【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/01/20 15:49

毎度ご利用ありがとうございます。
トマトショップです。

ここ最近急激に寒くなってきましたね。

今年は暖冬だーって油断していたので体調悪くなってしまった。

皆様もお気を付けください。



さて、昨年末から発売になったCOWON PLENUE Dのご紹介です。


コンパクトかつ完璧なハイレゾプレイヤーCOWONコウォンPLENUE DPD-32G

シルバーモデルは入荷待ちでご予約となっていましたが、本日入荷を果たしました。
ゴールドモデルは在庫が若干数ございます。

これで堂々とレビュー書けるぜぃ!

COWON製品で供給が足りず入荷待ち予約になるのはなんとも久しぶりだな~

ということでこちらのPLENUE Dは大人気でございます。

当店だけでなく、他店様でも販売好調だそうです。

売れている理由はズバリ価格です。

PLENUE DはCOWON社が気張ってリリースしたハイレゾプレイヤーシリーズです。

PLENUE 1、PLENUE M と発売し、今回PLENUE Dの発売となったのですが、シリーズ中
極端に価格が安いです。

ハイレゾプレイヤーは再生周波数が44.1KHzを超える高解像度の音楽データの再生に対応し、
またその音源を遜色なく出力できる再生機です。

ハイレゾ音源はおもに配信により入手できますが、96kHz以上のサンプリング周波数で収録されています。
CDの音源が44.1kHzなので3倍以上の情報量で飛んできます。

その音楽データを再生できる機器となります。

人間が聞き取ることができる音の周波数が20kHz程度といわれておりますので
どうせ聞こえない音だとお思いになるかたもいらっしゃるようですが、
人間が音として認識する範囲であってそれ以上の音も感じることは可能です。
(先日アレルギーの都合で耳鼻科に行って聞いたのさっ)

ハイレゾは実際音として聞こえる以上の空気感、感情、雰囲気まで体感できる、生音となります。

さて、PLENUE Dはそのハイレゾ音源を余すことなくきちんと再生できるハイレゾ再生機です。

価格が安いのでハイレゾが再生できるだけで、出力は一般のポータブルオーディオと同じというわけではありません。

ちゃんとハイレゾのスペックで出力します。

音楽データはデジタル配信です。

そのデジタルの音をアナログに変換してイヤホンに出力するのですが、デジタルをアナログに変換する
コンバーター、いわゆるDAC(Dital Analogコンバーター)の性能が肝心カナメとなります。

PLENUE Dは192kHz/24Bitステレオの能力をもつDACを積んでいます。
55.jpg

正真正銘のハイレゾ再生機です。

★ハイレゾってどんな音がでるのか?

★なんとなく流行っているが高値のマニアック機器だべ~どうせ

と思っていた方々も何とか手が届くところまで来たと思いますので是非初めて見ては
いかがでしょうか?

是非お勧めです。

パーツ2へ続く...









最終更新:2016/01/20 16:05

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年