【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2015/11/17 12:00

う~ん。
なんともはや・・・。

言葉が出ない悲惨な事件がフランスパリで起きてしまいましたが、
たぶん、たくさんの防犯カメラが現場を撮影していたことでしょう。

個人的な意見を言わせてもらえば、防犯カメラでそこまで重大な
事件が映されてほしくないです。

なんかもっと笑えるやつがいいですね。

アメリカのスーパーで撮影された間抜けな泥棒とか、この程度なら
いいですけど・・・。

さて、事件は圧倒的に夜に起きやすいわけで、夜間撮影能力は
防犯カメラにとって重要な機能です。

最近では、赤外線を使用しないスターライト方式がちらほら出始めた
ようですが、まだ種類は少ないかな。

赤外線を使用するモデルの時は、赤外線の照射距離、これが重要です。

例えば60mなんてなっていたら、60m先まで赤外線ががんがん飛んでいくことに
なります。

で、大体、最大照射距離か実用最大照射距離しかカタログに載っていません。

これって、結構問題です。

例えば、屋内用のモデルであれば、10mとか15mとか距離が短いので、
大きな問題になることはないのですが、さらに、本当に屋内なら赤外線が
反射して、カタログ値よりも広い範囲で使えることも多いです。

で、近い方も、よっぽど近い距離に近づかない限りは、結構きれいに映ります。

ところがです。

やばいのは、長距離照射するモデルで実際には近い距離に被写体があるときです。

見事に真っ白になっちゃうんですね~

しかも、時刻や気温に左右されたりもします。


近距離には近距離用を使いましょう
EasyN F-M137 MJPEGで古めかしいけど結構使いやすいです。


基本的に、屋外用で本体が大きくなれば大きくなるほど赤外線照射距離が伸びて
しまいます。

ときとして、これが問題になることがあります。

抑止効果を期待して、わざと大きな防犯カメラをつけたい時です。
時には屋内に屋外用のハウジングに入った巨大なカメラをつけたいこともあります。

で、このハウジングが曲者で、カメラより値段が高かったりする。

見栄え重視で屋外用のでっかいカメラが結局採用されちゃうという、なんともはやな
結果になるわけです。

そういうときはしょうがないので、赤外線の前に自動車用のウインドウフィルムを貼る
とか工夫が必要になっちゃうんですよね~

ということで、夜間撮影距離も購入前にちゃんとチェックお願いします。

最終更新:2015/11/17 12:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月