【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2012/01/07 06:50

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃コラム:愛犬を取り巻く危機的な状況3
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

前回のコラムでは、
【1。健康】に関して近年愛犬の死因トップは「ガン」で約47%、
そしてその要因として、
「劣悪な食材と食品添加物」や、
【2。遺伝性疾患と無茶なブリーディング】、
が考えられるというお話しをしました。

次は【3。棄て犬】の問題です。
ペットブームと並行して多くのペットが棄てられ、
愛犬に関しては減少傾向にありますが、
まだ年間8万頭から10万頭が保健所で殺処分されているというデータがあります。
近年では血統証が付くようなわんこも棄てられ処分されています。

原因としては儲け主義のペットショップやブリーダー、
そして我々飼い主側の勉強不足などもあるとおもいます。

10年から20年一緒に暮らす家族を選ぶことなのですから、
衝動で購入などはせずに、
事前にしっかり勉強をして、
ゆっくり時間をかけて飼ってほしいものです。



次の危機的状況は【4。動物実験】です。
ご存知の方も多いと思いますが、
欧州では動物愛護の寒天から既に全面撤廃されています。
日本ではいまだに化粧品やシャンプーなどの生活用品開発のための
【動物実験】が横行しています。
欧州で全面撤廃になった理由は既に数千ある化学合成添加物を少量使用すれば、
新しい動物実験をする必要がないと判断したからです。
命に関わる薬品などならともかく、
化粧品やシャンプーのための新しい合成添加物を作るために、
年間数千もの動物が実験という名で殺されているのです。

欧州では否買運動でメーカーが全面撤廃をしました。
僕達も自分たちの使用するシャンプーのために、
罪も無い動物が大量に犠牲になってよいのか考えるべきですし、
動物実験していないメーカーも少しづつ増えてきましたので、
そのようなメーカーの商品を購入して応援することによって、
世の中を変えていきたいものです。



来週へ続きます。


最終更新:2012/01/07 06:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

わんのはな楽天市場店~エコロジカルドッグライフ~

つぶやき

カレンダー

2012年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月