【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/09/23 07:00

180920ooharano01


大原野神社には神苑の「鯉沢の池」があります。








180920ooharano02


鯉沢の池は、文徳天皇が奈良の猿沢池を模して造ったとされる池です。
平安時代前期(850年~858年在位)の文徳天皇は、
大原野神社の社殿を壮麗に造営し直しています。








180920ooharano03




秋といってもまだまだ緑が鮮やか。






180920ooharano04









180920ooharano05


中島に祀られてる弁天さん。








180920ooharano06


これも台風21号による被害でしょうか、
柳の木が池に倒れこんでました。








180920ooharano07




あとは、池でまだ咲いてた睡蓮とカエルたちを。






180920ooharano08









180920ooharano09









180920ooharano10











180920ooharano11






大原野神社 鯉沢の池 2018年 初秋 (完)
それではまた。。。

最終更新:2018/09/23 07:01

2018/09/22 07:00

180920ooharano01


今回も峠へ向かいました。
小塩山にある金蔵寺の先の逢坂峠へ。

先ずはルート上の大原野神社へ寄ります。








180920ooharano02


桓武天皇は平城京から京へ都を移す前に、長岡京遷都を行っていますが、
大原野神社はその長岡京遷都の際に建立。
平安遷都前だから歴史があります。

位置的には長岡京の少し北になります。








180920ooharano03


神社建立の目的は、桓武天皇の皇后の氏神を分祀。

桓武天皇の皇后は「藤原乙牟漏(ふじわらのおとむろ)」。
藤原家の氏神様は奈良の春日大社です。
春日明神をここへ分祀し、参詣しやすくしました。








180920ooharano04


ここも台風21号による被害が見受けられます。








180920ooharano05


千眼桜は無事でした。








180920ooharano06



春日大社が神の使いを鹿としてることから、手水舎に鹿。








180920ooharano07


区民誇りの木 モミの大木が倒れてました。
奥の建物が倒木の被害を受けています。








180920ooharano08


本殿は無事のようです。

以前はもっと木々に覆われたかんじだったのですが、
伐採をされたのかすっきりしました。

昨年来た時はそれをちょっと寂しく思ったけど、
伐採していなかったら本殿も台風被害を受けていたことでしょう。








180920ooharano09



狛鹿。





180920ooharano10









180920ooharano11




大原野神社 2018年 初秋 (完)
それではまた。。。

最終更新:2018/09/22 07:01

2018/09/21 07:00

180918seryou01



貴船神社本宮の北参道にある鈴鹿谷。








180918seryou02


貴船川沿いを奥宮のある上流方向へ進みます。








180918seryou03


台風被害で川床のお店はすべてお休みです。






180918seryou04



奥宮。

もとはこの地に本宮がありました。
平安時代1046年に出水のため社殿が流損したため、
1055年に現在地に本宮が創建されて、こちらは奥宮として奉齋されています。

今回の目的の芹生峠は、
この奥宮からさらに北へ進んで行くことになります。








180918seryou05


ここから先は初めて通ります。

車だったら対向車きたらどうするの?という細い道ですが、いちおう府道361号線です。
京北、花背方面へ抜けることができます。








180918seryou06


台風21号の影響で杉の枝が散乱してます。








180918seryou07


ここは倒れた木が道をふさいでました。

左は川が流れているので、
自転車を担いで木をまたいで進みます。

すでに嫌な予感です。








180918seryou08


ここも枝が散乱して、ひどい状態ですが、
あの先、右へカーブして進んで行くともっとひどいことになってて、








180918seryou09


一瞬、状況が把握できませんでした。
「道を間違えて行き止まり?」と思いましたが、
一本道だから間違いようはありません。

ひどい土砂崩れです。
もう原型が分からない。

向こうに小さな橋があるのですが、








180918seryou10


橋があるのでこの先が道路だったのでしょう。








180918seryou11


帰ってからグーグルマップのストリートビューで確認してみると、
橋の先は左へカーブするようになってて、普通に車が走れる道でした。








180918seryou12


ガードレールが少しだけ見えて、
かつてここが道路だったことがうかがえる。








180918seryou13




橋のところが芹生峠を上るスタート地点のような場所だから、
スタート地点で断念して帰ることになりました。

いつか復旧するのだろうか?
舗装されてるとはいえ、ほとんど整備がされてなかった悪路だから
復旧優先順位もかなり後回しになるような気がします。



芹生峠 断念。2018年 初秋 (完)
それではまた。。。

最終更新:2018/09/21 07:01

2018/09/20 07:00

180918kibune01


貴船神社に到着。








180918kibune02


灯篭並ぶ参道。

神社境内は、台風による大きな被害はなかったようです。








180918kibune03


鴨川の上流に静まる水の神さま。








180918kibune04


黒馬と白馬像があります。

平安時代には日照りや長雨が続くと、朝廷より貴船神社に勅使が派遣されて、
降雨を祈願するときには「黒馬」が、止雨を祈願するときには「白馬」が、
その都度、奉納される習わしになっていました。

のちに生きた馬の代わりに馬形の板に色をつけた「板立馬」が奉納されるようになり、
それが絵馬の原形になって、貴船神社は「絵馬発祥の地」といわれています。

今年のような豪雨や台風だと、白馬を奉納して祈願ですね。








180918kibune05


龍船閣からの眺め。






180918kibune06




貴船神社 2018年 初秋 (完)
それではまた。。。

最終更新:2018/09/20 07:01

2018/09/19 07:00

18017kibune01


梶取社のある貴船口。

貴船神社の方へ進みます。








18017kibune02


叡電貴船口駅の出口のところ。
台風21号で倒れた大木がのしかかってます。

叡電は台風被害で運行していませんでした。
HPで確認したところ、現在も市原~鞍馬間の列車は運休とのことです。
相当な被害が発生しているため運転再開の見込みが立たない状況であると。
京都バスによる振替輸送は行っているそうです。








18017kibune03


あちこちで木が倒れていました。








18017kibune04


電柱も倒れてます。








18017kibune05


川床のお店はすべて休業でした。

電気はすべて停電というわけではなくて、
灯くところと灯かないところがあるようでした。






18017kibune06









18017kibune07



鞍馬寺へ抜ける鞍馬山の登山口はもちろん立ち入り禁止です。



貴船口~貴船 2018年 初秋 (完)
それではまた。。。

最終更新:2018/09/19 07:01

ページ上部へ

カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月