【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

自己紹介
挿し木の仕方.jpg 接ぎ木の仕方.jpg ツツジの育て方.jpg シャクナゲの育て方.jpg
↑ 楽天ショップの各解説ページへとびます。
top02.jpg
↑期数量限定お買得コーナー開設しました!全品一点モノ!お急ぎください!

2017-12-08 15:41

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


今週頭から、新商品のセット販売プロジェクト(大げさ…)を始動しておりました!

やっとそのセットが形になったので、皆様にご紹介したいと思います!!

店長がかねてより温めておいた、本当は誰にも教えたくない、魔法の裏ワザ・・・



二重底鉢栽培セット
植物がグングン育つ!根腐れ知らず!魔法の裏ワザ!
二重底鉢栽培セット(当店オリジナル用土・素焼き鉢・
鉢底ネット・肥料・日本シャクナゲの苗の5点セット)
です!!!


いろんな園芸ショップさんで、栽培キットの販売がされていますが、

当店はツツジ・シャクナゲ専門店。ということで、

初心者の方にこそお試しいただきたい、シャクナゲの栽培セットを

満を持して用意してみました!


店長の力の入り具合が伝染し、嫁もかなり力を入れて

ショップページを作成したので、まるまるコピーでお送りします!!



*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-*--*--*--*--*--*--*


左上 右上
ツツジやシャクナゲを育てていると、どうしても
水をあげすぎてしまうのか、根腐れしてしまうんです。
もっと短期間でグングンと大きくなってくれればいいのに…。
左下 右下


店長 左上 右上
みなさん、ツツジ・シャクナゲに限らず、植物を育てるうえでの共通の悩みは、
水のやりすぎによる根腐れや、成長速度の遅さなどでしょう。
その悩みを、少しの工夫で解決できたらすごいと思いませんか!?
知る人ぞ知る、根腐れを防いで、植物を大きく育てる魔法の裏ワザをお教えします!
その技の名は、二重底鉢と言います!
左下 右下




鉢の底に空間を作ってあげることで、自動換気機能付きの万能鉢になります!

水のやりすぎで植物が枯れるとよく言われますが、これは鉢の中に水が溜まり、空気の循環が悪くなり、
鉢の中に炭酸ガスが溜まり、その影響で根が腐るのが原因です。
水分で根が枯れることはありません。植物は養分と酸素があれば根が水に浸り続けても
腐ることなく成長します。(水耕栽培など)

植物は常に呼吸(ガス交換)をしています。酸素を吸って二酸化炭素を出し続けています。
夏に弱いとされる植物の多くは、気温が上がると激しく呼吸をするようになります。
そのため鉢の中は炭酸ガスでいっぱいになります。ですが従来の鉢では炭酸ガスが抜けにくい構造になっています。
ガス抜き要素をたくさん鉢の中に取り込んでやれば、植物は基本的には根腐れで枯れることはないのです!

また、素焼き鉢を使うことで夏場の鉢の温度が下がり植物が弱るの防ぐ効果があります。


炭酸ガス(CO2)が自動的に抜ける!
鉢底に空間を作ることにより、植物の枯れる原因とされる炭酸ガス(CO2)が
自動的に効率よく抜ける(空気より重いので)ため、植物を枯らしにくく育てることができます。

酸素が自動的に取り込める!
空気より重い炭酸ガスが下部に自然に抜ける代わりに、根に最も必要とされる酸素が上部から自然に入ってきます。

水が溜まらず根腐れしない!
鉢底に水が溜まる心配がなく、空気の循環が頻繁なので、水やりは少し多く与えても大丈夫ですが様子を見ながらほどほどに。


二重底鉢の効果
niju01

今回は高山植物でも比較的難しいとされる、キバナシャクナゲで試してみました。

何とびっくり!!!
左が二重底鉢で1年育てた株、右が普通のポットで1年育てた株です。

この成長速度の違い!ぜひ実感していただきたいです!
niju02

根っこの張りもこの通り!
写真だと少しわかりにくいかもしれませんが、全体に元気よく根が張っています。この時の用土は小粒を使用しましたが中粒などを使うともう少し根が張ると思います。



二重底鉢のやり方

1.鉢を用意する
niju03

それでは早速2重底鉢の作り方を紹介します。
全然難しくないですよ。
鉢の下に1cm以上の空間を作ってやるだけです。

シャクナゲ類は横に根が張りやすいので7号の平鉢を使いましたが、9cmポットなどを植える場合は5寸鉢で植え付けた方が良いような気がします。環境や種類によってに多少変わりますので様子を見ながら変えてください。

yajirushi
2.鉢の底に空間を作る
niju04

防虫ネットで輪を作り下に敷きます。
空間ができるものなら何でもかまいません。

niju05

次に鉢の大きさに合わせて防虫ネットを切り、下に敷きます。

yajirushi
3.植物を二重底鉢へ植える
niju06

後は普通に土を敷き植物を植えます。
今回使った土は鹿沼土中粒9:軽石1です。
人によっては細かい土だけを使われる方もいます。
お好みで使い分けてください。

小粒を使うと土と土の間にたまる水がどうしても溜まりますので小粒を使いいまいちよい結果が出ない場合は中粒を使うと良い結果が得られることが多いです。

niju07

9センチポットからキバナシャクナゲを出した状態です。
あまり根を崩さなくても自然と張っていきます。
ただあまりにも根ががちがちに詰まっているときは、
多少ほぐしてやってください。

niju08

後は植物を置いて土を入れるだけ。

niju09

出来上がりです。
とっても簡単なひと手間のみですので、
是非一度試してみてください!

yajirushi    yajirushi    yajirushi
niju10

そしてこちらが、その二重底鉢に植え替えて1年後の
キバナシャクナゲです!!
やはり成長速度が断然違います!試さない手はない!!




店長 左上 右上
いかがですか!?本当は誰にも教えたくなかった魔法の技ですが、
当店にお越し下さったお客様だけに、こっそりお教えしました!
材料もホームセンターですべてそろうので、ぜひお手元の苗で
お試しになって下さい!短期間で二重底鉢の効果を実感できると思いますよ!
左下 右下

左上 右上
えぇ~?でもどうせだったら、
二重底鉢のセットのようなものがあれば、
すっごく便利なのになぁ~!!
左下 右下



そんなお客様のために!

yajirushi    yajirushi    yajirushi

シャクナゲ初心者の方にこそお試しいただきたい!

失敗しらずの魔法の二重底鉢セットを、

店長自らこさえました!




このセットですぐにでも栽培が始められる! 日本シャクナゲの苗が付いた5点セットです!

苗ありセット
植物がグングン育つ!根腐れ知らず!魔法の裏ワザ!二重底鉢栽培セット(苗あり)当店オリジナル用土・素焼き鉢・鉢底ネット・肥料・日本シャクナゲの苗の5点セットです。
お手持ちの苗で二重底鉢を試してみたい方に! お買い得なお値段のセットです!

苗ありセット
植物がグングン育つ!根腐れ知らず!魔法の裏ワザ!二重底鉢栽培セット(苗なし)当店オリジナル土・素焼き鉢・鉢底ネット・肥料の4点セットです。


*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-*--*--*--*--*--*--*



以上、店長渾身の栽培セットのご紹介です!
(嫁渾身の紹介サイトのご紹介です!)

シャクナゲ初心者の方にこそお試しいただきたい!

シャクナゲの栽培は少々コツがいりますが、

この方法(むしろ栽培セットを使用せずともホームセンターでそろいます!)で

成功体験を多くの方に味わっていただきたいと思います!!

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-12-04 11:23

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


週末は気持ちよく晴れていましたが、夫婦ともに不在にしておりました。




週末の天気も手伝って、ついにふもとの雪は完全に消えました!

雪が降る前に戻った!この時を待っていた!

土が乾いてからでないとできない作業をいろいろやります。

今日は殺虫剤を蒔いたり、空ケースを片づけたり、ごみを片づけたり

いろいろ細かいことをやりました。











みんなまたこうして、雪から顔を出してくれてうれしいです。

夏の間は何気なく眺めていた風景も、

一度雪の下になって見えなくなってしまい、再び青や赤の葉を見ることができて、

夏の頃の手伝い始めの頃とは違う、花たちへの愛おしさ?みたいなのが

嫁にも芽生え始めてきました。

やはり手をかけるとかわいいですね。

全ては、1年で数か月だけの開花期のために。

まさに「冬眠」ですね。横になって、おやすみなさい。

2017-11-29 16:57

皆さん、こんにちは! 花屋の嫁です。


今日は晴れの予報だったんですが、

すこ~し日差しがさしたかと思ったら、冷たい雨が・・・

雪とかしの雨になってくれればいいんですが。

今日は合羽を着て、嫁も出陣です!


Dsc_0166.jpg

棚の下にもぐる小柄な嫁。




棚の下に、現役出品者たちを整頓させます。





今日は、ハウス脇に水路を作ります。

画面向かって右が、ビニールを張り替えたハウス

画面向かって左が、ヤマツツジを置いた棚です。

画面奥には、挿木・接ぎ木ハウスがあります。

ハウスに積もった雪が落ち、落ちた雪が山になり、

積もった雪が落ちなくなってしまうと、ハウスがつぶれてしまうので、

そうならないために、雪が落ちる場所にL字型に消雪プールを作ります。

プールになる場所に、木の板で境目を作ります。

ビニールハウスの付け根にも、木材を置きます。

上からブルーシートをかぶせるので、水の重みでビニールに食い込むのを防ぐためです。




そして水路に等間隔に高さのある木材を置くと、水が溜まってプールになります。

こうすることで消雪効果が格段に上がるんだそうです!

長年の豪雪地帯の経験からくる知恵です!




L字の角の部分は強度が必要です!

結構な水圧がかかるんだそうです。




そしてブルーシートを上から敷きます。

水がのるのであまりピンピンに張らずにゆとりを持たせます。

建築用?のホチキスでバチバチ止めます。

ハウス側は黒い紐の先にある金具でブルーシートをくくりつけます。




水路(プール)が出来上がりました!

水漏れする箇所がないか確認します。




堀の水をポンプで組み上げて、プールに流します!

成功なるか!






おぉ~!成功です!!

これで冬の除雪が格段にラクになります♪

豪雪地帯では、ハウスを潰さずに冬を越すのが本当に大変なのです。

ハウスが潰れてしまっては大変(>_<;)

このプールにがんばってもらいましょう!!

2017-11-28 11:47

皆さん、こんにちは! 花屋の嫁です。


天気は一進一退ですね。

昨日今日は、天気マークは晴れですが、気温がそこまで上がらず

一度積もった雪はなかなか消えそうにはありません。

焦りばかりが募りますが、これも自然の流れならば仕方ない。

できる範囲でやって、春を待つしかなさそうですね。



今日の内容は、冬支度とは関係ないですが、数日前の作業風景です。





こちらは挿し木たちが冬を過ごすハウスです。

こちらで冬の間は店長が接ぎ木をする予定なので、少しお片付け。





ワイヤーを張って





ビニールを張って、ハウスの中にミニハウスが完成。

接ぎ木をした子たちがここに並ぶ予定です。




さて、こちらは先日店長が首を長~くして待っていた

アメリカから届いた輸入苗
です。




海外からの土は持ち込み厳禁なので、「根洗い」といって

キレイに土を洗い流してあります。

このままでは生きられませんので、もちろん土に植える必要があります。




日本の鹿沼土を、さぁご堪能あれ~!




そして、根が全く張ってないので、ビニールで縛って補強をします。




葉っぱがみんな独特ですね!嫁は見たことがないものばかりです!

実は前回輸入苗を仕入れた時、到着に時間がかかりすぎて

届いたときには枯れてしまっていたものも多かったので、

今回は時間はかかったけれどもみんな生きていてほっとしました。

しっかり根付いてくれれば、皆様のもとにお届けできるかと思います!!

2017-11-24 15:14

皆さん、こんにちは! 花屋の嫁です。


嫁は、長男のお遊戯会があったり、旗日があったりで

ここ2日ほど休んでいたのですが、

その間も店長はカッパ着て冬支度の日々でした。

あれから雪は降らないながらも、気温が上がらず、一度振った雪は解けず…。

何とかもう一度、天気になって雪が溶けないかな~と思っていたころ・・・



Dsc_0155.jpg


今朝の9時前から突然本降りに!!!

一気に只見の本気降りになりましたよ(((;゚Д゚))

いやぁ~、さすがに、今年はちょっと雪が早すぎる・・・

冬支度の開始も、早いとは言えないけど遅くもなかったはず。

現時点でこの降り方ではいろいろとアウトです・・・。



Dsc_0155.jpg


シャクナゲエリア。今日はみんな総出で、できる範囲で片づけます。

元田んぼの土地。水を吸ってぬかるんで歩きにくい…。

雪が乗ったケースや鉢もいちいち重い…。



Dsc_0155.jpg


ツツジエリア。急いでみんな横倒しにします。

本当はまだ横倒しにはしたくないそうですが、最悪の場合を想定した応急処置。



Dsc_0155.jpg




Dsc_0155.jpg


店裏の棚エリア。棚の間に木の板を渡して屋根にします。

この屋根の下にも商品をしまいます。

「木の板はぴったりすぎると下の植物が枯れてしまう!

隙間が空きすぎると、この上に除雪機が乗るんだから落ちてしまう!

適度に隙間開けて!!」とゲキを飛ばす店長。

嫁はじめ、みんなもうフラフラです・・・。



Dsc_0155.jpg


これはヤマツツジ。ヤマツツジは土にも木にも触れると腐ってしまうんだそうです。

雪解けの際に蒸れて腐ってしまうんですって。

なので地面には置けないし、横の木の板にも触れさせないように置きます。

でも雪の下になっても大丈夫。不思議な植物ですね~

(まぁ雪のない地方には関係のない話ですがね~・・・)


取り合えず今日できるのはここまで。後は本当に天気頼みです。

あと2日でいいから、どこか晴れないかな~。

本当に雪というのは園芸店泣かせです( ノД`)

ページ上部へ

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム