【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2009/07/25 10:40

屋比久から望む本部ミャークニーの里
本部ナークニー

ひらめき 沖縄に来られる方の多くは北部へ、その大半は本部町の美ら海水族館にお越しになられます。沖縄民謡で本部といえば、「本部ナークニー」。地元では「本部ミャークニー」と発音しています。漢字にすると「本部宮古根」。由来は「宮古からの移住民が謡っていたトーガニアヤグが今帰仁に根付いた」とか。

道歌やモーアシビ歌、座敷歌、労働歌など数多くの歌が琉歌形式で本部ミャークニーとして歌い継がれていますが、歌碑に相当するものはないようです。そのかわり、本部ミャークニーに出てくる地名が名護から今帰仁に向かう国道449号線や旧道の県道116号線あたりにたくさん残されています。地図を見ながら、車レンタカーで地名オリエンテーリングをしてみては?

取材では、歌詞に「美人が多い元辺野地」とあるので、本当かどうか行ってみました。
たしかに今の美人も昔の美人も多かったです!


 【本部ミャークニー】(むとぅぶみゃーくにー)
渡久地(とぐち)から 登(ぬぶ)てぃ花ぬ元辺名地(むとぅひなじ)よ
遊(あし)び健堅(きんきん)ぬ 恋(くい)し本部(むとぅぶ)

「渡久地から登って 美人が多い元辺名地
 遊びの盛んな健堅 本部が恋しい」


! ミャークニー(ナークニー)の源流は今帰仁と言われています。地元では「今帰仁ミャークニー大会」という歌会が毎年開かれていて、全国からの参加者が思い思いの詞をミャークニーにのせて歌っています。
ユネスコの世界遺産に登録されている今帰仁城跡には、「今帰仁の城節の歌碑」として今帰仁ミャークニーでも歌われる琉歌が刻まれています。


 【今帰仁ミャークニー(今帰仁の城節)】(なちじんみゃーくにー・なちじんぬぐすぃくぶすぃ)
 今帰仁(なちじん)ぬ城(ぐしく) 霜(しむ)実(ない)ぬ九年母(くにぶ)
 志慶真乙樽(しじまうとぅたる)が ぬちゃいはちゃい

「今帰仁城に 遅く実った九年母(みかん)
 城主の妾の志慶真乙樽が 大事にしている」

最終更新:2009/07/28 10:48

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2009年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月