【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/03/15 15:10

gujiのオンライン部門を担当しています西出と申します。

gujiに入社して苦節9年ほどの老兵でして、以前は「roomwest」というオンライン販売限定の部門を担当していたんですが、laboratorio設立により取り扱いブランドの一部が吸収、さらにLARDINIやTAGLIATOREなどモアバリエーション的に取り扱っていたブランドもgujiに吸収ということで、部門消滅という憂き目にあい久々のブログ執筆となりました・・・(悲)

このブログはbalcone部門ということで、野球好きの間で局地的かつ内輪的に人気を博していた?という噂の「roomwest」ブログとは違いますので開幕前の昂る気持ちを記すにはちょっと違うかな・・・と思い、ここではここ数年で購入したメガネコレクションを紹介させて頂こうかなと思います。

何年か前から世の中には「メガネ男子(幾つになっても)」という言葉が生まれるほどファッションとしての眼鏡が認知されていますが、私は視力1~1.5の間をさまよう裸眼男子でして、10代後半から20代前半の多感な時期にヨーロッパにかぶれてフランス製アンティークフレームを中古でいろいろ購入し、着用していた時期から数えて約15年のブランク・・・。とはいうものの、久々に一本買ってしまうとどんどんハマってしまうのが洋服屋の常ということで、少しずつですがコレクションが増えてきました。

guji取扱いの物中心に購入していますが、最近オンライン担当として仕入れに対して意見を言うという仕事の為バイイングに同行しており、そんな役得から個人的にオーダーさせて頂いたものも少し含まれていますが、今後の売れ行きからもっと私の意見が通り、眼鏡部門は全て西出に任せてみようかな・・・と思われるようになればもっと仕入れのバリエーションを増やしたいと思いますので、このブログをお読みいただいた方は是非バイヤー陣に圧をかけて頂きたいところです(圧)。

ということでまずはBARTON PERREIRA(バートン ペレイラ)から。

a.jpg

ここ数年の気分からか、どこかにメタルが使用されているデザインが好みでして、アセテートとメタルのコンビネーションが凄く好みなんです。

このBARTON PERREIRAの2モデルはどちらもgujiのオーダーには残念ながら乗らず、個人オーダーとなってしまったものなんですが、何故なんでしょう?この違いが解からない内はバイイングは難しいのかもしれません・・・。

b.jpg

ヨロイ部分の細かな細工やフレームとテンプルの切り替えが絶妙で、ブラックとしてもブラウンとしても使うことが出来るGEIST(一枚目左)、ブラウンとグレーをマーブル調にミックスしつつ、フレームの上下で色の出し方に変化を付けたチタンテンプルのELON(一枚目右)。どちらも日本の職人によるハンドメイドであり、安心安定のアジアフィットなので掛け心地も◎。

繊細なデザインが知能指数を高めてくれるような気がするところもナイスですね。

d.jpg

続きましてジャパンブランドのPINE(パイン)。balcone取扱いブランドです。

こちらもチタンテンプルの2モデルを購入したんですが、残念ながらこれもオーダーに乗らず・・・。自分の好みとバイヤーがチョイスするgujiらしいアイテムに若干の隔たりがあるのかな・・・(汗)。
こっちのほうがいいやん!!というお声、切実に待っています。

丸眼鏡をベースにボストンのようなデザインを加え、アーティスティック且つどことなく中華な風を吹かせる1016(左)、ローズゴールドカラーのテンプルが印象的で高貴な雰囲気を身に纏えそうな気がする1023(右)。1016は針金のようなテンプルも印象的ですし、PINEといえばの六角ネジも良いアクセントになっていると思います。

e.jpg

こちらも安心の日本製、ジャパンブランドなので当たり前といえば当たり前かもしれませんが掛け心地も最高、軽いです。

PINEといえウェアも充実しているブランドなんですが、ちょっとストリートな印象が強いコレクションに比べ眼鏡はちょっとひかえめで、個人的にはスーツやジャケットスタイルに合わせたいところです。

h.jpg

ラストはPersol(ペルソール)。

こちらはgujiオーダー品からの購入となりました。Persolはセルフレームなんですが、アイコンデザインであるシルバーアローがメタリックな輝きを放っていますので、個人的にはメタル認定しています。

バランスの良いウェリントン型3121(左)と、TYPEWRITE EDITIONの3110モデル(右)でして、こちらは二つとも少し手を加えています。3121はノーズパッドが少し低かったので、高いものに付け替え、3110はもともとサングラスだった物をクリアレンズに変更し、伊達メガネにしました・・・が、これはちょっと失敗でして、ブルーライトカットのレンズにしてしまったんです。

オンライン業務が主なので基本的に一日中パソコンで仕事をしているため、ちょっと出来心でやってしまったんですが、そもそもずっとパソコンを見ていてもあまり目が疲れないという嬉しい耐性がありますので、あのブルーがかったレンズの色があまり気に入っておらず、隙を見て普通のクリアレンズに変えたいと思っています。モニターの色もちょっと違って見えますので、写真の加工なんかの時にも使えないですし・・・。個人的にはブルーライト用レンズの効能があまり感じられませんでした・・・。

i.jpg

両方ともにテンプルに搭載されたメフレクトによるしなりで安定感のある掛け心地が魅力なんですが、なによりフレームのちょっとレトロな色出しといいますか、何となく懐かしく感じるところが気に入っています。

ということで、今後も私が担当するgujiの縁側は個人購入アイテムを紹介し、人気シリーズに育てていけるよう頑張っていきたいと思います。そしてここで支持を獲得し、roomwest復活!!という奇跡が起きればいいなぁと・・・。

最終更新:2018/03/15 15:11

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム