【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/02/23 14:05

こんにちは!
作業工具専門店のゴッドハンド
ワイヤーアート研究員の角田です。

◆ワイヤーアート第5弾!

先回は、丸め加工を同じ大きさで行うためにマジックで目印をつけてやっている。

しかし、目印はすぐに消えてしまう。
ではどうすれば、お客様のストレスを軽減できるのであろうか?

というところで終わっていました。


◆その後、きちんと進みましたよ!

その場所ではその大きさにしかできないようにしよう!

例えば、φ1mmの円、φ2mm、φ3mmという風にすれば、目印も何もいらないではないか?

そして、簡単に図にしてみました。

IMG_2551-01.jpg

二つ考えて、一つに絞りました。


そして、いざ加工へ!!

加工するには、円を描いて回ってくれるなにかがなければ、できないなと思いました。


手で適当に回すのは、大きさが一定にならないため、×。


なんとか機械でできないものかと考え続けました。もちろん一人ではありません。


加工のスペシャリストです。


そのンな時に「こんな機械があるからあれでできるかなあ?」

とT氏。私もT氏ですが、その人もT氏です。ちなみに、名前は全く同じ読みです。


話がそれました。すいません。



「えっ?本当ですか?」


「ぜひ、お願いします」


そして、加工できる製品を用意して待つこと数日・・・


2月22日、昨日ですが、お通夜の行きがけに電話が鳴りました。

「はい、角田です!」


と電話に出ると

「できたよー!」


それで今日の朝7時30分にお邪魔してきました。


見てみると、ほぼ図面通りにできています。


全部で6丁出来上がり、相当時間がかかったんだろうなと思いつつも聞いてみました。

「時間はどれくらいかかりましたか?」

返事は
「ほぼ一日かかった」


1丁加工をするのに、1時間以上かかっている。

お金に計算すると・・・(企業秘密)

この作り方では、新作ラウンドノーズプライヤーは6,000円~8,000円とかの価格になるんじゃないの?


そんな高いものは誰も買ってくれません。
商売は難しいです。。。


次回はもっと工夫をしないといけないな、と思いつつもすでに加工の構想は何となくできているのでした。


また、話がそれました。すいません。。。


出来上がった製品を手に取ってみてみるとちょっときゃしゃだったなと感じました。

次回作はもっとここを0.5mm太くして、長さを全部1mm短くして。磨きはこうして、段加工・・・


と思いつつ、製品を手に取ってまずは寸法を確認。

100%図面のようにできないのは、わかっていたので交差の中に入っているのかどうかの確認です。



主要になる寸法を確認後、実際に9ピンを取り出して、ビーズに通して、折り曲げて、切って、曲げてみると、

あっ!簡単にできた!驚きでした。


やりやすいのなんの。


これはいける!
で、お決まりの破壊テストです。


実際にどのくらいで壊れるのか知っておかないといけません。

先端にどれだけ力をかけたら壊れるのか。


せーの!


ぐにゃ!


あちゃ、これではダメだ。



ということで、先端を短くし、もう一度。


せーの!


ググッ!


なんとか、持ちこたえた。これならいいけど、やっぱりもう少し強度が欲しい!

で次回作るときにはここをこうしようと図面に書き入れて、モニターになってくれる人を探さないと・・・
そこでもう一度改良点を洗いなおして、次はもっと良いものを作ろう!!

まずは、今回の件の発端になったMさんに送ろう!


使ってもらって、感想を聞きたい。
ていうか、約束してあるんです。


続く




最終更新:2011/02/28 22:37

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

今月