【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/04/15 19:00

どうも、こんばんは。

ヨシオカです。



さて、今回のBEST★HITは・・・"The Strokes ザ・ストロークス"

バックナンバー:BEST HIT★Vol.44- The Libertines - はこちら >>>



ストロークスは、アメリカはニューヨークのロックバンドで、

先日もご紹介したリバティーンズ同様、ロックンロール・リバイバルの立役者です。

アメリカのバンドですが、イギリスのラフ・トレードと契約を結び、

どちらかというとイギリスから火がついたバンドですね。

アークティック・モンキーズやフランツ・フェルディナンドなど、UKのロックバンドの多くは

ストロークスからの影響を公言しています。



で、これが1stアルバムの「Is This It ?」



blog0415_001.jpg



ヒップホップ、R&B勢がシーンの中心だったこの頃、このストロークスやリバティーンズの登場で

一気にロックンロール・リバイバルなるムーブメントが起こったのです。



blog0415_002.jpg



当初はダメージジーンズなど、どちらかというとロックンロールらしく?

ボロボロの服を着ていたイメージがあり、それこそ70年代のロックンロールの気配を感じていましたが、

よくよく調べてみると、実はこのストロークスというバンド、

中々に上流階級らしく、バンド自体も上流階級や富裕層の子が通う学校で結成されていたようです。

だからなのか、荒削りなサウンドなのに、なぜか洗練されスタイリッシュな感じが混ざっているのです。



個人的には7曲目の「Last Night」がおすすめ



blog0415_003.jpg



ストロークスだな・・・という感じの曲です。



ボーカルのジュリアン・カサブランカスはイギー・ポップが好きで、

歌い方は少し意識しているようです。

って何かの雑誌で読んだような・・・



本日20:00からは、

blog0415_004.jpg

お楽しみに!



では、またバイバイ

最終更新:2018/04/15 19:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月