08/28 10:00

=====================
きくや着物チョイ話@呉服のきくや楽天店

きくや着物チョイ話は着物好き方々のために少しでも参考になることを紹介させて頂くメルマガです。着物教則本などに載っているものではなく呉服店発の生の情報を配信しております。

きくや店長の着物よもやま日記→こちら!
ツイッターでも毎日着物豆知識をつぶやいています。
TwitterID:@gofukunokikuya

きくや着物チョイ話はメール全文そのままご使用時に限り、転載・無断使用可能です。

=====================
いつも呉服のきくや各サイトをご利用いただきましてありがとうございます。

ついにやってきました。秋。以前から書いているように浴衣をほぼ扱っていない当店は夏場は閑古鳥でして、ようやく売り上げ低迷から脱出の兆しを見せております(嬉)。来月から単衣の季節ということで、袷ほどではございませんが単衣の着物は夏物に比べて多少多く入っておりますのでぜひご来店の上ご覧くださいませ。

【お願い】
楽天のメルマガは6ヶ月間1度もリンク先をクリックしていない状態が続くと配信されなくなりますので、続けての配信をご希望の方は数ヶ月に1度程度、どこでも構いませんのでメルマガ内のリンクをクリックしてくださいますようお願いいたします。また、楽天以外の媒体ではFacebook、まぐまぐメールマガジンなどでも配信しております。

=====================
■リサイクル続々入荷中です!是非ご覧下さい。

=====================
■絵羽モノの別誂え(べつあつらえ)は身体に合った寸法に仕立てる訳ではないのです

本日はお話で「絵羽モノの別誂えは身体に合った寸法に仕立てる訳ではないのです」というお題でお話ししたいと思います。

別誂えとは、簡単に言えばオーダーメイドということです。着物は洋服と違って同じデザインのものを数多く作っているわけではございませんので洋服のように同じ色柄のものをS、M、Lなどサイズ展開することができません。いや、やろうと思えばできるとは思うんですが、洋服量販店のように同じ色柄の着物を着ている人と道でばったり、となるとその精神的ダメージは洋服の場合よりもはるかに大きいですよね。そういうわけで同柄は全く作っていないとは言いませんが、洋服よりもはるかに少ない数量しか作れずサイズ展開できないので必然的に別誂えが主流となってしまうのです。

そして本日のお題です。

まずは「絵羽もの」の説明をさせていただきますと、小紋や紬など反物の状態で販売されておりどこにどんな柄が来るのかは和裁士の腕次第というものと違い、留袖や訪問着など着物を広げると一枚の絵になっているもので、だいたいは「仮絵羽(かりえば)」という粗く着物の形に縫われた、着物の柄が見やすいような状態で販売されております。これはメーカーで作られている時点でどこにどういう柄が来るか計算した上で作られており、それを仕立てると縫い目を超えて柄が繋がって一枚の絵のようになるのです。

さて、この絵羽ものの前幅、後幅はある程度標準の体型で一番綺麗に柄が合うように作られています。標準寸法とはだいたい前幅6寸-6寸5分(22.5cm-24.5cm程度)、後幅8寸(約30.5cm)程度を想定しているはずです。もちろんある程度の調整は効きますが、斜めの柄や大きな花柄などですと身幅の広い方にはそもそも柄が合わなくなってしまうということがあります。こういう方のためにフリーサイズというものもありますが、今回のテーマとは違うのでまた来週にお話しします。

標準体型の方であっても呉服店や和裁士は「その着物にとって一番柄が綺麗に見える仕立て」をするので、例えば前幅6寸3分、後幅7寸8分が最適と思っておられるお客様であったとしても、この寸法で仕立てると微妙に柄が合わない場合は前幅と後幅の合計でほぼ同じような身幅で一番綺麗に見える寸法を模索します。

その時に一番優先するのは当然ながら一番目立つ上前衽と上前身頃の合口(あいくち)でして、この部分は和裁士さんも細心の注意を払ってきっちりと合わせます。結婚式などの集合写真で一番目に入る、一番目立つところですので当然ですよね。例えば少しふくよかな方…そうですね、前幅7寸(26.5cm)、後幅8寸(30.5cm)が一番合う方が訪問着を仕立てると前幅6寸7分、後幅8寸2分ぐらいならなんとか柄が合わなくもない、前幅少し狭いけど柄の合口優先でこのくらいなら大丈夫、ということは日常的に現場では行われているのです。

ここで注意しておきたいのは「絵羽ものはたとえ別誂えでも寸法通りに仕立てるわけではない」ということです。

例えば小紋や紬を仕立てる場合に一番寸法が合っている着物を見せて欲しいと言われることがあると思いますが、この時に訪問着や留袖などを持っていくと、身幅は体にではなくあくまでも柄に合わせて仕立てられているため若干の誤差が出てくる場合がございます。プロならそれは周知の事実ですので、おそらく寸法取りの着物として絵羽ものを持っていくとヒップ周りを測ってその絵羽ものが体にあっているものかどうかは判断してくれるはずです。

しかしながら当店のようなネットショップですとそういったチェック機能を働かせることができず、お客様の体型を拝見することもできませんので、お客様から聞いた寸法でそのまま仕立てることになってしまいます。もちろん注意事項に「寸法を測る時には絵羽ものは避けてください」と書いたり、身長やヒップ周りも記載できるようにしておりますがやはり直接体格を見て判断するよりも少し不安点はなくはないです。

着物はある程度ジャストサイズの寸法から外れてもほぼ問題なく着用できるので絵羽ものから寸法を取っても即着られないというような事はございませんが、せっかく高いお金を出して別誂えにするんですからおそらくどの呉服店もお客様の体にぴったりと合ったものを提供したいと考えておられると思いますので、反物を購入して寸法を依頼された場合には今回のメルマガの話を少し思い出していただいて測る着物を選んでいただければ幸いです。




=====================
楽天のメルマガ配信有料化に伴い楽天版は月1回の配信とさせて頂いておりましたが、購入履歴のある方に限り配信無料が可能なったため、現在は楽天版も週1回配信とさせて頂いております。

しかしながらいつ月1回配信になるか不明ですので続けてお読み頂ける方は、まぐまぐやFacebook、ブログなどでお読み下さいますようお願い致します。

店長ブログはこちら!
=====================

メルマガを購読

最終更新:2019/08/28 10:12

2019/08/21 10:00

=====================
きくや着物チョイ話@呉服のきくや楽天店

きくや着物チョイ話は着物好き方々のために少しでも参考になることを紹介させて頂くメルマガです。着物教則本などに載っているものではなく呉服店発の生の情報を配信しております。

きくや店長の着物よもやま日記→こちら!
ツイッターでも毎日着物豆知識をつぶやいています。
TwitterID:@gofukunokikuya

きくや着物チョイ話はメール全文そのままご使用時に限り、転載・無断使用可能です。

=====================
いつも呉服のきくや各サイトをご利用いただきましてありがとうございます。

ようやく少し秋が近づいてきたような気がしますがまだまだ暑さは厳しいです。当店は浴衣をほとんど扱っていないので、どうしても袷が中心となるリサイクル品を扱っていると売り上げが落ちるので早く涼しくなって着物の季節にならないかなぁ、なんて思っています。

ところで先日から写真の撮り方が少し変わったのはお分かりでしょうか。衣桁にかけたままの写真ですと柄がわかりにくいので下前部分に柄の拡大図を合成しています。これで少しわかりやすくなったらいいんですけどね。

【お願い】
楽天のメルマガは6ヶ月間1度もリンク先をクリックしていない状態が続くと配信されなくなりますので、続けての配信をご希望の方は数ヶ月に1度程度、どこでも構いませんのでメルマガ内のリンクをクリックしてくださいますようお願いいたします。また、楽天以外の媒体ではFacebook、まぐまぐメールマガジンなどでも配信しております。

=====================

■リサイクル続々入荷中です!是非ご覧下さい。

=====================
■正絹の着物の胴裏にポリエステル素材のものをつけてみる

本日のお題は「正絹の着物の胴裏にポリエステル素材のものをつけてみる」です。ほとんどの読者の方は「絹の着物の裏地には絹をつけるに決まってるやん!」とおっしゃると思いますが、意外や意外、単純にそういう問題でもないのです。

前もって書いておきますが、着物を仕立てる時の裏地は素材を合わせるのがセオリーです。絹には絹、ポリエステルにはポリエステルをつけます。当店も多数のリサイクル品を扱っておりますが絹の着物に絹の胴裏をつけているのが99%ですが、あとの1%は?はい、確かに絹の着物にポリエステルの胴裏をつけているものもたまに見かけます。

なぜこのように絹の着物にポリエステル素材の胴裏をつけるのでしょうか。

まず真っ先に思い浮かぶのはコストダウンですよね。確かにそれもあると思います。絹のお仕立て上がり品として販売されている着物の場合はメーカーがミシンでダダダダーっ!と大量に仕立てますので元々の数が多い分、1枚につき1000円-2000円のコストダウンによってそれが1000枚、2000枚になると大きくコスト削減ができるのです。

しかしながら一般消費者が絹の着物を購入した時にポリエステルの胴裏を勧められることがありますが、これはまたコストダウンとは違った論理での方が強いと思います。人工の素材であるポリエステルは天然素材の絹と違って一切変色しませんので何年たっても何十年たっても新品当時の真っ白なまま保管できるという観点からポリエステルにする方が多いのではないでしょうか。

今はホワイトガードなどに代表されるような絹を白く保つ加工もございますが、やはり天然素材の宿命としてわずかでも年数とともに黄色く変色してくるのは否めません。特に黒留袖や黒紋付など、地色が黒いものですとわずかに黄ばんだだけでもよく目立ちます。特に先ほど挙げた黒留袖や黒紋付はお嫁入り道具として誂えて、その後長くお召しになるものですので、頻繁に切られることの多い小紋や紬よりも胴裏の変色を抑えたいという方は多いと思います。

絹の値段が上がっているとはいうものの、同時に東レシルックなどに代表される高級ポリエステル生地も絹に匹敵するような価格ですのでコストダウンとしたところで思ったほどの効果は出ないこと、またお仕立ての話になるときにはすでに表地の購入は決めていることがほとんどなのでお仕立て代や裏代を節約するという方はあまりいらっしゃらないことなどから、先ほど書いたように大量に仕立てる場合を除き、胴裏の素材を安いものに変えても頭で考えるほどのコストダウンには寄与しないのです。

その一方でどうしてもポリエステルは絹に比べて着心地が落ちます。高級ポリエステルですと少し触っただけでは絹と区別がつかないことも珍しくありませんが、ポリエステルは汗を吸わないのでしばらく着ていると少し蒸れたような感じがすることがあります。私などは汗かきですので、できればポリエステルは避けたいところですね。

というわけで結局のところ、変色のリスクと着心地を天秤にかけてどちらを選ぶかということになります。

私のお勧めは、お客様がどのようなものを求めておられるかによって多少違ってきますが、基本は留袖や黒紋付(喪服)であってもやっぱり絹の着物には絹の胴裏をつけたいです。先ほど少し名前を出しましたが、今やホワイトガード加工というものがあってかなり白さを保つことができるようになっているので、変色に関してはそれほど気にすることはないかな。と思っています。

とはいえ、正直なところリサイクル品として当店に入荷してくる古い着物でもホワイトガード加工済みかそうでないかは全くわからなず、加工したものとそうでないものを見比べることができないためいったいどれほどの効果があるのはよくわかっていなかったりするんですが…(汗)。

=====================
楽天のメルマガ配信有料化に伴い楽天版は月1回の配信とさせて頂いておりましたが、購入履歴のある方に限り配信無料が可能なったため、現在は楽天版も週1回配信とさせて頂いております。

しかしながらいつ月1回配信になるか不明ですので続けてお読み頂ける方は、まぐまぐやFacebook、ブログなどでお読み下さいますようお願い致します。

店長ブログはこちら!
=====================

メルマガを購読

最終更新:2019/08/21 10:12

ページ上部へ

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム