【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

体験バナー
恩納村の海を見下ろしながら三線を弾いてみませんか。

三線体験教室はこちらから!


三線販売、修理、体験の店 えるおきなわ

2009/07/25 10:40

音符きらきら平敷節 歌碑

見つけやすさ 目 ★★★★★ 
駐車場 駐車場 ○

平敷節

車 国頭に向かう58号線を屋我地島を左手に見ながら北上しすると、大宜味村に入る手前で源河(げんか)の表示のある交差点があります。右折して東村有銘につながる県道14号線に入り、すぐにある橋を渡って右折し1キロほど進むと道路右脇にあります。「水辺で遊ぶときの注意」と書かれた看板の向かいです。
源河川で遊ぶ子どもら

川で遊ぶ子どもら


ひらめき 琉球古典音楽です。源河節ともいいます。ここを流れる源河を詠んだ琉歌に基づくものです。看板の注意書き「水辺で遊ぶときの注意」と、歌碑の「うすでぃどぅくる」(水浴びをするところ)が古今の対比をなしていて、なんだかおもしろいですね。

 【平敷節(源河節)】(へしきぶすぃ・じんかぶすぃ)
源河(じんか)走川(はいかわ)や 潮(うす)か湯か水(みじ)か
源河美童(じんかみやらび)ぬ うすでぃどぅくる

「源河走川は 潮(海水)なのか湯なのか水なのか
源河の娘たちが 若水を浴びるところだ」

最終更新:2009/07/29 00:09

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2009/07/25 10:40

屋比久から望む本部ミャークニーの里
本部ナークニー

ひらめき 沖縄に来られる方の多くは北部へ、その大半は本部町の美ら海水族館にお越しになられます。沖縄民謡で本部といえば、「本部ナークニー」。地元では「本部ミャークニー」と発音しています。漢字にすると「本部宮古根」。由来は「宮古からの移住民が謡っていたトーガニアヤグが今帰仁に根付いた」とか。

道歌やモーアシビ歌、座敷歌、労働歌など数多くの歌が琉歌形式で本部ミャークニーとして歌い継がれていますが、歌碑に相当するものはないようです。そのかわり、本部ミャークニーに出てくる地名が名護から今帰仁に向かう国道449号線や旧道の県道116号線あたりにたくさん残されています。地図を見ながら、車レンタカーで地名オリエンテーリングをしてみては?

取材では、歌詞に「美人が多い元辺野地」とあるので、本当かどうか行ってみました。
たしかに今の美人も昔の美人も多かったです!


 【本部ミャークニー】(むとぅぶみゃーくにー)
渡久地(とぐち)から 登(ぬぶ)てぃ花ぬ元辺名地(むとぅひなじ)よ
遊(あし)び健堅(きんきん)ぬ 恋(くい)し本部(むとぅぶ)

「渡久地から登って 美人が多い元辺名地
 遊びの盛んな健堅 本部が恋しい」


! ミャークニー(ナークニー)の源流は今帰仁と言われています。地元では「今帰仁ミャークニー大会」という歌会が毎年開かれていて、全国からの参加者が思い思いの詞をミャークニーにのせて歌っています。
ユネスコの世界遺産に登録されている今帰仁城跡には、「今帰仁の城節の歌碑」として今帰仁ミャークニーでも歌われる琉歌が刻まれています。


 【今帰仁ミャークニー(今帰仁の城節)】(なちじんみゃーくにー・なちじんぬぐすぃくぶすぃ)
 今帰仁(なちじん)ぬ城(ぐしく) 霜(しむ)実(ない)ぬ九年母(くにぶ)
 志慶真乙樽(しじまうとぅたる)が ぬちゃいはちゃい

「今帰仁城に 遅く実った九年母(みかん)
 城主の妾の志慶真乙樽が 大事にしている」

最終更新:2009/07/28 10:48

2009/07/25 10:40

音符きらきら伊野波節 歌碑

伊野波節

見つけやすさ 目 ★★★☆☆ 
駐車場 駐車場 △

車 名護市内から本部半島の中央を抜ける県道84号線に。伊豆味から渡久地方向に坂道を下り、八重岳入口の所で右折し、山際に差し掛かると駐車場があります。そこに車を止めて200メートルほど進み、伊野波公民館の横の坂を登ると伊野波節の歌碑があります。新しく整備された道のほか、この歌の時代からの道が残されています。

元の石くびりの道
石くびり

整地された石くびりの道
伊野波節2


ひらめき 伊野波節は300年前の伊野波の女性と首里の役人の恋物語を歌ったもので、琉球古典を代表する曲であり古典女七踊りのひとつ。八八八六の30文字を歌いきるのに6分以上かかり、1文字分を歌うのに30秒以上かかる箇所もある、ゆったりとした壮大な曲調です。歌碑の近くには歌に登場する石くびり道(石ころだらけの道)があり、歌の主人公の子孫が今も道沿いに住まわれているそうです。

なお、新民謡にも「石くびり」がありますが、この地とは関係ないようです。



【伊野波節】(ぬふぁぶすぃ)
伊野波(ぬふぁ)ぬ石くびり 無蔵(んぞ)連(ち)りててぃ登(ぬぶ)る
にゃふぃんも石くびり 遠さはあらな

「伊野波の石ころだらけの道を 恋人を連れて登る
 この難儀な石ころだらけの道が 永遠に続いていたらなあ」

最終更新:2009/07/28 11:24

2009/07/25 10:40

音符きらきら浦々の深さ 歌碑

見つけやすさ 目 ★★★☆☆ 
駐車場 駐車場 ×

浦々の深さ

車 名護十字路に戻り、右折して58号線の手前を左折すると城公民館があり、「浦々の深さ」の歌碑が立っています。

ひらめき 今帰仁ミャークニーの一節にもなっています。また、「国頭ジントヨー」に織り込まれているものもあり、優しいメロディがお馴染みですね。(ビクター「決定版 沖縄の民謡」) 

 【浦々の深さ】(うらうらぬふかさ)
浦々ぬ深さ 名護浦(なぐうら)ぬ深さ
名護(なぐ)ぬ美童(みやらび)ぬ 思(うむ)い深さ

「深く入りこんだ湾の中でも 最も深く入りこんで美しいのは名護浦だ
(それにもまして)名護の娘たちの 情けは深い」

最終更新:2009/07/28 10:42

2009/07/25 10:30

音符きらきら大兼久節歌碑

大兼久節

見つけやすさ 目 ★★☆☆☆ 
駐車場 駐車場> ×

<車 名護城を降りて川沿いにまっすぐ行くと、右手に大きなガジュマルの木があります。この国指定の天然記念物「ヒンプンガジュマル」を右折し、名護十字路を越えて200メートルほど走ったところ、右手の大中郵便局と沖縄銀行名護支店の脇に「大兼久節」の歌碑があります。ものすごく地味なので、注意して見ないと確実に見落とします。

天然記念物のヒンプンガジュマル
ヒンプンガジュマル

商店街の中、大中郵便局と沖縄銀行名護支店の脇に
あります

大兼久節


ひらめき 古典音楽で知られる大兼久節。名護の大兼久は馬を走らせるのによいところ、というのが1番の歌詞の内容で、いま車で走ってきた商店街の道が大兼久馬場にあたるそうです。

 【大兼久節】(うふがにくぶすぃ)
名護(なぐ)ぬ大兼久(うふがにく) 馬はらちいしょうしゃ
舟はらちいしょうしゃ 我裏泊(わうらとぅまい)

「名護の大兼久は 馬を走らせると喜ばしい
 舟を走らせるのに喜ばしいのは 前に広がる浜だ」

最終更新:2009/07/28 17:11

ページ上部へ

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月