【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2021/02/28 08:30

もうまもなくの春の新生活シーズンに向けて、そして最重要シーズン?である夏に向けて・・・

ACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ)のフレグランスコレクションを再び大充実させております!

手前味噌ですがホントに女性ウケも良く・・・(汗)

お気に入りの1本を是非見つけていただければ幸いです。

4.jpg

地中海をイメージしたオードトワレのシリーズBlu Mediterraneo(ブルーメディテラネオ)が僕達のラインナップの中心ですが、なんといってもトップバッターはARANCIA di CAPRI(アランチャ ディ カプリ)。

オレンジを中心とした柑橘系の甘酸っぱい香りはその驚異的なリピート率で、他の香りに全く浮気出来なくなるとのウワサです。

ユニセックスな香りの仕上がりとなっておりますので、プレゼントにも最適です◎

ちなみにこの香りをはじめとした人気の5種類はワンサイズ大きめの75mlサイズもご用意しております。

MODEL:Blu Mediterraneo/ARANCIA di CAPRI
SIZE:30mL
PRICE:8,800yen
こちらで販売しております。


4[1].jpg
MODEL:Blu Mediterraneo/ARANCIA di CAPRI
SIZE:75mL
PRICE:14,300yen
こちらで販売しております。



4[2].jpg

ここ最近一気にトップクラスの人気に登りつめたBERGAMOTTO di CALABRIA(ベルガモット ディ カラブリア)。

モデル名の通りベルガモット・シトロンがベースになっておりまして、個人的にはこのラインナップの中でも柑橘系が一番分かりやすく男性的な香りな方だと思います。

MODEL:Blu Mediterraneo/BERGAMOTTO di CALABRIA
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。


4[3].jpg
MODEL:Blu Mediterraneo/BERGAMOTTO di CALABRIA
SIZE:75mL
PRICE:14,300yen
こちらで販売しております。



4[4].jpg

イタリアの伝統的な柑橘ジュースをイメージした香りであるCHINOTTO di LIGURIA(キノット ディ リグリア)。

僕個人的には1番のお気に入りで普段から愛用しています。

甘さと苦さが同居したような不思議な香りで気に入ってます!

MODEL:Blu Mediterraneo/CHINOTTO di LIGURIA
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。


4[5].jpg
MODEL:Blu Mediterraneo/CHINOTTO di LIGURIA
SIZE:75mL
PRICE:14,300yen
こちらで販売しております。



4[6].jpg

地中海に浮かぶ島々の草花をイメージしたMIRTO di PANAREA(ミルト ディ パナレア)。

潮の香りを感じる爽やかさと少し渋めの香りのシダーウッドの絶妙なバランス、バジルやローズなどの香り立ちもあり、ドレススタイルには最適な香りかと思います。

大人っぽさを演出するにはこちらが最適です。

MODEL:Blu Mediterraneo/MIRTO di PANAREA
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。

4.jpg
width="600" height="600" alt="4[7].jpg" border="0" />
MODEL:Blu Mediterraneo/MIRTO di PANAREA
SIZE:75mL
PRICE:14,300yen
こちらで販売しております。



4[8].jpg

イタリアでも愛されているフルーツであるイチジクの香りを表現したFICO di AMALFI(フィーコ ディ アマルフィ)。

イチジクの甘さと酸味、ほのか〜な渋みを含んだ大人の香り・・・

最初は爽やかな甘〜い香りから、時間と共に渋みを増した香りとなります。

こちらはARANCIA同様に女性が使用されることも多いそうです。

以上の5種類は2サイズの展開です。

MODEL:Blu Mediterraneo/FICO di AMALFI
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。


4[13].jpg
MODEL:Blu Mediterraneo/FICO di AMALFI
SIZE:75mL
PRICE:14,300yen
こちらで販売しております。




4[9].jpg

シチリア島で最も有名な観光地タオルミーナにインスピレーションを受けて、生み出されたCEDRO di TAORMINA(チェドロ ディ タオルミーナ)。

CEDROとは杉の木(シダーウッド)の意だそうで、シトラス(柑橘)系が多い同ブランドにあって、最もオリエンタルな香りがするのがこちらです。

MODEL:Blu Mediterraneo/CEDRO di TAORMINA
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。




4[10].jpg

アーモンドからインスパイアされて調香された香水がMANDORLO di SICILIA(マンドルロ ディ シチリア)。

同ブランドのコレクションの中でも特に柔らか〜な甘みのある香りでして、スパイシーな香りが苦手な方はこちらがオススメです。

MODEL:Blu Mediterraneo/MANDORLO di SICILIA
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。


4[11].jpg

Blu Mediterraneoのシリーズでは最も新しい香りであるCIPRESSO di TOSCANA(チプレッソ ディ トスカーナ)。

トスカーナの手つかずの自然の小径から眺める景観から着想を得て生まれたチプレッソ ディ トスカーナは、ウッディな香りをベースにほんのり柑橘を効かせたフレッシュでコクのある香りが特徴です。

大人っぽ〜いが漂ってきますね〜

以上8種類のシリーズです。

お好みを1つを言わず2つ3つ・・・見つけてみてくださいね!

MODEL:Blu Mediterraneo/CIPRESSO di TOSCANA
SIZE:30mL
PRICE:8,400yen
こちらで販売しております。



4[12].jpg

ACQUA DI PARAMAといえば、やっぱり最もクラシックでアイコニックなCOLONIA(コロニア)は外せません!

その昔テーラーが顧客のオーダースーツの納品時にシュッとひと吹きしたと言われる優雅でエレガンス漂うCOLONIAは、いつものスタイルをグッと格上げしてくれる素敵な香りなんです。

もう何10年変わっていないこの伝説的な香りもやはりシトラス系です。

MODEL:COLONIA
SIZE:50mL
PRICE:15,950yen
こちらで販売しております。

最終更新:2021/02/28 08:31

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2021/02/27 19:50

4.jpg


4[1].jpg


「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」



進化論で知られるイギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンの言葉です。

多様性を認め、柔軟に変化に対応できる人や企業が生き残る というのは現代のコロナ禍の社会を見ても身につまされる現実ですし 最近スタッフ間の世代格差が話題になることも多い弊社の現状にも現れていることかもしれません・・・

INCOTEX(インコテックス )がイタリアのパンツメーカーとして一斉を風靡したひとつのきっかけは日本人のリクエストに応えた日本モデルが高い評価を得たことでした。

「35モデル」などとパンツが型番で呼ばれる先駆けもこのINCOTEXの大ヒットから生まれたものかもしれません。

とにかく扁平気味の日本人のヒップ周りにマッチするようなスペックの日本向け1NT035モデルのローンチこそが日本市場でのINCOTEXの人気を決定づけたわけです!

そういった変化への対応力こそ日本市場で認められる大きなポイントだということは代理店も認識している紛れもない事実ですが 実際のところ諸般の事情でそういうフレキシブルな対応が難しいというインポートメーカーが多いのも残念ながら事実・・・

そのINCOTEXのコレクションですが これまでよりもモデル数が削減されて別注モデルなどの対応が出来なくなってしまいまして、グローバルな展開の主力モデルに生産を集中するという態勢に(汗)・・・

コロナによる混乱がこんなところまで波及しているんでしょうかね??



で、今回ご用意する肝心のモデルは35モデル。

・・・・

ただし日本向けの35モデルではなく、その原型のモデルである また別のタイプの1T0035モデル・・・ となります。

ただこちら、一昔前のヒップの大きな旧35モデルではなく、現代的にアップデートされたモダナイズ版。

ということで日本別注モデルでほぼ同スペックで裾幅だけがややホッソリという代物です。

ノープリーツのマスターピースとして高い人気の35モデル、とは若干違うものの そのイズムに則ったこちらもまた美脚シルエットの逸品です!!

4[2].jpg

4[3].jpg

4[4].jpg

4[5].jpg
MODEL:SLIM FIT 1T0035-5006T
MATERIAL:ウール100%
COLOR:ライトグレー(905)・ミディアムグレー(920)・ネイビー(820)・ブラック(990)
PRICE:37,400yen
こちらで販売しております。

最終更新:2021/02/27 19:51

2021/02/27 17:10

4[1].jpg

ファッションにこだわりを持つ男である以上、やはり気になるのが女性からの見られ方。 

ファッションジャンル的に、そういった俗念を一切排除した"我が道をいく"スタイルもありますが、『色』『艶』『夜』というキーワードをエッセンスとして、ビジネスからオフまでの『勝負服』をセレクトするgujiとしては、やはり"モテ"というキーワードはさけて通れません。

では「何がモテるの?」といった、ある意味男性のファッションにおける永遠の疑問に対して一つ答えを挙げるとすれば、オフスタイルにおいてその代表格の一つが"ニット"でしょうか。

そんなモテアイテム(であろう)ニット、中でも定番中の定番であるクルーネックとVネックにフォーカスし、その魅力を最大限に引き出せるようなアレンジテクニックについて今回は触れてきたいと思います。


少しのアレンジで新鮮な雰囲気に

4[2].jpg

春はコットン夏はリネン、秋冬はウールにモヘアさらにはカシミアと、シーズンごとに素材を変え色を変え"主役も脇役もこなしてくれる"とても有能なアイテム、それがニット。

オーバーミドルの男性を時に大人に、そして時にカジュアルにと、選ぶ色や素材・着こなしによって着る人の雰囲気をガラッと変えてくれるんですよね。

そんな"ワードローブには必要不可欠なアイテム"でもあるニット、中でもベーシックなデザインのモノはそのシンプルさ故に時として"何か"物足りなさを感じたりすることもしばしば...

シンプルに一枚でサラリと…というのも勿論カッコいいことには変わりはありませんが、シャツやカットソーとバランス良くレイヤードアレンジをすることで少し新鮮に、そしてまた違った魅力的を引き出してくれるんです。


バイヤーが今季最もオススメするスタイル「ニット+シャツ」

4[3].jpg

恐らく大半の方がワードローブとして、少なくとも数枚は所持しているであろうクルーネックニット。

基本的な着方としては、中にアンダーウエア的なTシャツを一枚重ねてサラリと…といったスタイルが多いかと思いますが、今シーズンの春夏gujiとして推していきたい着こなしの一つが、シャツとのレイヤードスタイル。

「そんなん普通やん…」という声が少し聞こえてきそうですが(汗)、従来の"上品で誠実そうなイメージ"のスタイルではなく、今の時代らしい"少し肩の力を抜いたニュアンス"を持たせたイメージでしょうか。

また、クルーネックニットの中にシャツを重ね着する事で、より洒落た雰囲気に見えると言いますか、スタイリングに華やかさとボリューム感がプラスされるんですよね。

では、実際に今シーズンのニットとシャツを使って"この春gujiがオススメするニットの着こなし"について具体的なサンプルご紹介していきたいと思います。


スタイリングに程良いボリュームをプラス

4[4].jpg

まずはクラシックなイタリアン(カジュアル)スタイルをベースとしたこちらのguji的なスタイリング。

これまではクルーネックニットのインナーにカットソーを忍ばせただけのシンプルな提案が主流で、着こなしに関してはパンツとの色味や素材の組み合わせに最も気を使っていましたが、今シーズンはそれにプラスしてシャツとのコンビネーションでいかに魅力的に見せるか?といったところがポイントでしょうか。

上着を羽織っている画像を見て頂くとお判りいただけますが、シャツをレイヤードする事でスタイリングにボリュームが生まれ、より品の良い雰囲気もプラスされるんですよね。

4[5].jpg

サラッとしていた印象の首回りも、シャツの襟をのぞかせる事でアクセントにもなり、より洒落た雰囲気を演出してくれます。

4[6].jpg
(中に合わせるシャツのバリエーションも豊富に揃っています)


あと、このレイヤードをするにあたって重要なポイントが"ニットのサイズの選び方"。

スタイリングのテイストによって多少変わってくるかと思いますが、オフのカジュアルスタイルにおいては、ジャストサイズ~シャツを重ねることを加味して1サイズアップといったところでしょうか。

一見なんてことのないプレーンな無地のニットも、インナーの組み合わせ方によって様々な表情を見せてくれるのがスタイリングの醍醐味ですよね。


シャツ一枚をプラスするだけで華やかな印象に

4[7].jpg
(抜け感のあるネイビーニットに同色系のストライプシャツ。 カジュアルながらもクリーンで品のある組合せ)


次に、コンテンポラリーなブランドを多く扱うbalcone(バルコーネ)カテゴリーのアイテムで組み合わせたこちら。

クルーネック+シャツといった組み合わせ自体はgujiと何ら変わりないのですが、アイテムそれぞれの個性+モードやストリートといったシーンのトレンドを加味したスタイリングとあって印象が少し変わりますよね。

balcone(バルコーネ)をメインとしたスタイリングでは、もちろん好みもありますが、元々ボリュームのあるシルエットであればサイズを上げる必要はありません。
ただ、ジャストフィットするバランスのモノであれば1サイズアップして頂き、ほんのり"抜け感"をプラスするのが気分といったところでしょうか。

気を付けて頂きたいのが、「流行りのオーバーサイズで」といった意味合いではなく、あくまでも程良く力を抜いた雰囲気をプラスするイメージですので、過度にサイズアップしないようにだけご注意を….

4[8].jpg
(ニットと同様、クルーネックスウェットなどでも応用が可能)


比較的カジュアルな印象の強いこれらクルーネックのプルオーバー類に、シャツをレイヤードする事でこれまた上品さがプラスされ、オーバーミドルに相応しいミックス感のあるスタイリングに仕上げてくれるこのスタイル、たったシャツを一枚プラスすることで少し新鮮な気分を味わわせてくれます。

ちなみに、クルーネックTシャツをインナーに使って首元と裾からチョロ出しするテクニックは昔からベーシックなスタイルとして確立されていますので、トレンド云々関係なくいつの時代も有効。

気分によって、シャツとレイヤードスタイルと使い分けて頂くのが良いかと思います。

弊社代表を含めたバイヤー陣が、今シーズン最もお勧めする"クルーネックプルオーバー+シャツ"、是非お試しを。


Vネックニットは肌の露出を抑えて程良くカジュアルに

gujiに関係する各種SNSをチェックしてくださっている方の中には、もしかしたらお気付きになられている方もいらっしゃるかもしれませんが、弊社代表である田野のインスタグラムのスナップにおいて、最近よく使われているインナーがVネックニットのインナーに白いTシャツといった組み合わせ。

4[9].jpg

基本的にジャケットの中にはシャツ+タイ、もしくはタートルニットといったクラシックなスタイリングイメージが強い弊社代表とあって少し意外?に感じられたかもしれませんが、このVネックニット(+インナーに白T)使いこそがgujiの今シーズンのもう一つの提案でもあるんです。

ここ半年ぐらいの投稿を見ると、レザーブルゾンをメインとしたカジュアルスタイルのみならずエレガントなジャケットの中などにも合わせていますね。

比較的クラシックでエレガントな組み合わせを好む弊社代表も少しハマっているVネック+クルーネックT。 そうさせるのは、ほんのりカジュアルなムードでした。


マンネリ化したインナーに少し変化をつけてくれます


4[10].jpg

アパレル業界全体で広く見ても、カットソーやニットといったプルオーバートップスに関しては長きに渡ってクルーネックタイプが主流となっている現在。

過去、(特にTシャツに関しては)クルーネックよりもVネックがもてはやされた時代もあった様に思いますが、ここ最近では様々なお店のトップスのラインナップを見ても、一昔前に比べてVネックタイプは見かける機会が少し減ったイメージがありますよね。

原因の一つとして、やはりスタイリングのカジュアル化が傾向が強くなったといったという点が挙げられるかと思いますが、そういったトレンド的な背景を踏まえた上で、今敢えてVネックを上手く取り入れる事が逆に新鮮というのがguji的見解…といったところでしょうか。

未だクルーネック優勢は変わらないものの、「インナーに少し変化をつけたい」という方にオススメのこの組み合わせ。

4[11].jpg

クルーネックTシャツを重ねることでVネック特有の肌の露出を抑え、必要以上に色気がでてしまう事を防ぐのと同時に、適度にリラックスした雰囲気をプラスしてくれるのがこのレイヤードスタイル。

高級感や上品さをキープしつつ適度にこなれた感じを演出、首元と裾にちょっとしたアクセントをつけてくれるので「インナーがおとなしくてちょっと物足りないかな…」といった事も無くなるといったワケなんです。

サイズ選びに関しては、シャツとのレイヤードの件で述べた通り、ジャストから場合によっては1サイズアップが今の気分かと。

アパレル関係の方からすると昔からお馴染みの定番テクニックではあるかと思いますが、「これまでVネックは一枚で着ないといけないとばかり思っていた…」という方は、これまた是非この機会にお試しを。


最後に


4[12].jpg
トレンドの最先端を行くモードやストリートなど、これまでに無かった新しい価値観を次から次へと生み出していくファッションシーンとは違い、昔ながらのルールやセオリーが重要視されてきたイタリアンスタイル。

私たちgujiが主戦場とするそれらのジャンルおいても、昔と比べてこと洋服の"着こなし"という点において今はとても自由度が高くなってきており、"色気を出してなんぼ"といった時代から"リラックス"や"抜け感"といったキーワードが重要視されるようになるなど、その価値観もここ数年で大きく変わってきています。

そういった時代背景、さらにgujiならではのカラーといったところを踏まえた上で、今年の春のニットの着こなしとして提案する2つのレイヤードテクニック。

クルーネックにはシャツを、Vネックにはカットソーを。この春の首元はコレで決まりです。



ニットの商品一覧を見る

最終更新:2021/02/27 17:11

2021/02/27 15:00

4.jpg

4[1].jpg

4[2].jpg

皆様、こんにちは。

ぐじ京都店(きょうとみせ)の前澤です。

私、前澤が勝手にシリーズ化している「魅力に迫ります!!」シリーズですが、これは迫っておかないといけないだろう!という商品がございますので、是非ご紹介させて下さい!

2シーズン目となるbalcone original(バルコーネ オリジナル) balcone mandoのセットアップ。

インスタライブなど様々なコンテンツですでに紹介していますので内容が被る部分もありますが、ご了承ください・・・

今回のブログでは、新素材のリヨセル×リネンをフォーカスしてご紹介致します。

4[3].jpg

リヨセル×リネンの特性と言えば、サラッとして柔らかい着心地。

高温多湿な日本の春夏シーズンには、最適な素材を使用しております。

リヨセルの誕生は英国のコートルズ社という会社が10年という歳月と50億円の資金を投じて1988年に工業化された研究と莫大な資金の上に誕生した素材なんです。

またリヨセルは着心地だけでなくサスティナブルにも通ずる素材です。

リヨセルを製造する際に完全クローズドシステムを構築できるため、環境負荷が比較的低いと言われています。

4[4].jpg

次にディテールのご紹介。

襟部分には芯が入っており、開けた時に襟が立つようになり立体的なシルエットで着て頂けます。

この立ち具合がまた絶妙でかっこいいんですよね〜

4[5].jpg

ボタンやジップの細部にも拘りが詰め込まれています。

ボタンとジップはアンティーク調のものを使用し、ジップは閉めた時にムシが隠れるようになり高巣満導氏らしいクラシックなディテールとなります。

4[6].jpg

個人的に特に思い入れがあるのがパンツでして・・・

私がgujiに入社するずっと前からmandoのパンツは愛用して、絶妙なシルエットが生み出す良い抜け感の虜になっておりました!

今回のbalcone originalのパンツはmandoのインラインのものよりスタンダードになっていまして、より幅広いスタイリングで楽しんでいただける一本となりました!

本当に使えるので是非、クローゼットのバリエーションに加えていただきたいです。

4[7].jpg

4[8].jpg
スタイリングではベージュ×ブラックの今シーズンbalconeおすすめの色合わせ。

ジャケットではなくライダース型のセットアップが、ニュースタンダードとして大人の普段着に楽しんでいただけると思います。

また、最近入荷したTHROWのリネンストールを垂らして、軽快かつエレガントな雰囲気も演出できます。

春夏に軽快なリヨセル×リネンか、通年使えるポリエステルウールか、悩ましいですがどちらも本当におすすめです!笑

インスタライブ等でもご紹介しておりますので、是非そちらもご覧ください!

通販サイトへはこちらから

最終更新:2021/02/27 15:01

2021/02/27 08:20

4.jpg

4[1].jpg

カジュアルのみならず、ドレススタイルにおいてもリラックスやコンフォートといった流れが色濃くなる中、今気になるのがLARDINI(ラルディーニ)のEASY WEAR(イージーウェアー)ラインですね。

ラルディーニが提案するスーツ・ジャケットの中で、最もストレスフリーで高機能なのがこのEASY WEAR(イージーウェア)ラインであり、撥水性・ストレッチ性を持ち、軽く通気性に優れた仕上がりになっています。

それでいて、パッカブル仕様(折り畳める)で手軽に持ち運びも可能、本当に満足度の高い一着なんです。

このエレガントな見え方でここまでの機能を持つジャケットというのは他を探しても中々無いのではないでしょうか。

そんなパッカブルシリーズで、今回はデニム調のファブリックをご用意致しました。

こちらは通常デニムのインディゴ染めではない為、色移りの心配はありませんので、ご心配なく。

デニムライクな見え方を表現しつつ、タッチは非常にしなやか〜ワークフルな雰囲気もほどほどに品良く色気を感じる一着となっております。

今春夏は、かな〜りお世話になる一着になると思いますよ。

4[2].jpg

4[3].jpg
MODEL:EASY WEAR JT939AQ/ELEW56701
MATERIAL:表地:ウール60% ポリエステル40%
裏地:ポリエステル100%
COLOR:インディゴブルー
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:112,200yen
こちらで販売しております。


4[4].jpg

ジャケットと合わせて、スーツもご用意しております。

昨今、数多くのブランドで提案されておりますコンフォートセットアップ、中でもラルディーニのソレは、群を抜いているように感じますね。

仕立ての美しさ、着心地の良さ、生地のチョイスどれをとっても他とは一線を画していますね。

こちらはジャケットをパッチポケット仕様にしておりますので、セットアップはもちろんのこと、ジャケット単体でもご利用頂けるようになっておりますので、そこも見所のポイントです!

素材には、ポリエステル×ウールのテクノ素材を使用、遠目では無地に見えるんですが、よ〜く見るとシャドーチェックという、さりげな〜い表情が良いですね。

オン・オフ問わず、あらゆるシーンで活躍してくれる一着だと思います。

4[5].jpg

4[6].jpg
MODEL:EASY WEAR JT138AQ/ELEW56702
MATERIAL:表地:ポリエステル54% ウール44% ポリウレタン2%
裏地:ポリエステル100%
COLOR:ネイビー
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:144,100yen
こちらで販売しております。

最終更新:2021/02/27 11:18

ページ上部へ

カレンダー

2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム