【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

掲示板

  • お名前(必須)
  • タイトル(必須)
  • 本文(必須)
  • ・メッセージ本文は半角で1600文字までです。
  • ・書き込みに際しては店長の部屋Plus+規約の禁止事項や免責事項をご確認ください。

  

東北コットンプロジェクトでの農薬の使用について

2012/01/17 20:36:52 customerさん

先ほど書き込ませていただいたプルトニウム吸引被曝と布ナプキン2次被曝とは別の話ですが、
東北コットンプロジェクトの農薬についても疑問があります。

前田さんはブログで

>さらに、このプロジェクトの方向性として、
>農薬などを使った栽培に向かってほしくない、
>オーガニックでの栽培を目指したいという、2点を強く感じたからです。
shop.plaza.rakuten.co.jp/earth/diary/detail/201201070000/

とおっしゃっていますが、東北コットンプロジェクトのホームページには

>プロジェクトTEAMでは以下の活動を行っています。
>・綿に使用できる除草剤、殺虫剤の農薬登録拡大・新規登録
www.tohokucotton.com/about/activity.html

>住友化学
>綿の病害虫や雑草防除の提案、必要な農薬の登録取得
www.tohokucotton.com/team/


と明確に農薬を推奨していると書かれています。
綿花を放射能の検出されている土地で育て、さらに農薬まで使うというのは、
オーガニックコットンとは180度異なった考え方だと思います。

何か農薬を使わざるを得ない事情があるのでしょうか?
東北コットンプロジェクトは農薬を使う方向に向かっていくのでしょうか?

返事を書く

布ナプキンからの2次被曝とプルトニウムの吸引による被曝について

2012/01/17 20:03:11 customerさん

東北コットンプロジェクトのホームページではバナナやセシウム綿の吸引による被曝シミュレーションが掲載されていますが、本当に怖いのはごく少量でも吸い込むと肺がんになると言われているプルトニウムの吸引だと思います。

Wikipediaにも下記のように書かれています。

>プルトニウムを嚥下し消化管に入った場合、そのおよそ0.05 %程度が吸収され、残りは排泄される。
>最も有害な取り込み経路は、空気中に浮遊するプルトニウム化合物粒子の吸入である。
>気道から吸入された微粒子は、大部分が気道の粘液によって食道へ送り出されるが、残り(4分の1程度)が肺に沈着する。
>そのため、他のα線・β線放射物質による内部被曝と同様に、IARC より発癌性があると (Type1) 勧告されている。

プルトニウムは原発事故で32億ベクレルも大気中に放出されたそうです。
www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-6270

東北コットンを使った製品を特別な支援商品として販売されるそうですが、
支援商品が通常商品に接触することで放射性物質が通常商品に移行して、
通常商品を使った人が2次被曝してしまうことも気になります。

バナナやセシウム綿の吸引による被曝シミュレーションと同じように、
「プルトニウム綿の吸引による被曝シミュレーション」と「東北コットン製品に接触した布ナプキンからの2次被曝シミュレーション」を東北コットンプロジェクトのホームページかメイドインアース様のホームページに掲載していただけると非常に安心できると思うのですが、シミュレーションをやっていただくことはできませんでしょうか。

返事を書く

お問合せをありがとうございます-その2-(Re:消費者に裏切り行為をしていいと思っているんですか?)

2012/01/07 17:49:30 メイド・イン・アース 前田けいこさん

放射能 販売反対さま

(長文のため、回答が2回に分かれてしまいましたがご了承ください)

プロジェクトに参加しましたのも、
製品を作りたいというより、大好きなコットンで塩害地域の
再生を実現したいと思ったからなんです。
支援アイテムを作るにしても、いろいろな問題がありますので、
全てを乗り越えてゆくには、時間がかかると考えています。

これからもぜひメイドインアースのモノづくりを
信頼していただけたらと願っています。
オーガニックコットンの心地よさ、天然100%を
最終製品まで残してゆくこだわりを
今後も見守っていただけたら嬉しく思います。
どうぞよろしくおねがいいたします。
ありがとうございました。



東北コットンについての思いを
ぜひご覧いただけたらと思います。
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/earth

返事を書く

お問合せをありがとうございます-その1-(Re:消費者に裏切り行為をしていいと思っているんですか?)

2012/01/07 17:47:56 メイド・イン・アース 前田けいこさん

放射能 販売反対さま

お問合せをありがとうございます。

メイドインアースの取締役の
前田けいこと申します。

この度は、東北コットンプロジェクトの件では、
大変ご心配をおかけして申し訳ございません。
言葉が足りなく、私たちの真意がなかなかお伝えできず
すみません。

最初に心からお話したいのは、
メイドインアースの製品には、東北コットンプロジェクトの綿は
一切使わないということなんです。

メイドインアースで使用する素材は、ブランドをスタートしました17年前より、
世界の公的な機関により、しっかりと認証されたオーガニックコットン100%の素材を
使用した製品のブランドというのを強いコンセプトにしてきております。
その部分に関しましては、今後も変わりませんので、
ぜひ、ご安心いただいて、ご理解いただければと願っています。

もともとオーガニックコットンの専門ブランドを17年前に立ち上げたのも
通常のコットンには、たくさんの化学肥料や化学薬品が使われ、
生地や糸にする段階でも、とても多くの薬品が使われていることに
スタッフみんな大ショックを受けたからなんです。

消費者だと知らなかった真実をバネに、
自分たちでブランドを作りたい!と立ち上がった経緯があります。

だからこそ、安心で心地よい生活用品、ずっと使っていても
何も考えずに購入しても、安全な製品づくりを目指すブランドとして
やってきました。

(長文のため申し訳ございませんが、その2へ続きます)

返事を書く

お問合せをありがとうございます-その2-(Re:東北コットンプロジェクト)

2012/01/07 17:29:15 メイド・イン・アース 前田けいこさん

customerさま

(長文のため、回答が2回に分かれてしまいましたがご了承ください)


>「汚染地帯で作られたものを、私は着たくありません」というのがまっとうな感覚とは思われませんか?

そうですね。私も着たくありませんし、販売したくないですし、みんなチームなので、
生地屋さんも縫製工場の縫い手さんたちにも、作っていただきたくないと思っています。

>瓦礫から飛散するアスベストが問題になっていますが、アスベストなどが綿に付着しているかどうかは検査されましたか?

そちらに関しては、とても重要な問題なところなので、こちらも事務局に問合せ中です。
今年は、台風などの被害もあって、本当に微々たる収穫量のようなので、
どこまで検査がされているのかを確認しています。


>自社のお客様よりも米農家や東北コットンプロジェクト仲間の企業との付き合いを優先させるのであれば、
近いうちにお客様に見放されてしまうと思います。

私たちは、コットンを収穫したいというより、塩害に強い、大好きなコットンを使って農地の再生ができたらと
思っているのが強くて、東北のコットンで、製品を作ること自体は、いろいろな問題があるので、
まだまだ考えが及んでいないのが現状なんです。
製品を作らなくても、コットンを毎年植え続けて、塩害を取り除けるとしたら、遠い将来のためには
大切なことに感じてならないのです。

メイドインアースに多くの期待をお寄せいただいていることが今回とても感じられて、
しっかりと地に足の着いた考えに基づき、行動してゆきたいと思っていますので、
よろしくお願いいたします。またご報告させていただきます。

東北コットンについての思いを
ぜひご覧いただけたらと思います。
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/earth

返事を書く

お問合せをありがとうございます-その1-(Re:東北コットンプロジェクト)

2012/01/07 17:25:41 メイド・イン・アース 前田けいこさん

customerさん

お問合せをありがとうございます。

メイドインアースの取締役の
前田けいこと申します。

この度は、東北コットンプロジェクトの件では、
大変ご心配をおかけして申し訳ございません。

そして、最初に私達が、心からお伝えしたいのは、
メイドインアースの製品には、東北コットンプロジェクトの綿は
一切使わないということなんです。

メイドインアースで使用する素材は、ブランドをスタートしました17年前より、
世界の公的な機関により、しっかりと認証されたオーガニックコットン100%の素材を
使用した製品のブランドというのを強いコンセプトにしてきております。
その部分に関しましては、今後も変わりませんので、ご理解いただければと願っています。


>土に比べて綿の検出限界が4倍も高いのは、せっかく作った綿花を無駄にしたくないという意図が働いたからということはありませんか?


メイドインアースは、東北コットンプロジェクトに参加したのが、とても後発だということもあり、
いろいろな検査の実施にかかわる具体的な部分に関しては、結果としていただく状況なんです。

綿花を無駄にしたくないという意図が働いたわけではないと思いますが、
ふわふわのコットンを測定する場合に、土とは違う何か難しさがあるのかもしれませんね。
プロジェクト事務局サイドに確認しているところですので、わかり次第お知らせいたします。

(長文のために申し訳ございませんが、その2へ続きます)

返事を書く

消費者に裏切り行為をしていいと思っているんですか?

2012/01/07 09:10:51 放射能 販売反対さん

東北コットンプロジェクト参加だそうですね。
放射能つきの物を販売するそうですね。
2度と買いません。
消費者に裏切り行為をしていいと思っているんですか?

返事を書く

東北コットンプロジェクト

2012/01/06 22:11:11 customerさん

横から失礼します。

>@Hokkaido
>名取圃場の放射能測定結果と出荷判断について(東北コットンプロジェクト)
> www.tohokucotton.com/info/news/11122801.html
>検出限界が高い。
>食品より危険ではないかと思いますが、汚染地帯で作られたものを、私は着たくありません。

というつぶやきがツイッターにありました。
土に比べて綿の検出限界が4倍も高いのは、せっかく作った綿花を無駄にしたくないという意図が働いたからということはありませんか?
何か別の理由があれば教えてください。

「汚染地帯で作られたものを、私は着たくありません」というのがまっとうな感覚とは思われませんか?
オーガニックコットンは3年間農薬を使っていない土地であることが条件になっているので、
少なくともオーガニックコットンを使っている方は土地が汚染されていないことは重要だと考えているはずです。

>今年の収穫分につきましては、処理施設がスタートする前に収穫し、
>検査も行って不検出になっているため問題はありませんが、

瓦礫の集積や破砕は12月より前に行われていたはずです。
瓦礫から飛散するアスベストが問題になっていますが、アスベストなどが綿に付着しているかどうかは検査されましたか?
アスベストが布ナプキンなどに付着した場合、人体にどのような影響がありますか?

自社のお客様よりも米農家や東北コットンプロジェクト仲間の企業との付き合いを優先させるのであれば、近いうちにお客様に見放されてしまうと思います。
今ならまだ遅くないので、御社にとって本当に大切なのは誰なのか、お客様と被災者がWIN-WINの関係になれる支援方法は何かを見極めていただければ幸いです。

返事を書く

お問合せをありがとうございます。(その2)

2012/01/05 19:39:26 メイド・イン・アース 前田けいこさん

Atsuko Avarvarei さま

(長文のため、回答が2回に分かれてしまいましたがご了承ください)

不安のない、そして東北の方々、しいては日本人の
ためになることになる可能性があるのかどうかを、
もう少し見極めたいのです。


現時点での東北大学での放射線検査では、不検出との報告が
でているため、今後の状況をしっかり見つめてゆくことが大切だと
思っています。

今この時点で、プロジェクトへの参加をとりやめてしまえば、
いろいろな情報も入ってこなくなります。
真実を知り、みなさまに、しっかりお伝えしてゆくためにも
もう少し、私たちメイドインアースを信じて、
見守っていただけないでしょうか?

皆さんの不安を、しっかりとした情報のご提供で支えてゆければと
思っています。
もしよろしければ、今後ともメイドインアースを
よろしくお願いいたします。
お問合せをありがとうございました。

メイド・イン・アース
前田けいこ


返事を書く

お問合せをありがとうございます。(その1)

2012/01/05 19:36:24 メイド・イン・アース 前田けいこさん

Atsuko Avarvarei さま

この度はお問い合わせありがとうございます。
メイドインアースの取締役の前田けいこと申します。

年末年始の休業となっておりましたため、
お返事が遅くなってしまい、
大変申し訳ございませんでした。

東北コットンプロジェクトに関しては、
とてもご不安をお持ちいただく形となってしまい
大変申し訳ございません。


お問合せいただきました「東北コットンプロジェクト」についてですが、
ご指摘の通り、荒浜の圃場につきましては、近くの瓦礫処理施設が
昨年12月より稼働してしまいました。


今年の収穫分につきましては、処理施設がスタートする前に収穫し、
検査も行って不検出になっているため問題はありませんが、
来年以降の綿については、どうなるか分からない状況なのが正直なところです。


今後、地元行政とともに定点観測的に線量測定を行ってゆく方向を
事務局では、現在詰めているようです。
綿の栽培だけでなく地域住民の暮らしの安全性も配慮し、
慎重に丁寧に進めているのが現状です。



メイドインアースの東北コットンを使っての製品化に
つきましては、以前も掲示板に書かせていただいたのですが、
収穫された綿が安全であると確認されなければ、
絶対に製品化することはありません。


メイド・イン・アースを運営する私たちスタッフも、
総勢20人足らずの女性の多い会社なんですが、
マタニティのスタッフがいたり、若い女性も多く、
小さな子供を育てているスタッフもいます。
私にも中学生の娘がおりますので、放射線に関しては、
社内のスタッフ皆とても真剣なんです。

プロジェクトに関わっている私たちとしても、
とても難しい選択を迫られている状況ではありますが、
もう少し、しっかり今後の方向性を見てゆきたいと思っています。

(長文のため申し訳ございませんが、その2へつづきます)

返事を書く

放射能コットンを全国に広げないでください。

2011/12/30 15:14:56 Atsuko Avarvarei さん

放射能汚染された瓦礫処理場のすぐ近くで栽培する東北コットンプロジェクトに参加するのであれば、今後、一切御社の製品の購買拒否をいたします。その事については、ブログやツィッターでも大きく問題視していく所存でおります。

東北コットンプロジェクトをそのまま続行するのでしたら、国内最大規模のがれき焼却施設を廃止して安全が確認されてからにしてください。

宜しくお願いいたします。

私は北米在住ですが、誠実な対応をしていただけないようであれば,
あなた方がしていることは、こちらのメディアの人達へも働きかけていこうと思っております。

どうか、御社が非人道的な会社になりませぬよう、お願い申し上げます。

返事を書く

Re[2]:放射能汚染地域のコットンを使った製品を販売されることについて

2011/12/07 23:35:59 メイドインアース 前田けいこさん

メイド・イン・東北さま

お返事ありがとうございます。
娘が風邪で寝込んでいたため、オフィスに出られなく
お返事が大変遅くなりすみませんでした。
風邪が大流行りのようで、お気をつけてくださいね。

>メイド・イン・アースさんのお気持ちはよくわかりました。

わかっていただけて嬉しいです。
放射線の問題さえなければ、東北コットンプロジェクトは
きっと多くのみなさまに応援していただける内容なだけに、
きちんとしてゆきたいと思っています。

>1点だけお願いがあります。
>プロジェクトのホームページにも一応「出荷前に土壌及び綿花の放射線検査を実施」と書かれていますが、ワタの部分だけでなく、必ず土壌の放射能のベクレル量も公表して欲しいです。

今後は、しっかり表記してゆくと思います。要望も集まってきていると思いますし、私たちも望んでいます。
とにかく、全てがオープンでないと、せっかく集まった企業が製品を作っても、買う方がいないという状況にもなってしまいます。
安心して、被災地復興を応援してゆけるように、私たちもがんばりますね。
ぜひ見守っていただけたらと思います。
それでは、これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

メイドインアース
前田けいこ

返事を書く

Re[1]:放射能汚染地域のコットンを使った製品を販売されることについて

2011/12/04 22:06:39 メイド・イン・東北さん

メイド・イン・アースさんのお気持ちはよくわかりました。

1点だけお願いがあります。
プロジェクトのホームページにも一応「出荷前に土壌及び綿花の放射線検査を実施」と書かれていますが、ワタの部分だけでなく、必ず土壌の放射能のベクレル量も公表して欲しいです。
(もし放射能がワタには少なく土壌に多かった場合、消費者に影響のない土壌の方は伏せてごまかそうとする心理が働くと思われるので)

もし農薬を使わないのであれば腐葉土や牛糞などを使っているかもしれませんが、腐葉土もセシウム汚染されています。
www.asahi.com/special/10005/TKY201107260806.html

宮城県にはセシウム牛が沢山いるので牛糞も汚染されています。
www.news24.jp/articles/2011/07/24/07187178.html

もし肥料や土の汚染について気を使われてこなかったのであれば栽培開始時よりも土壌が汚染されているかもしれません。

使用されるかどうかは分かりませんが、肥料に米ぬかや魚などを使用する場合も、産地が福島県やその周辺であれば汚染されている可能性があります。

農薬を使わないオーガニックコットンが評価されている理由は消費者に優しいだけでなく生産者にも優しいからだと思われます。
土壌が汚染されていれば生産者やボランティアが土埃を吸い込んで内部被曝し、ただちに影響はないかもしれませんが、いずれ健康に影響がでてくるかもしれません。農薬を大量に使った綿花栽培と同じ過ちを繰り返すことになります。
来年以降は出荷前ではなく栽培開始前に土壌の放射能量を公開して頂けるとより安心です。

www.preorganic.com/about/pocp_damage.html
>綿花生産者が受ける農薬の被害
>1. 劇薬である農薬を素手で触り、素足で踏むことで、皮膚に直接的なダメージが及びます
>2. 噴射機で散布した際に、口から吸い込むことで農薬を摂取してしまい、気管や内臓器官にダメージが及びます

返事を書く

Re:放射能汚染地域のコットンを使った製品を販売されることについて

2011/12/04 01:08:21 メイドインアース 前田けいこさん

東北コットンプロジェクトに関しては、メイド・イン・アースの公式サイトにも情報を載せておりますので、ぜひ、今後ともメイド・イン・アースを応援していただけたらと思っています。

 長くなりましたが、お読みいただきましてありがとうございました。
これからも、どうかメイドインアースをどうぞよろしくお願いいたします。
また何かございましたら、ぜひお問い合わせくださいね。
ありがとうございました。

そして、この掲示板に文字制限があるため、
分割でのお返事になりましたこと、大変失礼いたしました。

メイド・イン・アース
取締役 前田けいこ

返事を書く

Re:放射能汚染地域のコットンを使った製品を販売されることについて

2011/12/04 01:04:40 メイドインアース 前田けいこさん

現在の放射線量の問題もそうですね。何かの、誰かの都合のために、真実の情報が流れないとしたら、本当におかしなことです。今回のお米の流通などもおこるため、メーカーである、わたしたちメイドインアースへ不安を感じてしまうのは、よくわかります。

でも、信じていてください!とお伝えしたいと思っています。
放射性物質が検出されたら、製品は作らず、農家さんの支援という意味では、ものづくり以外にもいろいろな形での支援があるとも考えているのです。

そして、この東北コットンプロジェクトが、将来的に私たちの思いと違う方向に行くようになってしまうようでしたら、もちろん脱退だってありますよ。
ただ、まだスタートしたばかりのプロジェクトには、本当に、東北の再生の可能性があるので、もう少し、状況を見つめてゆく価値があると思っています。

ご不安を感じるかもしれませんが、お客様には、ぜひ、メイド・イン・アースの思いや、ものづくりのこだわりを信じていただけたらと願っています。
多くの方々が安心して使ってゆくことできる製品を生み出してゆくことが私たちの役割だと思い、メイド・イン・アースというブランドを立ち上げたので、その初心はずっと変わりません。

つづく

返事を書く

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月