【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2015/02/10 00:00

気付いてみた
先週ついにブログのアクセス数が10000アクセスを突破してました。
しかも、全楽天市場ブログ内300位以内に入ってきました。

おめでとう!!!

しかし、その割に売り上げに結びつかない・・・・

え~と、

10000アクセス記念ということで、特に何がるわけではないのですが、
いろいろな国の人と話していて、なんとなく傾向があるような気がするので・・・

まずは、微笑みの国タイから・・・

去年、デング熱が流行るまさにその直前、タイからお友達が来ていました。
基板を製作するメーカーに勤めている『萌』ちゃんです。

萌ちゃんの会社は、数年前のタイの大洪水で見事に浸水しました。
やっと、すべてが正常稼働するようになった今年に、今度は火事で
建物を焼失・・・あ~あ・・・

のんきなのか、肝が据わっているのか、めげません。

そして、繊細に大雑把なところがあるような気がします。

タイの場合、原則、大きな問題は発生しづらいです。
繊細です。

しかし、やってくれます。
指示内容が具体的でないとき、自分たちで勝手に考えて、自分たちのセンスで
完成させてしまいます。

使用上問題はありませんが、見た目上問題があることが・・・

でも、やっぱり一番気になるのは、会社でも普通に働いているおかまちゃん
(レディボーイ)たちですね。特にトイレはどっちに入るのか・・・。

萌ちゃんによると、用を足すときは、男性、化粧をするときは女性用に入るとか・・・

続いて、我らが工場中国

中国製品というと品質が悪いとか安いだけとかいうイメージがありますが・・・

1. なぜ安いか?

 一番言えるのは、不思議な方法のコストカットとそもそも、粗利率が低い
 ちょっと考えればわかるのですが、ネットワークカメラに使われている
 肝となるような部品類の多くは日本メーカー製です。

 彼らなりにも、部品を比較検討して、結局日本メーカーの部品に落ち着きます。
 中国なら人件費が安いしとか考えても、原料費や部材、はたまたほとんど日本メーカー
 製品を使用している工作機器の金額は日本とさほど変わらないはずです。

 日本メーカーの部品を寄せ集めて(といっても、ちゃんとリファレンスに沿ってなので
 問題はないはず?)製造したとしても、ある程度の性能は期待できるはずです。

2. なぜ品質が悪いか?

 一応確認ですが、これはAbooが感じたことをある程度まとめてみた結果なので
 絶対どこでも同じというわけではありません。

 え~と・・・どこの会社でも同じだと思いますが、最初に発注するのはサンプル
 です。
 1個とか2個とかのサンプルを確認すると、いつもそれはそれはよくできています。

 そこで、最初の発注になります。

 1回目・・・No Problem
 2回目・・・問題なし
     :
 というように最初は問題ないです。

 そのうち、部品が足りなくなったとかで、納期が急に延びることがあります。

 ここで、メーカーを急かすと・・・

 あ~ら不思議!見た目いっしょの別物が来ます~~!

 もう一つ・・・

 最近円安なので中国製といえど、輸入価格が高騰しています。
 そこで、「もっとやすくできんかのぅ~?」と無理強いすると・・・

 あ~ら不思議!見た目いっしょの別物が来ます~~!

 昔、「NOと言えない日本人」なんて言葉がありましたが、中国人もNOと言えない
 ようです。
 ただ、彼らにとって無理な要求であったとき、見てくれだけ整えるというのは・・・

あと、中国製品にはもう一つ問題になる部分があるのですが、それは別の機会に・・・
長くなるので、キーワードは「QC」

最後に、このブログでもたびたび登場する我らがアイドル「韓国」様です

韓国様は本当に面白い。
というか、あり得ない。

製品の生産にせよ、何かの企画にせよ、ものには順序というものがある。
しかし、きわめて従順(?)な彼らは、上司から指示を受けると、現状がどの段階にあるか
まったく気にせず、超強引にでもすすめようとする。
これをパリパリ精神と呼ぶようだ。

するとどうなるか・・・

手順「A→B→C→完成」となっていたとする。
まだ手順Bの最中なのに、手順Cの担当上司が命令すると、な、な、なんと~~~~~!

適当に答えてでも強引に手順Cが完了してしまうのだ・・・
手順Bの担当者は手順Cの結果になるように業務の組換を行なう。

そこに手順Bの担当上司が命令・・・・

崩壊することは目に見えています。

そんな、中国、韓国、タイがジョイントで製品を作ると・・・
例え日本製の機材や日本メーカーの部品を使っていても残念な製品が出来上がります。

う~ん、書いてみたけどあまり面白いネタに仕上がらなかった・・・
申し訳ない。

具体例を挙げるともっと面白いけど・・・それはできないから・・・

ということで、全体をまとめると、実は、何気に純粋なMade in Chinaは
無理にプッシュしたりとかしなければ、実はまともなものが出来上がることが多いです。

そこに、かん・・・が混ざると・・・ということで・・・
Abooは、製品を確認するとき、何か国語に対応しているかを確認して、
か・・・がないときは期待できるなんて言う不思議な判断をします。

最後に・・・

10000アクセス突破で舞い上がってしまったのか、とりとめのない内容になってしまいました。
というか、アクセス数見た瞬間に、書こうと思っていたネタを度忘れしてしまった。
ダメじゃん!

最終更新:2015/02/10 00:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

今月