【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/02/27 22:03

2019-02-27 22:03:05エコロキア株式会社の得意とする加工で無垢フローリングの表面に様々なデザイン加工を施すと云うモノがあります。

写真の加工はホワイトオークの無垢フローリングにスプーンカット加工を施したモノ。

まるでアイスクリームをスプーンですくったような凹凸が無垢フローリングの表面に加工されており、この足触りは是非エコロキア株式会社のショールームにてお確かめ頂きたいモノです。

もちろんホワイトオーク以外にも硬いイペやウリンなどのウッドデッキからスギやヒノキのような柔らかい針葉樹まで無垢材であればある程度のサイズまでなら加工可能です。

デザインと足触りの魅力は勿論ですが滑り止めとしての効果も高いので飲食店やテナントなどでもたまに見かけます。

滑り止めの効果があるので犬や猫などのペットを飼っている方にもオススメですよ。この加工を施しているとペットが滑らず、爪を立てて踏ん張る必要もないので意外と傷が付きにくいようです。

因みにこの写真のホワイトオークのスプーンカットは京都の某5つ星ホテルのエレベーターホールに使用して頂いております。

最終更新:2019/02/28 00:48

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/02/27 18:49


【送料無料】1箱(1.53平米:約0.93畳分)無垢フローリング「アカシア」ヴィンテージ加工(ダメージ) ユニ 120mm幅 オイル仕上げ(透明つや消し) | ラスティックグレード

ようやくオープン審査も無事に通過し、本日からこの「上質なくらしと美しいカラダ」がオープンいたしました。

とは云え、まだこれから商品を登録しなければならないし、レフトナビもフッターも、そもそもトップページも作りこんでいかなくては…。
ひとつひとつコツコツと登録頑張ります。

そんなワケで登録の最初は思い入れも深いアカシア(インドネシア産)の無垢フローリングのヴィンテージ加工品。
インドネシアの工場で汗水垂らして工員さんやスタッフのみんなとデザインしたあの頃を思い出します。

最終更新:2019/02/27 18:49

2019/02/26 10:23

2019-02-26 10:23:36無垢フローリングやウッドデッキなど天然木の建材はメンテナンスの仕方によって耐用年数は大きく変わります。

しかし設計士さん、販売店さん、施工店さん、そしてお施主様もそのことに触れないまま引き渡されてしまうケースが多々あります。

古くなったウッドデッキをどのようにすれば良いか」と工務店さんからのお問合せで朝イチ現調に訪れました。

この工務店さんの施工ではないのですが、ホームセンターで販売されている2×4のようで、僅か2年ほどでこの有様です。

当然、下地の根太、大引もグズグズになっているので解体して、耐久性を考えてイタウバのハードウッドに交換です。

このような2×4は通常屋外での使用には適さないのですが、それでも最初にキシラデコールなど屋外用の塗料を塗布していればここまでならなかったのに。

最終更新:2019/02/26 10:24

2019/02/26 06:10

2019-02-26 06:10:07エコロキア株式会社では無垢フローリングや羽目板にドイツの自然塗料のOSMOやLIVOS、100年以上の歴史を持つスウェーデンのBONA、国産のU-OILやESHA、未晒し蜜ロウワックス、DIYでお馴染みのWATCOなどなど様々な塗装を行なっており、ご希望によっては調色をして塗装をすることもあります。

これに樹種、形状、サイズ、グレードなどを掛け合わせるとアイテム数は膨大な数になるので、基本的な4色の自然塗料をラインナップしております。

まずは左からオイル仕上げ(透明つや消し)。
最もナチュラルでその樹種の風合いを活かした仕上げです。

次にオイル仕上げ(フロストホワイト)。
フレンチやカントリー系のインテリアに合い明るい空間に最適です。

そしてオイル仕上げ(ヴィンテージブラウン)。
「ブラウンを着色した」と云うよりはその名の通り長年使い込まれたような自然な仕上がりです。

最後に一番右側がオイル仕上げ(ファントムブラック)。
塗料としてはソリッドなブラックですが、その樹種の持つ本来の色と混ざり自然なダークブラウンに仕上がります。

どれも無垢フローリングの専門店エコロキア株式会社が特別に調合した自然塗料で、無垢材の表情、杢目を活かした仕上がりとなっております。

最終更新:2019/02/26 06:29

2019/02/25 23:32

2019-02-25 23:32:34先日、いつもお世話になっている建設会社様の勉強会として奈良県吉野郡の製材所ツアーをした帰りに道の駅で買った日本酒。

やはり決め手は「杉の香り」のひと言。

ちょうど製材所で吉野杉の歴史について学んだ後だったので感慨深くなります。

味の方はそのキャッチコピー通りホーロー樽の日本酒にはない木樽独特の杉の香りを楽しめます。

折角なので次は吉野の家に泊まったときに呑みたいものです。

最終更新:2019/02/28 00:50

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月