【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/06/02 11:07

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。




数日前の薄曇りの日。銀河畑で店長がなにやら作業をしております。

これは、挿し木用の穂木を切り取っているところです。




こちらは挿し木をして3年目の信濃ツツジ「銀河」です。

当店で最も力を入れている人気品種のひとつです。

だいぶ枝も葉も生い茂って込み合っています。




そこを、挿し木用の穂木をとるために剪定します。

すると枝を切ったところからわき目が2,3又ゾクゾクと生えてきます。

剪定をしないと高くひょとひょろと伸び、花付きも少なくなりますが、

剪定をすると枝数も増え、蕾数や花数も増えるので樹形もかっこよくなります。

挿木用の穂木も得られて、親木の樹形もかっこよくなるなんて一石二鳥ですね!




さて、こちらが店長が切り出してくれた挿木用の穂木です。(ピントが甘いですが)

このように、新芽が出ている穂木が挿し木に適しています。




こちらは枝と枝の間を切り取った穂木になります。芽がありませんね。

若干は発根率が落ちるらしいですが、こちらも十分挿し木に使えます。




さてさていよいよ挿木作業に移ります!

挿木の詳しい作業方法は「挿し木の仕方」ページでも紹介しています。

使用する土は、挿し木・挿し芽用の鹿沼土の細粒を使用します。

たっぷりと水分を含ませた細粒土に等間隔に穴をあけ、

穂木の葉を2,3枚残し、余分な葉の先端を切り落とし、穂木の根元も水分を吸いやすくするために斜めに切り、

等間隔に開けた穴の中に丁寧に植えます。

余分な葉の先端を切り落とすのは、水分の蒸散を防ぐためと、育ってきたときにそれぞれに葉が覆い重ならないようにするためです。



さて!いろいろ教わったところで嫁もチャレンジ!初挑戦!

教わった通りにやりますが、なかなか店長の様にサッササッサとできない・・・。

土に穴を等間隔に、しかも深さも同じく開けるのはなかなか難しいです。




えっちらおっちら、繰り返しの単調作業です(笑)




なんとか1ケース終了!これで約100株植えたことになります。




黙々と挿し木を繰り返し、どんどん株を増やしていきます。

これは全て「銀河」ですが、信濃ツツジを中心にいろんな品種を挿し木で増やしていきます。

今頃挿し木したものが、来年の春ごろにはしっかり根を張って、

今年の3月末頃に行ったようにこの土から掘り起こして植え替え作業をしていきます。

こうしてどんどんどんどん株が増えて大きくなっていくんですね。

嫁も実際に作業を行うことで流れが少しずつ分かってきました。

やはり自分で手をかけたものは愛おしい。ここから順調に発根していきますように!

最終更新:2018/06/13 08:57

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

当店はこんな
場所にあります!
map

人口 約4,500人
平均積雪深 1.5~2m!!
最寄りのコンビニまで
  車で約一時間(笑)

シャクナゲ大国の新潟県と隣接しています。日本有数の豪雪地帯で、基本的にツツジ・シャクナゲは地植えは厳しい環境です。四方を山々に囲まれ、本当に自然のみで満たされた町です。秋の紅葉は美しく、冬は「只見ふるさとの雪まつり」が開催されます。
カテゴリ:只見町
当店の見取り図

<関連記事>
宝の山の紹介
水やりの仕方徹底解説!
当店の年間作業スケジュール

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム