【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2009/07/30 18:20

■ カラクイ作りの工程

----それで、カラクイはどんな過程で完成していくんですか?

仲村職人
  1、まず始めに材料の黒木をカラクイの長さに切って長四角の棒状にする。

  2、カラクイの先(細い)部分をナタで叩きながら削っていく。
    この時内部にひびがあるのとかは、大きく割れたり、欠けたりして、
    カラクイとしての欠陥品がでてくる。
  
    15本やって10本位しか残らない。あとの5本は捨てる訳さぁ
    中国製とかは、すぐ機械で削るから、こういった内部のひびとかは分からないので、
    折れやすいカラクイとかが出来てしまっている訳さぁ。

    自分たちも捨てるのがもったいないから、ナタで打ったりしないで作ろうと思うんだけど、
    お客さんの手元に行ったときに割れてしまって迷惑かかるので、
    自分たちは慎重に選んで作っているよ。

----なるほど、だから仲村さんのカラクイはすぐ折れたりすることが無いんですね。
  納得しました。

仲村職人
  3、そして、飾りや模様となっている白や緑ラクトをボンドでくっつけて乾かす

  4、しばらく経ってラクトがくっつくと機械でカラクイの回りを削る。

  5、スイムディは頭の部分は手作業で糸鋸とヤスリで溝をほってメリハリをつける。

  6、機械の削りでは、表面は凸凹しているので、手作業でカラクイを磨いていく。

  7、凸凹が無くなり、黒檀の光沢が出てきたら完成!


----機械だけでは出来ないんですね!

仲村職人
  
  やっぱり細かいところは手作業でやらないと上手く仕上がらないさぁ

----ちなみに機械は何種類あるんですか?

仲村職人
  全部で16種類の機械で作っている
  これも全部いろんな部品で作ってあってどこにもない機械になっているわけさぁ

----この機械使って一日どれくらい作れるんですか?

仲村職人
  スイムディだとも1日5丁分位できる。
  あまり凝っていないモノは10丁分はできる。

  でも、注文も沢山入ってくるので、今だと注文受けてから2週間から1ヶ月は掛かるね。

----そうなんですか、今後は時間の余裕をもって注文するので今後とも宜しくお願いしますね。

  はいこちらこそ宜しくお願いします。


>>カラクイ職人に迫る!(その3)へつづく・・

最終更新:2009/10/17 11:35

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2009/07/30 12:10

カラクイ職人中村さん01
カラクイを削る職人さん


■ カラクイとは
カラクイとは三線の弦を巻き付けて音程を調節するための部品です。

カラクイスイムディ

絃を巻くときに力を入れるので、簡単には折れないように堅い木が良いとされ、材質は、黒檀、紫檀、ゆし、アピトン等があります。

また頭の方に象牙やラクトで装飾し、てっぺんに珊瑚や翡翠、オニキス等を付けた高価なカラクイもあります。
※(ラクトは印鑑などによく使われる合成樹脂の人工結合素材)


■ カラクイ職人の現状
ここ最近は中国産のカラクイが登場し、そのおかげで値段も安くなり一本800円から買えるようになりましたが、それに押されてか、沖縄のカラクイ職人が少なくなり自分が調べたところ4~5人しか残っていないのが現状です。

また中国製のカラクイは沖縄産に比べて質が落ち、モノによっては内部にひびがあったりして簡単に折れてしまうものも、2~3割はあるように感じます。

沖縄製は細部にまで凝っていて、なかなか折れにくいのが特徴です。

■ 仲村職人のプロフィール
そんな数少ないカラクイ職人の1人で、えるおきなわの高級カラクイを作っている仲村職人に取材に行きました。


----失礼ですけど仲村さん今何歳ですか?

仲村職人
  やがて80よ、

----は、は、80歳ですか!!

仲村職人
  今年で79歳になるさぁ

----79歳で現役っていうのはすごいですね!

仲村職人
  現役っていっても自分のペースで楽しみにながらやっているからさぁ、
  そんなに沢山の注文とかは(製作)出来ないけど、楽しいからやっているわけさぁ

----それで、カラクイを作りだしてから何年になるんですか?

仲村職人
  25年位前から作っているさぁ

----そんなんですか、でその前は何をなさっていたのですか?

仲村職人
  元々はは時計屋をやっていて、宝石とかも売っていたよ。
  時代の流れで、だんだん時計屋としての仕事がなくなったので、
  何をしていこうかねーと考えて、趣味であった三線のカラクイに目をつけたわけさぁ

  自分は、古典の師範の資格も取るくらい三線が好きだったので、
 (三線の)棹を作る人は割といたけどカラクイ作る人は少なかったから、やってみようと思ったわけさぁ。

■ 仕事場拝見
仲村職人
  そのころのカラクイは、全部手作業で作っていたから、朝から晩までやって、
  スイムディだと2丁分つくるが精一杯だった訳さぁ

  自分は時計修理とかやっていたので、機械とか電気とか良く知っていたので、
  機械化できれば早くできると思ったので、カラクイ作りの機械を作ろうと考え始めたわけさぁ

  それがだいたい25年位前かな?

----それまでは、カラクイの機械とかは無かったんですか?

仲村職人
  もちろんないさぁ

  どこにもないから自分で考えるしかなかったさぁ、
  朝から晩まで、カラクイを作る機械の設計図を考えていたよ。

  夢の中でいい考えが出てくることがあるので、いつも枕元にノートと鉛筆を用意してから眠っていたさぁ

----でその機械はいつ完成したんですか?

仲村職人
  今の形になったのが、作り初めて18年かかった

----じゅ・じゅうはちねん! 凄いですね!!
  じゃ今から7年前に完成したんですね。
  (ということは72歳の時に完成!この人超人!?)

----それで具体的にはどんな部品で出来ているんですか?

仲村職人
  洗濯機、オートバイ、ミシン、コンピューター、カメラ、テープレコーダとかの部品で作ったさぁ

  洗濯機はアメリカ製のモーターが上等で、何台も買ってきて必要なモーターとか取っていたさぁ、
  またオートバイは歯車(ギア)が必要で、十台位は買ってきて、分解してつぶしたよ。

・・・(すげー、ハ○ルの動く城みたいだ)

仲村職人
  いろんな部品を"たっくゎあして"(くっつけて)あるので、1トン近くあるさぁ

  だから、この機械のことは自分しか分からない訳さぁ、
  3年位前にこの機械をまねしたいって三線屋と電気屋が一緒に来ていたけど、
  電気のプロが、全くどうなっているか分からないって言って諦めて帰っていったさぁ

  この機械を譲ってくれって来ていた人もいたけど、
  調子がおかしくなったときの直し方とか、
  調整方法が複雑で難しい!っと言うことで諦めていったさぁ

----じゃあ世界でただ一つの機械ですね(笑)

仲村職人
  当たり前さぁ、自分の息子にも教えたいけど、
  電気の知識とかも無いと直したりメンテナンスも出来ないので、
  自分一代の機械だと考えている。

----それじゃ、仲村さんにもっともっと長生きをしてもらってカラク
  イを沢山作ってもらいたいですね(笑)

仲村職人
  まだまだ現役だよ(笑)

>>カラクイ職人に迫る!(その2)へつづく・・

最終更新:2009/10/17 11:35

ページ上部へ

カレンダー

2009年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月