【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/02/15 07:00

190124tera02



前回の続きで寺町京極。

マスコットキャラクターの「てらぼん」は、
寺町通りの北にある御所におしりは向けまへん。








190124tera01



反対から、てらぼんのお顔はこんなの。

頭の上は「て」の字のちょんまげとのこと。
ちょっと分かりにくい。








190124tera06



今日もぶらっと商店街を北へ進みます。







190124tera03


鉄板焼き。








190124tera04


おしゃれな靴屋さん。








190124tera05


紙の和雑貨屋さん。








190124tera07


行列のできる天丼屋さん。








190124tera08


六角通りの広場。

向こうは新京極。
左側に見えるのは浄土宗西山深草派本山の誓願寺です。








190124tera09



メニュー。








190124tera10


一風変わったデザインの眼鏡屋さん。
アイウェアブランド「JINS」のコンセプトショップとのこと。







190124tera11


眼鏡は縁がないのでJINSって店は知らなかったけど、
このあとたまたま見たニュースで「AI(人工知能)で似合うメガネを判定」とかで、
東京店が紹介されてました。







190124tera12


京都サンボア。

創業1918年の老舗バー。
ちょうど100周年ですね。







190124tera13


寺町三条のかに道楽。








190124tera14


すき焼きの三嶋亭。
文明開化華やかりし明治6年創業の老舗です。








190124tera15


こちらは三条通りから見る新京極。








190124tera16


寺町京極三条上がったところにある「矢田寺」。
アーケード商店街の中にあるお寺です。
もちろんあとから商店街になったわけですが。

写真がだぶついてて、節分の前です。
矢田寺では年末には「かぼちゃ供養」が行われることでも知られます。








190124tera17



ご本尊の地蔵菩薩(矢田地蔵)は、
地獄で苦しむ亡者を救うお地蔵さんです。

矢田寺の梵鐘は、六道珍皇寺の「迎え鐘」に対して「送り鐘」と呼ばれて、
毎年8月16日にご先祖の霊を送る「送り鐘」が行なわれます。








190124tera18


矢田寺の隣りのおそば屋さん。
創業明治11年と書いてあるからここも年季が入ってます。








190124tera19



スマート珈琲店。
いつも満員の人気店です。
開店前とか行列ができます。








190124tera20


寺町御池手前にある本能寺。

武将の姿をした人がおられました。








190124tera21


「本能寺の変」の時の場所は四条西洞院近くでした。
今の堀川高校近く。
本能寺の変で焼失後に豊臣秀吉の命で現在の地へと移転しました。








190124tera22



御池通りまで出てきて。
終了です。



寺町京極 その2 2019年 冬 (完)
それではまた。。。

最終更新:2019/02/15 07:01

2019/02/13 07:00

190123tera01



阪急河原町の地下。





190123tera02









190123tera03



寺町京極をぶら撮りします。








190123tera04



甘栗のいい匂い。








190123tera05


寺町京極は新京極と並行して南北に走る、
四条~御池通のアーケード商店街です。








190123tera06


お好み焼き。








190123tera07


ロールアイス。








190123tera08


老舗すき焼き。








190123tera09



派手なエスカレータ。








190123tera10


トイガン&ミリタリー。








190123tera11


この日は寺町京極のあちこちでスマホを叩いてる人が集まってました。
前にニュースとかでやってたポケモンGOだと思います。
今でも人気あるのですね。







190123tera12


向うは錦天満宮です。

この辺りでもたくさんスマホを叩いておられます。
いまだにスマホを持ってないから何のことかさっぱり分からない。








190123tera13


錦市場は相変わらず賑わってます。








190123tera14


マリオ。








190123tera15


カフェ。








190123tera16



WITH YOU。

ここも古いですね。懐かしい。








190123tera17


射的場がありました。
こんな場所で採算合うのでしょうか。








190123tera18


あちら、新京極にあるのは蛸薬師堂。








190123tera19


文字入Tシャツ。

外人さんとかに人気があるのかな。








190123tera20




街撮りは撮ってて飽きないから、つい写真が多くなります。
寺町京極の写真はまだあるので、続きは次にします。



寺町京極 その1 2019年 冬 (完)
それではまた。。。

最終更新:2019/02/13 07:01

2019/02/11 07:00

190131sisen01


雪の日の最後は詩仙堂へ寄りました。

徳川家康に仕えていた戦国武将「石川丈山」が
武士を辞めて隠居した草庵がはじまりです。
現在は詩仙堂丈山寺という曹洞宗の寺院です。


「小有洞(しょうゆうどう)」と呼ばれる小さな山門は、
竹組のところが新しくなってました。








190131sisen02


中門の老梅関の向こうは、いつも4月終わり頃に咲くキリシマツツジ。
このキリシマツツジは真っ赤ではないんですよね。少し淡い色。








190131sisen04


2つある雲形の窓は、他では見かけない特徴的な形です。








190131sisen05


内から見る老梅関。








190131sisen06


書院前の庭園へ。
いいあんばいで雪積もってました。








190131sisen07


家康に仕えた石川丈山は、家康の叱責を買って武士を辞めました。
なんでも、「大坂夏の陣」の際、先陣争いを禁止されていたにも関わらず、
一番槍で乗り込み敵将を打ちとったそうです。
血気盛んだった頃です。

武士を辞めた丈山は浪人となり妙心寺に隠棲し、
その後は朱子学や禅を学びます。
また、漢詩・書道・茶道・庭園設計にも精通。
茶に関しては、同時代の渡来僧・隠元と同じく「煎茶の祖」ともいわれています。

終の棲家として詩仙堂を着工したのは58歳の時です。
そして90歳で亡くなるまでここで過ごされました。








190131sisen08


雪を被ったサツキの刈り込み。

このサツキが咲く5月後半頃の詩仙堂もおすすめ時期です。








190131sisen09




陽が射してきました。
こうなってくると京都の雪は溶けるのが早いです。








190131sisen09












190131sisen11









190131sisen03



まだ詩仙堂にはこれだけ積もっているけど、
外へ出ると辺りの雪は一気に溶けてたので、これで終了とすることにしました。


雪の日長く続きましたが、詩仙堂を出たのはまだ午前10時過ぎ。
鷺森神社からここまで、実際はつかの間の雪景色でした。








190131sisen12


帰りに見かけた、雪中蝋梅。








190131sisen13




甘い香りを放つ蝋梅ですが、
雪が花を湿らせてるので、一層強い香りが漂ってました。




詩仙堂 雪 2019年 冬 (完)
それではまた。。。

最終更新:2019/02/11 07:01

2019/02/09 07:00

190131enkouzi01


雪の圓光寺へ。








190131enkouzi02


圓光寺は、徳川家康が学問所として伏見に設立したのが始まりです。
開基が徳川家康という家康公ゆかりのお寺。

学問所はその後、相国寺内への移転等を経て、
1667年この地へ移転します。

現在は臨済宗南禅寺派の寺院で、南禅寺の研修道場でもあります。








190131enkouzi03




入ってすぐにある新しいお庭「奔龍庭(ほんりゅうてい)」。





190131enkouzi04









190131enkouzi05



水琴窟には寒椿?山茶花?が添えてありました。





190131enkouzi06











190131enkouzi07



わらべ地蔵。








190131enkouzi08


書院前の「十牛之庭」。

禅宗に「十牛図」という絵があり、それが「十牛之庭」の名の由来となっています。

十牛図は、牛を探していた童子が、足跡を見つけ、姿を見かけ、捕まえ...と、
十個の図で描かれています。
その「牛」というのは「禅の悟り」の置き換えであって、悟りに至る過程が表現されている図です。








190131enkouzi09


書院からの眺め。

紅葉の名所は雪景の名所でもありますね。
桜は枝が太くて冬芽もごつごつしてるけど、
もみじの枝は細く繊細なので、雪が枝を隠すように積もります。








190131enkouzi10



円光寺は徳川家康公ゆかりのお寺と書きましたが、
少し山を登ったところに東照宮と家康公のお墓があります。
その高台からの眺め。十牛之庭を見下ろせます。



圓光寺 十牛之庭 雪 2019年 冬 (完)
それではまた。。。

最終更新:2019/02/09 07:01

2019/02/07 07:00

190130sekizan01


雪の赤山禅院へ。








190130sekizan02









190130sekizan03


昨年の秋に来た時には紅葉と寒桜が紅白で賑やかだったところです。








190130sekizan04









190130sekizan05









190130sekizan06









190130sekizan07


寒桜はまだ少し残ってました。








190130sekizan08


弁財天堂の前。








190130sekizan09


十六羅漢は我慢比べしてるかのよう。
身動きせずじっと耐えておられます。








190130sekizan10



紅一点。








190130sekizan11



暖。








190130sekizan12


蘇鉄は菰で巻かれて防寒対策はすでに万全です。








190130sekizan14




赤山禅院 雪 2019年 冬 (完)
それではまた。。。

最終更新:2019/02/07 07:01

ページ上部へ

カレンダー

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
2017年