【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


Mr.プラマッチョは株式会社プラスマークスの販促用 看板キャラクターですMr.プラマッチョが綴る愛と青春と汗と涙と子育てとついでに販促とか

「 プラスマークス + にく = プラマッチョ 」

キレるとついつい販促してしまう熱血漢。代表的な販促技は
「投げ売り」・「叩き売り」・「開きな売り」。

主に相模原市南区は相模大野に出没。
ヒーローなのかヒールなのかは不明。

【入場曲】 PULAMA-CHO ~販促★愛のテーマ~
【戦績】 2018年度 32戦 31勝 1敗( 反則負け )




     あなたは何マッチョ?

      子育てマッチョ 遠吠えマッチョ クッキングマッチョ 下北沢マッチョ 販促小説 販促マッチョ 店舗コラボマッチョ ぷらぷらヒポ日記 お客さまっちょ プラスマークス



>>主に相模原市とそのクラブチームSC相模原を応援する記事一覧はこちらから





2021/01/20 11:03

こんにちは!プラスマークスマーケット 楽天店です。

当店の今週(1/13 - 1/19)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はマグの相方 スチールシート 糊付 0.5mm厚×600mm幅×1Mパッケージ PSS600A 【I109】【自社在庫品B】
他にも6位にはA看板 スタンドプレート SP-908 ホワイト 印刷完成品( 営業中・準備中・休業日 ) 表と裏の文字を選んでオーダー 受注生産:発送まで7日…
7位には交通安全運動用 手旗 横断旗 横断中 (携帯用折りたたみタイプ)10本入り 【Z064】【自社在庫品B】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
プラスマークスマーケット 楽天店のトップへ!

王冠
プラスマークスマーケット 楽天店週間ランキング

(1/13 - 1/19)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/01/20 11:03

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2021/01/13 11:03

こんにちは!プラスマークスマーケット 楽天店です。

当店の今週(1/6 - 1/12)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はA看板 スタンド看板 スタンドプレート (SP-901黄/SP-902赤/SP-907黒/SP-908白) 本体色の無地看板(※板面に印刷希望の場合は別売の印刷…
他にも5位にはスタンドプレート SP-900シリーズ用 インクジェットプリント 印刷費チケット(※看板は別売/デザインは含まず) H760×W300mm×R12.5mm…
10位にはマグネットや磁石が付く素材 スチールシート スチールペーパー (強粘着) 900mm幅×長さ10M (※幅/長さ:余幅あり)【L029】【自社在庫品…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
プラスマークスマーケット 楽天店のトップへ!

王冠
プラスマークスマーケット 楽天店週間ランキング

(1/6 - 1/12)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/01/13 11:03

2021/01/07 10:17

2020/04/27 16:30

 
 
毎度プラスマークスマーケットをご利用いただきまして誠に有難うございます。


新型コロナウイルス感染拡大により、政府より全都道府県への「緊急事態宣言」が発令されました。


「緊急事態宣言」の趣旨を踏まえ、当社では従業員の安全、健康を第一に確保するため、

4月21日(火)午後~5月6日(水)の間、休業とさせていただきます。

お客様には大変ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。



ご注文・お問い合わせにつきましては5月1日(金)より順次ご対応させていただきます。



★ご注文のキャンセルについて★

休業期間中にご注文商品が不要になられましたお客様におかれましてはご自身で購入履歴より
ご注文をキャンセルいただくか、購入履歴のお問い合わせフォームよりお問い合わせください
ますようお願いいたします。

(購入履歴からのご自身でキャンセル可能なのはご注文後30分以内となります)



楽天市場会員様以外はメールにてご連絡ください。

 

 
 

最終更新:2020/04/27 16:30

2019/03/19 20:48




Jリーグ3部 J3で奮闘するSC相模原(スポーツクラブ相模原)という

クラブチームが3/10に開幕戦を迎えました。


弊社はそのチームのスポンサー(ファイブスター)というというカタチで応援

していますが、昨年のオフから開幕戦を迎えるまでの3ヶ月間を3部構成での

回顧録として記事にします。今回はその最終回3部(開幕)です。 


>>第1部はこちら

>>第2部はこちら




■2019/03/02 川崎フロンターレ 麻生グラウンドTM


暖かな陽気と豪雨が繰り返す不規則な3月上旬・・・

この日は雨の予報が嘘のような快晴。

SC相模原 と 川崎フロンターレ によるTM(練習試合)が行なわれた。



場所は神奈川県川崎市麻生区の麻生グラウンド。素晴らしい環境である。

小田急線栗平駅から徒歩15分程の山の上にある川崎フロンターレの練習場だ。



022.jpg

※写真は2018年11月のあさお青玄まつりの時に撮影





両方のサポーターの私にとってこんなに心踊るイベントは他にはないし

複雑な心境で見守るゲームもそうはない。





今回はSC相模原の目線で記事を書いているわけだが、SC相模原はJ3のチーム。

相手の川崎フロンターレは言うまでもなく J1の2年連続チャンピオン

既に開幕して昨晩も試合を終えた川崎Fはサブメンバーで挑んでくるのは

わかっているだけに、J3で昨年9位のメンバー刷新した新星チームがどれだけ

魅せてくれるのかワクワクしていた。






結果から言えば、45分×2本で行なわれた練習試合は

0-2、0-2 合計0-4で川崎Fの勝利に終わった。

まだ連携の取れていないチームでありながら善戦はしたと思う。



エースのジョン選手は怪我でもしてんの?と思う程に体が重そうなのに対して

この時に目立ったのはブラジルから新加入した10番ジオヴァンニ選手。

とにかく走る、献身的。川崎Fの選手に負けていない。

10代の頃はポルトガルやドイツでもまれ、その後母国ブラジルでプレーしていた

だけあってJ1王者相手にやや萎縮している感のある中でプレーが堂々としていた。



サブチームであってもパスサッカーのチーム川崎フロンターレ。

距離感のよい変化する三角形にSC相模原は軽くいなされてしまう。

SC相模原にとってチャンスが訪れることが少なくジョン選手から新加入の

伊藤大介選手へタイミングよく縦に抜けるパスが出てこれはチャンス!!

と思えど、既に開幕している川崎Fのコンディションがよく追い抜かれる。

やはり体が重いようだ。





020.jpg

試合終了後 いつも爽やかな笑顔で対応してくれる三浦監督




コンディションが上がって連携取れてくれば・・・と期待の持てるチームという

印象を持っていいのかといえば正直そこまで収穫はなかったのでは。


2日後の雨降る中で行なわれたJ2の横浜FCと練習試合では2-0と勝利したようだが、

これは平日なので見に行けず。

新加入の川上エドオジョン智慧選手とミルトン選手が点を決めたという

数字だけを聞いて少しばかり期待を持てた。



さぁ、開幕まで1週間だ。




024.jpg

敗戦後だというのに快くサインいただけました。




023.jpg


SC相模原
08 ミルトン選手
09 ジョン選手
10 ジオヴァンニ選手

川崎フロンターレ
09 レアンドロ・ダミアン選手
11 小林悠選手
16 長谷川竜也選手
19 齋藤学選手
41 家長昭博選手






■2019/03/09 相模大野駅 開幕前日トークイベント



3/9・・・サンキューの日

この日私は従兄弟の結婚式に参列するために埼玉県の川越にいた。


一方、その頃相模大野では富澤主将と選手のメンター(メンタルケア)の役を

受け持った稲本選手らベテランによる開幕前日トークイベントが行われた。



相模大野駅改札を出ると通路に毎年大きな桜の樹が現れる。

ちょっと前までクリスマスツリーだったような、時が過ぎるのは早いなぁ。



026.jpg




その桜の樹の華やかさに負けない迫力のある選手。

その選手を引き立てるクラブチームロゴの入った


2.6×3mの 大型バックボード




025.jpg





実はこの度、このバックボードの制作を弊社にご依頼をいただきましたきらきら



チームを応援する地域の一企業に過ぎませんが、そもそも今回の話に至った経緯は

2月のチラシ配りのボランティア活動でのちょっとしたご縁がキッカケでした。



イベントに行かれた方にとっては桜と選手に目が行ったと思いますが、我々の仕事は

主役を引き立てるための、イベントを盛り上げるためのあくまで裏方。


私はその場にいられませんでしたが、魂はそこに込めました









■2019/03/10 開幕



いよいよ開幕戦当日、ホームで迎える初戦の相手はカターレ富山。

かつてSC相模原にも所属した新井瑞希選手ことみずきゅんをエースとする

SC相模原と対照的に熟成度の高いチームだ。



ホームスタジアムのギオンスタジアムに朝の9時前に到着。

この日のキックオフは13時だが、既に多くのボランティアの方々がテントや

のぼり旗を設営している。


今まで開園時間の1時間前に悠々ときてスタジアム入りしていたので1つの試合の裏で

こんなにも多くの人が、それぞれにアツイ想いを抱いて参加している。



028.jpg


029.jpg


ボロボロになったビッグフラッグも募金により新しいものに? もちろん私も募金♪








まだ時間があるのでスタジアムを1周回ってみることにした。

反時計回りに回ってみるとスタジアム脇には第二競技場があり、シニア?の方々が

サッカーの試合をしていた。


子供たちがボールを蹴っているのであればものめずらしくないが、これだけ多くの

シニアの方々が試合をしているって・・・何のイベントかわからないがサッカーが

街に根付いているような錯覚に陥った。






030.jpg



もう少し進むと、SC相模原のクラブチームトラックと出会い、その先ではスタジアム

グルメ(通称スタグル)のフードパークの準備が行なわれていたのだが、そこで見た事の

ある方が。


2月編で少し触れた まこちゃんのお父さん が挨拶まわりをされていた。



ネットから募金はしていたが励みになればと直接募金させていただきました。

2月中旬にサポーター達が募金活動への参加を呼びかけ、わずか2週間足らずで

SC相模原の望月会長がオフィシャルで募金活動の協力を呼びかけるまでに。

人を動かす人のアクションというのは本当に讃えたいと思う。








スタジアムを1周ぐるりと周り、サポ仲間達と合流。



グッズを買ったり、スタジアムグルメを楽しむ時間だ。




そして、試合当日のスタジアムの楽しみ方の一つに ワークショップ がある。

この日はサポーターのだんちょ~さんがその季節の自然の植物(紫キャベルなど)から

抽出した染料でトートバッグを染める叩き染めワークショップが行なわれた。



031.jpg


032.jpg



033.jpg




このワークショップの趣向の凝らしかたや取り組み方がとても興味深く、先ずホーム

チームとアウェイチームの垣根なく楽しめるというホスピタリティの塊である。



それだけではない。

この記事を書いているのは第2節のアウェイ、ザスパクサツ群馬戦の後。

そのアウェイの地に前日入りして相手サポーターの中に飛び込んでスタジアムの

準備も手伝ってしまうという肝の据わり様。



しかもだ。

アウェイの地で行なうワークショップで体験の参加費は現地の土産話になるもの

ポストカード1枚でもその土地の食べ物一口でもOKという楽しみ方。




物が記念で残るのはもちろん、今日この日の出会いや体験が記憶としても残る。

自然染めなので化学染色と比べれば発色はそれほど良いものではないが

それでもお互いの記憶には色鮮やかに深く染められることだろう。




034.jpg





気がつけば時間は昼の12時を回った。


昨シーズン終了から長い長いオフシーズンにはたくさんのドラマがあった。


さぁ、長く待ちわびたホイッスルが吹かれる時はもう間もなくだ。









2019.3.10 開幕!










最終更新:2019/11/08 17:56

ページ上部へ

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月