【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
自己紹介
挿し木の仕方.jpg 接ぎ木の仕方.jpg ツツジの育て方.jpg シャクナゲの育て方.jpg
↑ 楽天ショップの各解説ページへとびます。

2020/02/21 17:00

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。




2月とは思えないほどの暖かい日です。

町内のスキー場は、数日オープンしては休業し…。今ではスキー場のおなかは土が見えている状態です。

週末に長男のスキー教室がありましたが、中止になってしまいました。致し方ないですね。





さて、昨年は1月末にロケットスタートした、挿し木苗の植え替えですが、

今年は今週頭、2月中旬にスタートです。2年前は3月スタートなので、若干早いでしょうか。

昨年は一発目にブルーダイヤモンドでしたが、今年はやはり当店で一番力を入れている、

信濃ツツジ「銀河」からスタートです!




挿し床から、挿し穂を引き抜きます。




だいぶいい根っこですね!モリっとしてて、土をしっかり掴んでいます。

今年はだいぶ明暗が分かれました。ケースによってはほぼ100%の発根率のものや、ほぼ0%のものも…。

日当たりや水のかかり具合など、何らかの原因がありそうです。毎年勉強ですね~。




ちなみにこの挿し穂は昨年6月に挿しました。

こんなに青々とした葉っぱすべて落葉し、約8か月後にはこんなに立派な根っこが生え、

細い穂木は、細いながらもしっかりと木質化しているんですね。




挿し床から掘り出した穂木は、粗目のピートモス100%をしっかり湿らせて植え替えます。

ぎゅっと固めすぎず、気持ちふわっと植え替えます。




植え替えられた銀河の苗がずら~っと並びました。

また今年も、すくすく大きく育ってくれることでしょう!成長が楽しみです!





さて、昨年末に種を蒔いたシャクナゲ実生苗(種?)たちですが、

コチラの記事で1つ発根が確認できたとお知らせして以来ご無沙汰ですが、

今ではだいぶにょきにょきと大きくなっております!

成長が進んできたので、最近になって慌てて毎日写真を撮り始めました(笑)

2/14~21のちょうど一週間の成長の様子を、gifアニメにしましたのでご覧ください!




それぞれの緑の葉っぱがしっかりと目視できるほど、大きくなっていますね!

種からシャクナゲを育てるところを見るのは嫁は初めてなので、なんだか愛おしいですね♪

日々の成長は分かりにくいですが、2/21から2/14に戻るとガクっともとに戻るので、

おぉ!1週間でこんなに!と分かりますね。まるで自由研究みたいですね(笑)

また随時、お知らせしまーす!

最終更新:2020/02/21 17:02

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2020/02/16 13:48

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。





以前コチラの記事でチラっと触れた、店長の電子工作ブーム。

ブームなんて言うと軽々しいですが(笑)、2020年度から小学生でも必修のプログラミングを、

なんとか植物育成に生かせないかと、苦手なパソコンと向かい合う日々。

ようやく形になったので、お披露目したいと思います!




ジャジャーン!配線があまりきれいではないですが、そこはご愛敬。

台所用密閉タッパ容器という手作り感満載な装置ですが、

名付けて「お手製Arduino(アルデュイーノ)水分,温度計」です!!




この基板のことをArduinoと呼ぶそうですが、Arduinoをパソコンに接続して、

プログラミングを教え込ませることで、パソコンから切り離しても、プログラミングされた動作を

するようにすることができるんだそうです。

また、矢印の部分にmicroSDカードを挿入して、取得したデータをcsvファイルとして記録していくことができるんだそうです。

それもこれも、プログラミング!




さて、「取得したデータ」とは何のことか、こちらを使って計測します。

黄色いまるい?頭がついて、銀色のトンガリが2本生えているものが「水分計」、

黒いケーブルの先にシルバーのセンサーがついているものが「温度計」です。

このセンサーたちを使って、土中の水分量と温度を計測し、データ化できるのです。画期的!

ちなみに水分計の先についているシルバーのトンガリは、ホームセンターで購入した、BBQ用のステンレス製の串です(笑)

(金属製なので電気を通し、土に挿しやすい構造をしているので採用!)




そして取得したデータは、モニター表示させることもできるんです!これもプログラミング!

左から、土の中と外の温度、一番右が水分量です。

黒いケーブルの温度計、片方を土の中へ、もう一方は土の外に出しておくことで、

土の中と、外気の温度を両方図ることができます(この場合は、24.5℃と、27.0℃)

また、水分量は、ゼロが「0」と表示され、100以上の数値で十分な水分量だと分かります。(上限が100ではないのです)

下の行は日時です。何月何日何時何分に温度がこうだった、水分量がこうだったと、後程グラフ化することも可能!




実際にはこのように使います。水分計を土に挿し、温度計の一つも土に挿し、1つは土の上へ。

土へ挿すと、数値がみるみる変化していきます。水分量は「129」。水分量は十分にありますね。

土中の水分量が減ってくると、警告ランプが灯るようにも設定できます。水やりのタイミングを教えてくれますね。

何分間に一度計測するとか、頻度も調整できます。それも、プログラミング!


ここまで来るのにエラー、エラーの連続…。

いろんな方から知恵を授かり(特にお義兄さん(雪まつりで裸になってがんばりました(笑)が電子工作に詳しいので)

なんとかここまで、使用可能になるところまできました。

いまだにまだ不安定なプログラミングですがやっとやっと形になって感無量です!

信濃ツツジなどを保管する場所の一鉢に設置し、夏場の水切れを未然に防ぎ、活躍してくれることを祈っています!



まだまだ、プログラミングを使ってやってみたいことがあります。

「こんなことをするにはどうやったらいいんだろう?」、アイディアが浮かべば、

それを具現化するために、今まで使ったことのない脳の部分をフル活用(笑)

実は今年、長男が小学校に入学します。小学校のプログラミング、親はついていけるかな?

自分たちが経験したことのない学習要項を少しでも垣間見させてもらえるのはありがたいですね。

また何か電子工作ができがったら、披露したいと思いますのでお付き合いくださ~い!

最終更新:2020/02/16 13:48

2020/02/10 16:28

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。


先週末の2月8日(土)、9日(日)は、「第48回只見ふるさとの雪まつり」でした。

2年前の雪まつりは、事細かにレポートしていた気がします(笑)

只見ふるさとの雪まつりを覗いてきました!(2018/2/9)
只見ふるさとの雪まつり1日目 (2018/2/11)
只見ふるさとの雪まつり2日目(2018/2/12)





今年は、前回の記事でもお伝えしましたが、1週間前までご覧のような様子だったんです。

豪雪地帯只見町が、雪がないと喘いでいたんです!!

それが3日前には恵みの雪が降り、上の写真の土部分はすっかり隠れ、雪まつりの会場らしくなったのです!





こちらが雪まつり当日の様子。大雪像は例年よりもひとまわり小さいですが、

それでも立派な大雪像ができました!只見町の意地ですね。雪像職人に感謝です!




こちらが「雪ん子市」です。町内外の飲食店等が軒を連ねて様々なものを販売しています。

こちらも祭りの醍醐味ですね!暖かい食べ物や、この時にしか販売されないものも多数!




こちらは「只見町商工会青年部」のブースです。例年通り、射的と焼き鳥の販売です。

POP作りには、嫁も少しだけ注力しました。例年通り、店長はここで二日間缶詰です。




そして、嫁と子供たちはというと、こちらの雪の滑り台でエンドレスループです。

子供用の滑り台、こちらも作れるかどうかというところでしたが、数日前の恵みの雪の

おかげで、こんなに立派な滑り台ができあがりました!

今年は、大雪像と、こちらの滑り台以外の雪像はありませんでした・・・。

町内の小中高生が作る雪像も、商工会青年部が作る鎌倉もありません。やはりさみしいですね。

それでも雪まつり会場の外には、個人で作られた雪像がいくつ




さて、日も暮れた夕方5時、「雪中神輿し」の始まりです!

実は店長、昨年から商工会青年部の部長に任命されまして、その役回りの一つに、この雪中神輿しの先導役があります!

大勢の男たちの気迫に押し任されないよう、声を張りあげて神輿を先導します。

おかげで祭りが終わった翌日から声がでなくなってしまいました。大役を終えた安堵からでしょうね。




雪中神輿しが終わり、さらに日が落ち、大雪像は幻想的にライトアップされています。

この後始まる「厄払いの儀」に向けて、準備が進められています。




今年満42歳の厄年になる男衆がふんどし姿になり、会場の観客の中を走り回ります!

その裸の男の背中を「ご利益、ご利益!」と言いながら思いっきりひっぱたくと今年一年健康でご利益にあやかれるといいます。

そしてなんと!今年の厄男の中には店長の兄もいるのです!この寒空の中、ふんどし姿でよく頑張りました!

兄弟で今年は大役を務められた雪まつりでしたね!店長はあと2年後です!

ちなみに6歳の長男は叔父さんの晴れ舞台なのに、裸集が観客の中に降りてくると大絶叫で逃げていきました(笑)




さて、厄払いの儀が終わると、いよいよクライマックス!花火が始まります。




ちらほらと降雪がありますが、只見の雪まつりらしい花火大会になったと思います。

今年は大雪像もできないのではといわれていましたが、やはり大雪像と花火のコラボはたまりません。




花火が打ちあがる中、子供たちは滑り台のループ。まぁ、そのおかげで花火に集中できてよかったですが。

あの滑り台の高台からの花火も、なかなか見応えがあるもんです。




真冬の花火は空気が澄んでいてとてもきれいです!




以上、簡潔ではありますが、花屋の嫁の「只見ふるさとの雪まつり」レポでした。

何度も何度も言いますが、本当に今年は雪まつりが開催できてよかったーと思います。

店長も含め、祭り主催の関係者様のご尽力の賜物だと思います。

町民として、例年と変わりなく参加できたことに感謝申し上げたいと思います。

来年はおそらく今年よりもたくさんの雪でお迎えできると思います!(たぶん・・・)

一年で一番過酷なこの時期に(笑)ぜひ只見町にお越しいただきたいとおもいます。

最終更新:2020/02/10 16:28

2020/02/06 14:49

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。




ニュースにもなっていますが、現在、今季最大の寒気が日本列島に流れ込んでおります。

本来豪雪地である只見町にも例外なく今季最大の寒気が流れ込み、

まるで今までの遅れを取り戻すかのように、ドサドサと雪が降っております。




こちらは前回のブログ記事(2月3日)の様子です。

薄っすらと雪が積もってますが、地面が見えている面積のほうが広いですね。




本日(2月6日)の畑の様子です。今シーズン初の除雪機始動!




店舗裏の棚の様子もご覧の通り。棚の上の雪を見ると積雪深が分かりますね。

6日14時時点の積雪深は51cmだそうです!!

いままでが0cmだからと言って、一気に降りすぎだなぁ・・・。



さて、冒頭の写真は当店の店頭から、国道252号線を只見駅側に向いて撮った写真ですが、

この写真の奥に進んでいくと、今週末に開催されます、

「只見ふるさとの雪まつり」の会場があります。




これは1月末の雪まつり会場の様子。例年なら大雪像を作成するために堆く雪の山が出来上がっているはずですが、

今年は本当に雪がなく、山間から必死にかき集めてきた雪で、規模を縮小した雪像ステージを作っている様子です。

この写真を撮った数日後には雨が何日も降り続き、溶けないようにブルーシートがかぶせられていました。

本当に何度も言いますが、こんなに雪のない年は、只見町始まって以来ないのではないでしょうか?!
(90過ぎのばあちゃんも言っていますので間違いないと思います!)




そしてこちらが、先ほど雪まつり会場に足を運んでこっそり撮影した大雪像の様子です。

まるで雪まつりに間に合わせるかのようにやってきた大寒波!

さすが只見町、ポテンシャル高いです(笑)

雪まつりらしくなってきましたね!恵みの雪となりました。

今季最大寒波ということで、今年はもうこれ以上降っていただかなくてもよさそうです(笑)




季節が行ったり来たりで混乱してしまいますが、こちらは、雪のない雪まつり会場を撮影した日と

同じ日に見つけたタンポポです。タンポポですよ!?1月にタンポポ!!

毎年毎年気候が読みづらくなりますが、今年はさらに全く先が読めません!

ツツジ・シャクナゲたちにとって過ごしやすい気候となるのか、はたまた過酷な気候となるのか。


今週末は、只見町民が楽しみにしている「只見ふるさとの雪まつり」です!

その様子もお伝えできれば簡単にお伝えしたいと思っております♪

最終更新:2020/02/10 15:28

2020/02/03 14:16

皆さん、こんにちは!花屋の嫁です。




本日は節分ですね!1年で一番寒いころとも言われますが、

只見町の積雪は相変わらずです。時々白くはなりますが、ほとんどその日のうちに消えてしまいます。

只見町に長く住む長老たち(笑)も、こんな年は今までにないと口をそろえて言います。

積雪が少ない年は何年かに一度はありますが、今年は文字通り「ない」んです。

夏になり、水不足にならないか、はたまた豪雨にならないか、しっぺ返しが不安です。





さて、今年は嫁は申し訳ないほど接ぎ木しておりません(笑)

ほぼパソコン要員となっております。接ぎ木は店長の専門職となっております。

そのためブログへの登場回数もガクッと減っております。




嫁も自分が手を動かさないと覚えないんですが、店長はまさか早い早い!神業です!!!





今年も接ぎ木のミニハウスには、ひしめき合うように接ぎ木苗がずらっと並んでおります。

接木後は湿度が重要!湿度が逃げないように密閉させ、しっかりと活着していってもらいましょう!




さて、日々接ぎ木に明け暮れる店長ですが、空き時間を見つけては没頭しているものがあります。

それがこちら、「Arduino(アルデュイーノ)」という電子工作の基板です。

なんだか見ただけでくらくらしてきそうです…。

この基板に、カラフルなケーブルやら、LEDやら、USBやら、いろいろ接続するんだそうです。





パソコンに接続し、プログラミングを入力?して、基板にプログラミングを覚えさせるんだそうです。

そうするとパソコンから切り離しても、思い通りに装置が働くんだそうです。

はっきり言って、嫁よりもパソコンが疎い店主、一念発起して猛勉強しております!

年明けごろからずっとパソコンとにらめっこの毎日。

嫁は何をしているんだか、何をしたいんだか、チンプンカンプン。

それでも苦手なパソコンにかじりついて、ググってはコピペ、エラーが出てはまたググり…の繰り返し。

がんばってるなと思います。(コロンとセミコロンの違い分からなかった人なんですよw)




今はほぼ完成に近づいております!店長の汗と努力の結晶、乞うご期待!!

最終更新:2020/02/03 14:16

ページ上部へ

カレンダー

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
当店はこんな
場所にあります!
map

人口 約4,500人
平均積雪深 1.5~2m!!
最寄りのコンビニまで
  車で約一時間(笑)

シャクナゲ大国の新潟県と隣接しています。日本有数の豪雪地帯で、基本的にツツジ・シャクナゲは地植えは厳しい環境です。四方を山々に囲まれ、本当に自然のみで満たされた町です。秋の紅葉は美しく、冬は「只見ふるさとの雪まつり」が開催されます。
カテゴリ:只見町
当店の見取り図

<関連記事>
宝の山の紹介
水やりの仕方徹底解説!
当店の年間作業スケジュール

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム