【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2012/03/28 10:09

-七人の迷子-
七人の迷子

今日は、私の高校時代の同級生「小山くん」のお話をしたいと思います。
小山くんは、ちょっと猫背でサッカーが大好きな、クラスの中では出来杉くんを6で割ったような少しだけ頭のいい存在の男の子でした。
そんな彼にはあだ名があり、クラスの数人は彼のことを皮肉と愛嬌を込めて「自己中」と呼んでいました。(*注 本当に意地悪な気持ちで彼を「自己中」と呼んでいたわけではありませんよ)
まー彼自身、1度も「自己中」だと認めたこともなく、私は小山くんを自己中心的な男とは全然思っていませんでした。  そう、あの時までは。

あれは高校の修学旅行で、東京・京都・大阪に行った時の話です。大阪の街をグループ行動で見学していたとき、何故か小山くんが急に迷子になってしまい、手分けして数分探し回りました。
しかし結局見つからず、彼も子供ではないので大丈夫だろうと判断し、引き続き大阪見学を続けました。

それから数時間後、私達はホテルに戻ることにしました。
ホテルに帰ってくる最中に、小山くんが最初に言うセリフは何なんだろう?とか、
彼は自己中だから急にどこかに消えてしまうんだよ!と笑いながら冗談を言ってました。
そしてホテルに着いた私達は、担任の先生と例の小山くんが玄関口で立っているのを発見。 ちょっとワクワクしながら彼らの元に歩いて行ったその時!!

小山くんが不機嫌そうな顔で一言
「お前ら、どこいってたんだよ~、探したんだぞ!!」

これには本当に皆、開いた口が締まりませんでした (;゚Д゚)!
何故かって? だって彼の中では7人グループの私達が迷子扱いになっていて、私達が勝手にいなくなった(迷子)んだと認識していたんですよ~。
その後、七人の迷子は先生からの熱いゲンコツを美味しくいただきました。

小山くん、迷子になったのも自己中なのもあなたですよ!!

最終更新:2012/03/28 10:09

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2012年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月