【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/04/16 19:00

こんにちは。

入社2年目となりました、福島です。


新入社員の皆がとても眩しく見えます。

去年、私はこんなにフレッシュじゃなかっただろうな、と思います。

入社して半年くらい経った時、社長に「福島はもう2年くらいいる気がする」と言われました。笑


さて、今回の話題はまたダンスのことなのですが、

なんと!先日行われたPLF-1 GP 北関東大会という大会で、ベスト16になることができました!


3.jpg


と言っても、予選を通過すればベスト16になるのですが。笑

それでも、知名度のある大会で予選を上がれたことはとても嬉しかったです。


2.jpg


大会の前に練習で1番良く踊れた曲と同じアーティストの曲が本番でかかったり、

私の前に踊った人が個性が強く、それに負けないように考えた作戦が成功したり…

と、色々な運が味方してくれた予選でした。


4.jpg


しかし、本戦ではすぐ負けてしまったので、やはりいつも勝ち上がっている方々はすごいと思いましたし、

もっと努力が必要だと痛感しました。


これからもっとスキルや経験を積み、次は今回よりも良いご報告ができたらと思います。


そしてそれに付随して、最近よく観ているテレビ番組「クレイジージャーニー」で、

興味深い内容を放送していたので、少しご紹介します。


ogp.jpg


それは、丸山ゴンザレスさんという方が、世界の危険な地域を調査するというものです。

今回観たのは、アメリカ・ロサンゼルスとボリビアの、

ギャングやドラッグ、銃や売春などの問題に切り込んでいくというものでした。


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

ストリートダンスとギャングの世界は、かなり深い繋がりがあります。


ストリートダンスのジャンルの中には、ギャングによって作られたものもあります。

例えばPOPという、いわゆるロボットダンスの動きをするジャンルは、特にその色が強く、

衣装でよく使われるズートスーツは、まさにギャングのファッションです。


20160420174956.jpg


クレイジージャーニーで放送されていたギャングの方々においても、

聴いている音楽やダンスは、私が普段聴いたり見たりしているものでした。


私たちは日常的にストリートとかHIP HOPとか言っていますが、

その歴史や背景などを勉強し、理解した上でダンスをやらなければならないと改めて思いました。


そして、ロサンゼルスでのドラッグ事情や銃社会の現状を見て、

私たちは日本でダンスを平和にやらせていただいているんだな、と実感しました。


そういう文化も含めて、ダンスは楽しい!面白い!と思います。


さて、長くなってしまいましたが、なぜ今回この話題を出したかと言いますと、

番組内で丸山ゴンザレスさんが、PORTER“CASPER”シリーズのメッセンジャーバッグを使っていたからです!


882-07586_i001.jpg


私は内容よりも、そこで1番テンションが上がっていました。笑


PORTER好きにはたまらない、PORTERロゴのエンボス加工が施されたCASPERシリーズは、

カジュアルな見た目に反して、鎧布を使用したかなり丈夫なつくりになっています。


初回限定カラーのマゼンタも、残り少なくなっていますのでお早めに!


PORTER“CASPER”シリーズはこちらから↓


882-07586.jpg


それではまた来月お会いしましょう♪

最終更新:2018/04/16 19:01

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月