【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/07/13 12:56

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


今週末の7月14,15日の二日間は、山形県でツツジ・シャクナゲ協会の定例会が開催されます。

店長も出席させていただくため、この二日間は店長不在となります。

そこで、留守中に花たちが枯れてしまっては大変なので、いつもは店長が行っている

全ての花たちの水やりの方法をみっちり仕込まれました!!

かなり複雑で、エリアごとにやり方が違ったり、一番難しいのがバルブの替え方。

今日の記事は、当店の内情ばかりで、読者の皆様にはあまり面白みがないかもしれません。

しかもかなり長いです。ですが嫁とスタッフ用の備忘録兼マニュアルとして、

こちらの記事に記録させていただきたいと思います。





まずこちらが当店の見取り図です。こういった見取り図を作成するのも初めてのことです。

以前の「宝の山の紹介」という記事と照らし合わせてみていただくとわかりやすいかと思います。

主にスプリンクラーで散水するエリアが3か所、その他は手で水やりをすることになります。

堀から水をくみ上げるポンプが2か所あり、そこのバルブを切り替えることで、

それぞれのホースやスプリンクラーへ水を通すことができます。

その切り替えはメモや口頭では到底覚えきれないので、こちらに記録します!




1.ハウス2周りの水やり

まず、ハウス2の周りの水やりです。ハウス2の前にあるホースに水を送ってやります。

写真はハウス1前にあるAの場所です。まずバルブを動かす絶対条件が、

通すところを先に開け、止めるところを次に止める、です。

ホース方面のバルブを開け、通さないところは止め、確認したら水道をひねります。

上手くいくと、ハウス2前のホースから水が出るはずです。

別な個所から水が出たら、バルブをもう一度確認です。




こちらはハウス2前から陳列棚を見たところです。冬にプールを設置していた場所ですね。

写真左がハウス1、写真右がハウス2です。スプリンクラーの届かない、色の着いたエリアを水やりします。

やり忘れがないように、あっちこっちやらずに順々にやります。




2.ハウス1内の水やり

次にハウス1の中の水をやります。ハウス1の中には挿し木したケースが並んでいます。乾いてしまっては大変!

水道はひねったまま、先ほどのバルブの開け閉めとは反対にすると、ハウス1内のホースから水が出てきます。





3.店舗周りの水やり

今度は店舗周りです。ポンプ1から水を吸い上げます。写真はBの部分です。

通したいところを先に開けます。




写真はCの部分です。消雪エリアにも陳列棚エリアにも水をやりたくないので、どちらも止めます。




すると店舗脇の最寄りのホースから水が出ます。水のやり忘れがないよう、順序良くあげていきます。

根っこが張って水が染み込みにくい株もあるので、画面右から水をやって一番左まで行ったら、

また左から順に、という感じで2、3度繰り返して水を上げます。

水をかけて、土の上に水がたまるような株は、じわ~っと水が染み込んでからもう一度かけます。

特に今頃のように猛暑の季節は、水が足りないと致命的ですので一株一株注意が必要です。




店舗脇が終わったら、次は一番奥のシャクナゲエリアです。

2枚上の写真でバルブを開放する際に、奥のシャクナゲエリアのホースもすでに水が出ています。

店舗脇と奥のホースが出ることで水圧が分散されるそうです。




奥の方の鉢は水がかかりにくいので、念入りに。別な角度からもかけたりします。




4.シャクナゲエリアの水やり

次はハウス2裏のシャクナゲエリアの、スプリンクラーがかからないエリアを手で水やりします。

写真はポンプ2のDの場所です。まずはポンプに一番近いバルブを少し開けます。

シャクナゲエリアのホースにつながってるので、全開にすると水圧が強すぎるので調節して開けます。

もう一方のシャクナゲエリアにつながるバルブも開けます。

通すところを先に開け、ツツジエリアにつながるほうは閉じます。




今度はEの場所です。スプリンクラーのほうにはまだ通さないので、そちらは止め、ホースのほうを通します。

バルブの開け閉めを確認してから、ポンプ2のスイッチを入れます。



するとシャクナゲエリアの両脇のホースから同時に出ます。写真の色付きの部分です。

スプリンクラーの届かない場所、スプリンクラーの水がかかりにくい場所をしっかり水やりします。




5.シャクナゲエリアのスプリンクラー

手でやるエリアが終わったら、次はスプリンクラーを回します。

Eの場所は、スプリンクラーの方面を通し、ホースの方面を止めます。




Dの場所は、ポンプ手前のホースにつながるバルブを完全に閉じます。その他はノータッチです。

あ、まずスプリンクラーを回す前に、倒れている鉢がないか確認してからスプリンクラーを回します。

さすがにスプリンクラーはラクですね(笑)30分回し続けます。




6.ツツジエリアのスプリンクラー

次はツツジエリアです。ツツジエリアは手でやる部分がないので、いきなりスプリンクラーを回します。

こちらも倒れている鉢がないか確認です。ツツジエリアのほうを開け、シャクナゲエリアのほうを閉じます。




するとツツジエリアのスプリンクラーが回ります。こちらも同じく30分回します。

配管の仕組み上、ツツジエリアとシャクナゲエリアのスプリンクラーを同時に回すことはできないので、

どちらかが終わったらどちらか、という風に回します。




7.陳列棚のスプリンクラー

今度は店舗裏に戻ってきて、陳列棚のスプリンクラーを回します。

ポンプ1とポンプ2を同時に動かすとブレーカーが落ちてしまうので、

やはりこちらも同時にはスプリンクラーは回せません。時間はかかりますが、順番に。

写真はCの場所です。今度は陳列棚のほうに水を通したいのでそちらのバルブを開けます。

消雪パイプ方面は閉じたまま。




Bの場所です。奥のシャクナゲエリアと店舗周りのホースへ続くバルブは閉じます。

よく確認してポンプのスイッチを入れます。




すると陳列棚のスプリンクラーが回ります。こちらも同じく30分回します。

(花期の写真を持ってきました。美しいですね!)




さて、こちらは店舗から車で2分ほどの在庫置き場です。こちらは上部の見取り図には記載がありません。

こちらにも同じくポンプがあり、スプリンクラーとホースの切り替えバルブがあります。




8.離れ在庫置き場の水やり

こちらもまずは手でやるエリアを先に。スプリンクラーの届かない大型鉢が置いてある場所をやります。

ホース方面のバルブを開け、スプリンクラー方面のバルブを閉じます。

上の写真の2のバルブは、水抜きの役割で、全開にするとジャブジャブと水が出てホースの水圧が下がります。

完全に占めると水圧が高まりパイプが外れてしまうので、調節して緩めます。

バルブの開け閉めを確認してポンプのスイッチを入れます。




そうするとホースのほうに水が出ます。こちらは挿し木に使うシナノツツジ系の大切な親樹です。

一鉢一鉢に直接注ぎ入れるように丁寧に水やりをします。




9.離れ在庫置き場のスプリンクラー

さて、いよいよ最後の作業!スプリンクラーを回します。

スプリンクラー方面のバルブを開け、水抜き用のバルブを完全に閉じ、ホース方面のバルブを閉じます。

こちらも30分回し続けます。以上で全ての水やりが終了です!!


じっくり教えてもらいながらまわったので、2時間以上かかりました!

これを毎日店長が1人で行っていたのですね~。朝イチの重要な作業です。

そしてこの配管やポンプやスプリンクラーも店長がすべて考えて設置したもの。改めて圧巻です!

今頃のような猛暑の気候では水切れしてしまい、夕方にも同じ作業が必要な場合もあります。

店長は回りながら、シナノツツジ系は土が乾きやすいとか、早咲きの品種は逆に水をやりすぎると根腐れするとか、

ホースがねじれると圧がかかってパイプが外れるので、先端をねじりながらねじりをほどいてやるなど、

毎日やっているからこそ気づく細かいポイントをいろいろ教えてくれました。

もっとスプリンクラーのエリアを広げれば、もしくはスプリンクラーのエリアに在庫を持ってくればいいのに

と思うのですが、すべて機械任せにしてはダメなんだそうです。

手で水をやるからこそ、一鉢一鉢様子が目に映るんだそうです。

すると虫害や病気にすぐ気づけたり、成長具合が分かったり、細かい変化に気づけるんだそうです。

植物管理の基本中の基本は水やり!まだまだ嫁は水やりが甘く、夕方には水切れになってしまうことがあります。

店長が不在中、失敗は許されません!この長ったらしいマニュアルを作ったことで、嫁自身かなり理解が深まりました!

読者の皆様を無視した内容で申し訳ありませんでした。週末は水やりがんばります!

最終更新:2018/07/13 12:57

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

当店はこんな
場所にあります!
map

人口 約4,500人
平均積雪深 1.5~2m!!
最寄りのコンビニまで
  車で約一時間(笑)

シャクナゲ大国の新潟県と隣接しています。日本有数の豪雪地帯で、基本的にツツジ・シャクナゲは地植えは厳しい環境です。四方を山々に囲まれ、本当に自然のみで満たされた町です。秋の紅葉は美しく、冬は「只見ふるさとの雪まつり」が開催されます。
カテゴリ:只見町
当店の見取り図

<関連記事>
宝の山の紹介
水やりの仕方徹底解説!
当店の年間作業スケジュール

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム