【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2009/07/25 10:40

音符きらきら伊野波節 歌碑

伊野波節

見つけやすさ 目 ★★★☆☆ 
駐車場 駐車場 △

車 名護市内から本部半島の中央を抜ける県道84号線に。伊豆味から渡久地方向に坂道を下り、八重岳入口の所で右折し、山際に差し掛かると駐車場があります。そこに車を止めて200メートルほど進み、伊野波公民館の横の坂を登ると伊野波節の歌碑があります。新しく整備された道のほか、この歌の時代からの道が残されています。

元の石くびりの道
石くびり

整地された石くびりの道
伊野波節2


ひらめき 伊野波節は300年前の伊野波の女性と首里の役人の恋物語を歌ったもので、琉球古典を代表する曲であり古典女七踊りのひとつ。八八八六の30文字を歌いきるのに6分以上かかり、1文字分を歌うのに30秒以上かかる箇所もある、ゆったりとした壮大な曲調です。歌碑の近くには歌に登場する石くびり道(石ころだらけの道)があり、歌の主人公の子孫が今も道沿いに住まわれているそうです。

なお、新民謡にも「石くびり」がありますが、この地とは関係ないようです。



【伊野波節】(ぬふぁぶすぃ)
伊野波(ぬふぁ)ぬ石くびり 無蔵(んぞ)連(ち)りててぃ登(ぬぶ)る
にゃふぃんも石くびり 遠さはあらな

「伊野波の石ころだらけの道を 恋人を連れて登る
 この難儀な石ころだらけの道が 永遠に続いていたらなあ」

最終更新:2009/07/28 11:24

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2009年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月