【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
自己紹介
挿し木の仕方.jpg 接ぎ木の仕方.jpg ツツジの育て方.jpg シャクナゲの育て方.jpg
↑ 楽天ショップの各解説ページへとびます。

2019/04/12 12:25

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


今日は通常業務とは関係ないんですが、皆さんにぜひお披露目したいものがありま~す♪




先日、ステキな郵便物が届きました!

あぁ、もうこの封筒の時点でおしゃれスタンプが押してあるのが分かります!




ジャジャーンきらきらきらきらきらきら コレ、なんだかわかりますか?

こちらは、消しゴムを手で彫られて作られた、消しゴムハンコなのです!

こちらは、instagramやハンドメイドマーケットのminne等で活躍されている、

消しゴムハンカーのriostampさんにオーダーして作っていただいた、世界に一つのハンコなのです!

riostampさんはとても人気のハンカーさんで、お願いしたいと思っても行列がズラ~っとできていて

なかなか安々とお願いできなかったんですが、念願かなってようやく嫁の番が回ってきました!

嫁とはもちろん直接お会いしたことはないのですが、それにもかかわらずこちらのわがままな要望を

事細かに忠実に再現してくださって、まさに嫁が頭で思い描いていたものが形になって感激でした!




こちらは当ブログの上部にもあります、店長と嫁の似顔絵のハンコです。

嫁の絵を入稿しましたら、線画に変換していただきまして、本当に忠実に再現していただきました。

すごくないですか?この細い線!!こんな技術でこんな拙い絵で申し訳なくなってきた…。




そしてそして!こちらが当店のロゴに、riostampさんが絵描かれたツツジとシャクナゲのイラストを盛り込んだ、

スペシャルな屋号ハンコです!rioさんご自身も自信作とおっしゃっていました!

実はこのツツジとシャクナゲのイラスト、下書きの時点でrioさんと何度もやり取りを重ねさせていただきまして…。

rioさんはボタニカル系のイラストを得意とされているんですが、最初に提示されたイラストを見て、

嫁はすごく上手だと思ったんですが、店長が「うーん、ツツジ・シャクナゲに見えない」と…。

嫁も時折ツツジやシャクナゲのイラストを描いてみるんですが、結構店長にダメ出しされます。

どうしたらツツジ・シャクナゲらしく見えるのか。それはそれぞれの特徴を把握していれば分かるとのこと。

シャクナゲは一つの頭にいくつも花をつけ、ボール状にボリュームたっぷりに咲いた姿がとてもシャクナゲらしいです。

ただそれも一つの頭には6、7個の花がつくそうで(品種によって異なります)ただたくさん描けばいいわけじゃない。

葉っぱの形や肉付き、照りも独特で、他に例えようのない、シャクナゲ型の葉っぱなのです。

ツツジは花はシャクナゲに近いですが、特に妖艶に伸びるシベが嫁は好きです。

シャクナゲよりも全体的にスタイリッシュで、葉っぱもまた全然違います。

これをイラストで表現するというのは、想像以上に難しい!言うは簡単!!

rioさんは専門書までご覧になって、こちらの要望を細部まで忠実に再現してくださいました。

誰がどう見ても、ツツジ・シャクナゲですよね!?それぞれらしさが表れていて、とても美しい!!




こちらはrioさんが送ってくださった、彫っている過程のお写真です。

この細かさ!!まさに職人技です!!




そして店のロゴですが、ハケで描いたようなかすれ具合にこだわったと、

当時ロゴデザインを依頼したお義母様がおっしゃっていて、そのこだわりも見事再現されています!

このインクを一度もつけていない純白のハンコの写真も、貴重だな~と思って嫁は眺めております。




rioさんのハンコといえば、黒いインクがスタンダードなんですが、

手元にあったピンクと赤のインクでグラデーションやってみたいという安易な考えで失敗した図です。




やっぱり黒が引き立ちますね。細かな線まで本当に美しいです。

楽天でお買い物したいただいた方へのサンクスカードに使えないかと考えております。

本当にステキな、唯一無二のハンコを、ありがとうございました!


実は、こう言ったハンドメイド作家さんへのオーダー依頼というのは初めての経験だったのですが、

そのきっかけは、転勤で当店のある只見町に来てくださった樹脂粘土のハンドメイド作家さんとの出会いでした。

まるで手で作られてるとは思えないほどの器用でかわいい作品の魅力にぐいぐいと引き込まれていきました。

人間的な魅力にも溢れていて、嫁とその方はすっかり意気投合しました。

その方は実はこの春、次の場所へ転勤で引っ越しされ、お別れとなってしまいました…。

かなり意気消沈していた嫁でしたが、その方との繋がりで知り合えたriostampさんの作品が、

ちょうど引っ越されて間もない間に届いて、飛び上がるほどうれしかったのです!

rioさんのハンコを見るたび、引っ越したお友達のことも思い出せる、最高のハンコになりました。

ハンドメイドの世界、全く知らない世界でしたが、こんなにも奥が深いとは!

皆さんこだわりを持っていて、その道を究め、人から尊敬されるような、技術とセンスをお持ちです。

ステージは違いますが、店長もツツジ・シャクナゲに関してはこだわりと技術とセンスを持っています!!

まだまだ修行の途中!もちろんハンドメイド作家さんたちも自分を乗り越えるために頑張っていると思います。

勝手に同志のような気持ちで、もっともっと花に真剣に向き合って、頑張っていきたいと思います!




立山桜の交配種と2ショット。開花期にご縁があったのも、また運命!


今日は完全に嫁の趣味の話でしたが、お付き合いいただきありがとうございましたm( _ _)m

最終更新:2019/04/16 14:30

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/04/10 11:05

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


さぁ!皆さん、お待たせいたしました!!

園芸業界がいちばん活気づく母の日!大好きなお母さんへ感謝の思いを届ける日です!




「シャクナゲ専門店が贈る母の日ギフト」

今年は、4月から早割予約販売スタートです!!


昨年、初めて楽天市場にて母の日商品を出品し、だいぶ手ごたえをつかんできました!

昨年は5月1日にようやく販売開始をしたところでしたが、今年は4月中に予約販売の準備が整いました!

4月中にご予約頂きますと、早割得点でポイント5倍進呈いたします!!

お母さんだけじゃなく、自分も嬉しくなっちゃう!!早期予約がぜひおすすめです♪



母の日のプレゼントと言って、「シャクナゲ」と思い浮かぶ人は少ないと思います。

それもそのはず、母の日の花ギフトとして、シャクナゲはほぼ出回らないのです。

理由としては、5月中旬の母の日には、生産地の新潟県も含め全国で開花期が終わってしまっているから。

でも、「花木の女王」と呼ばれるこの豪華なシャクナゲ、こんなに母の日にふさわしい贈り物はありません。

そこで当店は、シャクナゲ一筋の熟練生産者が、ギフトのためだけに作った逸品を、

日本有数の豪雪地帯である当店の気候を利用し、開花期を調整して、

母の日に開花時期の照準を合わせた最高のギフトをご用意することができました!

ぜひ、いちばん感謝を伝えたいあなたのお母さんへ、最高の思いとともに贈っていただきたいです!




ドック

西洋シャクナゲ「ドック」


オクハヤデ

昨年人気No.1!

西洋シャクナゲ「オクハヤデ」



モーニングマジック

西洋シャクナゲ「モーニングマジック」


昨年大人気だった西洋シャクナゲ3種を揃えました!

どれも色合いが異なりますので、お母様の雰囲気にあったお花をお選びください!

どれも使用している鉢は純白の陶器鉢です。高級感が漂います。

西洋シャクナゲは上へ上へと伸びる性質があるため、樹姿が間延びしてしまう感じですが、

こちらはどれもシャクナゲ一筋の熟練生産者がその長年の技術を駆使して

鉢に見合うこんもりとした、かつ蕾がぎっしりとついた美しい樹姿を作り上げているのです。

そういわれると、すごくかっこいい、バランスのいい感じに見えてきませんか?(見えてきました!嫁は)






さらに!今年はオリジナルメッセージカードをお付けします!

自分の言葉でお母さんに思いを伝えたいあなたへ。

ご入力いただいた文字をそのままメッセージカードにしてお母さんへ届けます!




お選びいただいたお花の開花画像とともに、ご入力いただいたお客様のメッセージが入ります。

ほぼ名刺と同じサイズ(約5.5cm×9cm)です。

※メッセージは全角100字以内でお願いします。




また、大型店では難しい日時指定も、当店なら承れます!

5/8(水)~5/12(日)の間で希望日をご指定ください!(※ただし11,12日は時間指定不可となります)



昨年、母の日に当店のシャクナゲをお選びいただいたお客様からも嬉しいお声をいただきました!

「母がとても喜んでいた」「母の笑顔と花の写真が届いた」などなど。

こちらとしてもとても嬉しくなります!

今年も、最高の母の日になるよう、皆様に喜んでいただけるシャクナゲを用意してお待ちしております!

ぜひ、お母さんに喜んでもらえるシャクナゲギフト、ご検討ください!!

最終更新:2019/04/10 11:05

2019/04/09 09:31

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


保育所の春休みは小学校等の春休みよりずっと短いんですが、入所式を含めず土日もカウントすると、おおよそ9連休。

その間ほぼ毎日子連れ出勤でした。自営業の利点で、おばあちゃん(義母)もそばにいてくれて本当に助かりました。

春の繁忙期、やりたいことは山ほどありますが、子供がそばにいるとなかなかうまくはかどらず…。

子供たちも毎日花屋に連れてこられ、後半になるにつれ飽き飽き…。

子供も大人もつかれた~…な9連休でした。

会社勤めで本当に子どもと接する時間が短い家庭もある中で、恵まれた環境だとは思います。

嫁は今年の4月で花屋に勤めだして丸1年になります。

子供たちは今年から年長と年少になりました。来年はいよいよ小学校入学です!

大きくなれば手がかからなくなると思いきや、そんな甘くはないですね。

先輩方には「今だけ、一時だけだよ~」なんて言われますが、その「今だけ」が長い(笑)

長男の反抗期も今だけ今だけと思って乗り越えましたが、やっぱりその渦中は長かった記憶があります。

やっと昨日から通常保育になりました(^_^;)

休み明け、少し登所をしぶっていましたが、行けば行ったでお友達と遊んでくたびれて帰ってきてくれます。

さあ!親もシフトを切り替え、フルスロットルでがんばるぞ!!




こちらは先週末の晴天の日の様子。店脇のハウス建設をしました。

昨年は3月末日に設置していたようです。




この日は晴天でしたが、その一昨日には4月に月変わりしてまさかの大雪もあったり。

いつハウスを建てようか週間予報とにらめっこ。




この日は春の嵐が吹き荒れており、風が強くビニール張りは断念しました。

畑脇のハウスと同様、骨のままです。




最後の最後に活躍してくれたプールも撤去しました。




畑のハウスです。ようやく雪の積もってない様子をお見せできます(笑)




ツツジ畑です。これから天気予報とにらめっこしながら、鉢起こしもしていかないとですね!




シャクナゲ畑。こちらは店長が一人で半日かけて一列鉢を起こしてくれました!




さぁ!春本番!!

気持ちを上向きに、がんばっていこう!!

最終更新:2019/04/09 09:31

2019/04/03 11:46

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


4月になってしまいましたね!

4月1日には、平成の次の新しい元号が「令和」であると発表されました。

只見町には「明和(めいわ)地区」というのがあって、

「めいわ!?」と聞き違えた只見町民も何名かいました(^_^;)

「明和」という元号もいいですね。明るく和む、でもありふれてるか?

新しい時代も、平和で豊かな時代になるといいですね。なんて、月並みなことを言いますが、

自分たちの子供たちが生きる時代、願わくば、あまり大きな変化もなく、ただ平和を祈ります。



さてさて、全国では桜の便りが届きますが、こちら只見でも春のような陽気が続いていました。

いましたが!昨日から季節が逆戻りしたかのように断続的に雪が降り続いております…。




今年の雪の少なさを取り戻すかのように、本気降りしております…。

せっかくアスファルトや畑が顔を出していたのに…。いろいろと作業がストップしてしまいます。




前回の記事で、3/15のハウスの様子をお伝えして、その後雪は消えたんですが、

昨日一日でまた元通り…というか元以上に積もってしまいました。




店裏の棚。実はここに、12月に横渡しにしていた板をはずしたばかりだったんです。

もうさすがにこれほどは降らないと思ったから…。板を外した通路には無残にも雪が積もっております。




今シーズンはほとんど出番がなかったプールも、今日は放水です。

ほんとプールも撤去しようと思っていたんですがね。最後の最後に活躍です。




さて、打って変わって、1月下旬に建てたハウスインハウスでは、ポカポカ陽気の春のようです!




素人目に見てもわかるくらい、ぐんぐんと芽が動いているのが分かります!




なんと!花が開花しているのを発見しました!

こちらはヤクシマハイヒカゲツツジですね。

(ハイヒカゲのハイは英語のhighではなく、這うように咲く「這い」です)




こちらは青い宝石「ブルーダイヤモンド」です。大人気のブルー系ミニシャクナゲ、

がんばってたくさんの数を皆さんにお届けしたいと思っております!




こちらにも白いお花が!この丈でも花が咲くんですね~。小さくてかわいらしいです♪




やはりブルー系はパッと目を引きますね!


一度は訪れたかと思ったら少し遠のいてしまった春。じらさないで、早くやってきておくれ~!

最終更新:2019/04/03 11:46

2019/03/25 14:07

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


気づけばもう3月も下旬ですね!3月は生花部の大繁忙期です!!

ブログの更新頻度が下がり申し訳ありません…。

全国的にも桜の開花の便りが届きだし、そうかと思えば寒の戻りでまた雪でうっすら白く染められたり。

当店もバタバタとせわしなく春を感じております。ハウスはまだ骨のままです。




これは3月15日のハウスの様子です。田んぼの泥が露出していたのですが、一晩で真っ白に!

でもご安心を。現在はもう雪はすっかり消えていますが、なかなかビニール張りまで行きません…。



さて、では今日はずっと温めていたネタを。

またまたシャクナゲの接木ワザなんですが、今回は本邦初公開の「芽接ぎ」を紹介します。

芽接ぎとは、どうしても増やしたい品種がある場合に、芽1つからでも接いで増やせる方法なのです。




こちら、枝に小さな芽があります。葉っぱや枝が伸びる芽ですね。




その新芽を、この角度で切って…

(矢印は曲がってますがまっすぐえぐらずに!紛らわしくすみません!!)




上からこう!切ります。




するとこんな穂木が切り出せました。新芽がポチっとついた小さな切れ端のようですね。




台木は普通に切ります。




いつもどおり、台木と穂木の形成層を合わせ、メデールで巻きますが、

この時、必ず芽は露出させておきましょう!(ピンボケですみません)

イメージとしては、穂木の葉っぱは巻かずに出しておくような感じです。






次は芽接ぎではないんですが、接ぎ木のまた変わった方法です。

もう切り取ってしまった後ですが、葉っぱが1枚だけの穂木を切り取ります。





これもピンボケかつ分かりにくい角度で申し訳ないんですが、

穂木をVの字のように、両側の形成層を切り出しておきます。




さて、次に台木ですが、ここから少しコツがいります!

木の皮を剥がすようなイメージで、形成層の部分をうま~く剥がします。




こうすると、いつもは線として露出する形成層が、面として露出するので、

活着する確率が格段に高くなるのです!




露出した形成層の面に、V字に切り込んだ穂木を差し込みます。





後はメデールでしっかりと固定します!

数が少ない品種を接いだり、小さい枝を接いだり、「これは失敗したくない!」という品種にはおすすめの方法です。

ただ、手間はかかるので、沢山数をこなす際にはあまり向かない方法ですね。

これは!という品種をお持ちの愛好家の皆様、ぜひ試してみてください!

最終更新:2019/03/25 15:23

ページ上部へ

カレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年
当店はこんな
場所にあります!
map

人口 約4,500人
平均積雪深 1.5~2m!!
最寄りのコンビニまで
  車で約一時間(笑)

シャクナゲ大国の新潟県と隣接しています。日本有数の豪雪地帯で、基本的にツツジ・シャクナゲは地植えは厳しい環境です。四方を山々に囲まれ、本当に自然のみで満たされた町です。秋の紅葉は美しく、冬は「只見ふるさとの雪まつり」が開催されます。
カテゴリ:只見町
当店の見取り図

<関連記事>
宝の山の紹介
水やりの仕方徹底解説!
当店の年間作業スケジュール

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム