【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


Mr.プラマッチョは株式会社プラスマークスの販促用 看板キャラクターですMr.プラマッチョが綴る愛と青春と汗と涙と子育てとついでに販促とか

「 プラスマークス + にく = プラマッチョ 」

キレるとついつい販促してしまう熱血漢。代表的な販促技は
「投げ売り」・「叩き売り」・「開きな売り」。

主に相模原市南区は相模大野に出没。
ヒーローなのかヒールなのかは不明。

【入場曲】 PULAMA-CHO ~販促★愛のテーマ~
【戦績】 2018年度 32戦 31勝 1敗( 反則負け )




     あなたは何マッチョ?

      子育てマッチョ 遠吠えマッチョ クッキングマッチョ 下北沢マッチョ 販促小説 販促マッチョ 店舗コラボマッチョ ぷらぷらヒポ日記 お客さまっちょ プラスマークス



>>主に相模原市とそのクラブチームSC相模原を応援する記事一覧はこちらから





2021/05/12 11:03

こんにちは!プラスマークスマーケット 楽天店です。

当店の今週(5/5 - 5/11)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は駐車場 A看板 両面 スタンドプレート SP-900シリーズ 印刷完成品 ( P IN 矢印 お客様駐車場 ) 本体色を選んでオーダー 受注生産:発送…
他にも5位には交通安全運動用 手旗 横断旗入れ ( 2缶入りで1セット ) 【Z064】【自社在庫品B】
6位には屋外掲示板 画鋲でポスター掲示する 掲示板 透明板つき掲示板 扉式(左開き) 【 6617 】 屋外用 B1 サイズ オプション:鍵付 【送料無…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
プラスマークスマーケット 楽天店のトップへ!

王冠
プラスマークスマーケット 楽天店週間ランキング

(5/5 - 5/11)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/05/12 11:03

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2021/05/05 11:03

こんにちは!プラスマークスマーケット 楽天店です。

当店の今週(4/28 - 5/4)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は交通安全運動用 指導員用 手旗 横断旗 指導旗 P2101 (横断中・化繊生地) 450×500mm(伸縮棒740〜1130mm) 1本入 【Z064】【自社在庫品…
他にも4位には【個人宅配送不可/配送先名に屋号必須】ポスター 看板 アクリルパネルスタンド 【 B0ヨコサイズ 片面 】 56995B0S 【T048】【メーカー…
7位には看板用 A型ボード用 レインカバー LBC180 看板をすっぽり覆う 透明 ビニールカバー ※カバーのみです!看板は別売です! 大型貨物と同…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
プラスマークスマーケット 楽天店のトップへ!

王冠
プラスマークスマーケット 楽天店週間ランキング

(4/28 - 5/4)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/05/05 11:03

2021/04/28 11:03

こんにちは!プラスマークスマーケット 楽天店です。

当店の今週(4/21 - 4/27)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はマグの相方 スチールシート 糊付 0.5mm厚×600mm幅×1Mパッケージ PSS600A 【I109】【自社在庫品B】
他にも5位には屋外掲示板 画鋲でポスター掲示する 掲示板 透明板つき掲示板 扉式(左開き) 【 6617 】 屋外用 A1 【送料無料(※沖縄・離島エリア除く…
10位にはA看板 スタンド看板 スタンドプレート (SP-901黄/SP-902赤/SP-907黒/SP-908白) 本体色の無地看板(※板面に印刷希望の場合は別売の印刷…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
プラスマークスマーケット 楽天店のトップへ!

王冠
プラスマークスマーケット 楽天店週間ランキング

(4/21 - 4/27)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2021/04/28 11:03

2021/04/26 22:05




こんにちは、 SC相模原(スポーツクラブ相模原) のサポーターのぷらさんです。



今日はジェフユナイテッド千葉さんのホームであるフクダ電子アリーナ(フクアリ)に

乗り込んだお話です。



ちょ、なんでアイツら踊ってるの? については後の方で触れたいと思いますので

今しばし長文お付き合いください。



a000.jpg

JR蘇我駅から直線距離で800m程度しか離れていない 駅チカ スタジアムと言っても

過言ではないスタジアムで陸上トラックのない球技専用のスタジアム・・・いわゆる

専スタ である。



ジェフユナイテッド千葉さんといえば、1992年にJリーグが発足時に加盟した10チームの

ひとつ オリジナル10 に名を連ねる古豪。古河電気工業サッカー部時代から数えて75年もの

歴史のあるクラブである。



たかだか13~4年(されど13~4年)の市民にも認知されていないクラブである我々はJ2(J1)の

先輩チームに対して大きな尊敬の念を抱いているが、決して卑屈になることはなく

全てが経験値に変わる1戦 にただただ胸を躍らせていた。



001.jpg


蘇我駅から直進した交差点を抜けると、事前予約で購入できる第3駐車場の入り口があり、

駐車後は東京湾側をぐるっと周ってビジター入口に回ることになる。

ほどなくしてスタジアムにイン!!!


a005.jpg


うひゃああああああ


サガミスタの顔がほころんでいるのがわかる。


私、川崎市に住んでおりますゆえ川崎フロンターレのホーム等々力陸上競技場に入った時の

胸の高鳴りは常々あるのですが、フクアリはなんといっても専スタ!!


フィールドからの近さは陸上競技場の比ではなく、スタジアムを包み込むような屋根がまた

独特の空気を醸し出しています。屋根の作り出すコントラストがかっこいい。


恐らくジェフ千葉ひとすじの10~20代のサポさんは最初からこの環境でサッカーを観戦して

いるでしょうからピンと来ないかもしれませんが、スタジアムだけで興奮しています。



002.jpg

ユニフォームや身につけている相模原らしきものはすべて取っ払いビジター側からホーム側に

向かいます。ホーム側から見たビジター席。階段に取り付けた横断幕が斜めなのが斬新。


なんで 捕まったらつるし上げられてもおかしくない 反対側に来ていますかといいますと


003.jpg


ホーム側にあるサポ連ブースに突撃で立ち寄り相模原土産をお渡しさせていただきました。


本来は相模原でワークショップを行っているだんちょ~さんからジェフ千葉さん仕様の

さくら染めマスクを受け取りお渡しする予定でしたが時間がなくSC相模原のせんべいを贈呈。

無事にお渡しすることができて良かった。




こちらのブースにあるホワイトボードに今シーズンのジェフ千葉さんの戦績や得点者であったり

メモリアルイベントの案内が書き込まれてありました。

(これだけの歴史のあるチームでもこうしたアナログ感があり少し安心)





a001.jpg

サマナラ チキンコプタ&キーマカリー

004.jpg



アウェイ遠征の楽しみと言えばスタグルとグッズ売り場。



グッズ売り場でジェフィとユニティの人形を探せどどうやら売っていないようだ・・・残念(TT)

今回はすみっコぐらしとのコラボ人形を購入。



スタグルはといいますと栃木さんと相模原の試合限定の


小島秀仁選手とのコラボカレー をいただきました。


辛さのインテンシティが高くガツガツと削りにきます。

汗ダラダラかく系の辛さではありませんが試合前のテンションが爆上がりしました炎





005.jpg

ジェフ千葉サポさんからはSC相模原側に何が貼ってあるのかわからないと思うので

画像貼っておきます。 変革 は2019年から3年連続で採用されているスローガン。



相模原は常に変革の中にいる。変わり続けているチームなのです。


そしてそれはサポーターである サガミスタ も同じである。


そのひとつとして・・・




試合中にジェフ千葉サポさんたちのTwitterタイムラインがざわつく。





・SC相模原のサポーターさんが踊っててかわいい

・ジェットスフィーンに合わせて踊ったり拍手してくれてうれしい

・ノリノリの相模原サポの皆さんサイコー

・ノリノリ相模原サポかわいい笑

・相模原サポ可愛い

・相模原サポさん、楽しんでくれてありがとう





かわいいなんて言っていただきましたが、みんな30~50代のオッサンですみません。



a006.jpg
画像提供 ジェフ千葉サポ みほ*きゃしー@mi4ca4nkmskmsさん


a002.jpg


一部のSC相模原サポたちがスタジアムの催し物(主にチア・ダンス等)に反応して


距離など色々な状況に配慮しつつもめいっぱい踊ったり拍手をしたりして楽しみます。







冒頭に たかだか13~4年(されど13~4年)の市民にも認知されていないクラブ と書きましたが


その1年1年に私も知らないドラマがあったことでしょう。


JFL時代から応援している人、J3に昇格してから応援し始めた人、J2に昇格して応援し始めた人


ジェフ千葉さんと対戦できるようになった今日でもこのクラブはまだまだホームでも認知は低い。




\ だったら俺たちが盛り上げてやろうじゃないか!目いっぱい楽しみながら!! /



そんな思いや、このような状況下でビジターを受け入れてくれるアウェイチームであったり

催し物で応援してくれるチアの人々に『我々の元にも届いているよ』というのを目に見える形で

お応えしたい、お届けしたい。まぁ踊る理由は人それぞれなのですが。



元々は青山学院大学ソングリーディング(チアダンス)チームのBULLETSのみなさんが

ギオンスタジアムで応援してくれているのを応援するオリジナル4(さきちさん命名)の

オジサマ達がアウェイでも応援の応援をしだしたことが由来のようです。


自分たちの演目がちゃんと届いているって知ったら嬉しいですもんね!




そんなバカみたいなアクションが毎試合毎試合、新たにサガミスタから生まれてきます。

主にボランティアをやっている方々なので色々とこれはOK?これはNG?とかは頭の片隅に

置いたうえで取り組んでいます。










ところで相模原にはジェフ千葉さんのような球技専用スタジアムはありません。



ジェフ千葉の皆様が ギオンスタジアム にいらっしゃった際は駅から遠かったり、

スタジアムからピッチが遠く見づらかったり少しがっかりするかもしれません。


駅裏専スタを求めてはいますが、長年連れ添ったこのスタジアムのことを

私たちサガミスタは大好きです。

駅からめっちゃ遠いですけど、周りの公園やロケーション含めてこの地域を愛しています。




不便も多いかと思いますが『なんかこの感じ懐かしいぜ!!』って思っていただけましたら幸いです。



ご来場の際は勝敗は抜きにしても少しでも楽しかったと思っていただけるよう

常にサガミスタも変革していければと思います。






006.jpg


試合のことに少し触れますと、終盤の猛攻はなんど心臓が止まりそうになったことか。

ジェフ千葉サポさんの応援が序盤に比べてすこしずつバックスタンドも含めて

専スタの屋根の反響もあり圧を増していく。

コーナー、ロングスロー、フリーキック・・・何本あったことでしょうか。



それでもサガミスタは圧倒的に人数が少なかったとしても目の前で戦う選手に

精一杯のエールを送るべく太鼓とCLAPで応えました。

手がパンパンで腕は筋肉痛です。




個人的に今日のゲームで注目していたのがゴールキーパーの二人。



かつてフロンターレで応援したGK 新井章太 選手が悔しそうに地面を叩いていたのが

勝利とともに記憶に強く結びつきましたが、ポジショニングであったり状況からの

プレー選択等やはりさすがでした。

(カウンターでちょっと危ないところはありましたが)




相模原のGK 三浦基瑛(みうらもとあき) 選手は所属3年目の今シーズンにJデビュー。

まだ経験値で差があり要所要所若さがみられますが、そんな選手の成長もまた変革のひとつ。

ぜひ相模原の変革をご一緒に注目してお楽しみいただければ幸いです。


それではギオンスタジアムでお待ちしております!




サポーター有志でつくる #さがまっぷ ご活用ください



A001.jpg

A002.jpg




最終更新:2021/04/27 12:55

2021/04/22 21:17




こんにちは、 SC相模原(スポーツクラブ相模原) のサポーターのぷらさんです。

コロナ禍で県を跨いでの行動の自粛が叫ばれる中で誤解を与えかねないタイトルですが

Jリーグの感染症対策のガイドラインに則って行われた試合、ビジター枠が設けられた

試合について記録ついでに語りたいと思います。(2021.04.21時点)


※社会情勢を無視してガンガンお出かけを促すものではありません




2021年、相模原市・綾瀬市・座間市・愛川町の4都市をホームタウンとするサッカークラブ

SC相模原は、J2カテゴリへと昇格によりこれまで京都サンガF.C.、ザスパクサツ群馬、

大宮アルディージャ、アルビレックス新潟、そしてジュビロ磐田といったJ1の経験をもつ

歴史のある強豪クラブチームとホームで迎えうつこととなった。




いつもは自宅の川崎より車でギオンスタジアムに向かうのですが、第8節ジュビロ磐田戦では

久々に公共交通機関を用いてスタジアムに向かうことにした。



それはなぜか?



スタジアムで試合を観ながら ビールビール を飲みたかった



それもある。


B014.jpg



J3からJ2に昇格したものの、J2カテゴリのサポーターの方々にご来場いただくにあたって、

ご来場者様の気持ちを改めて身をもって再確認したいと思った。


あれよあれよと階段を昇ってきたSC相模原の歴史はまだ14年目を迎えたばかり。



そう思ったキッカケは、昨年より参加した設営・撤収のボランティアで来場者様にご満足

いただいているかどうかが気になったこと。


サポーター仲間の有志でビジター入口で"おもてなしの看板"を設置するプロジェクトを

はじめたこと。


そしてその流れから、以前より構想していたサガミスタ(SC相模原のサポーターの愛称)の

ための聖地巡礼MAPとビジターに地域を紹介するMAPの企画をミックスして実現したこと。




それが #さがまっぷ である





A001.jpg

A002.jpg



ジュビロ磐田戦の3日前に仲間内に話があがり、特急で仕上げたデジタルチラシである。


私が仕事の合間にデザインしたところに、メンバーの文章やキャライラストを落とし込んで

いくとたった2日でここまでのものに仕上がった。メンバーの相模原愛の結晶である。



このチラシは試合の前日夜にTwitter上で配信したところ、翌日ジュビロ磐田サポーターの

間に瞬く間に広まった。



そんなジュビロ磐田戦をできる限りビジター目線で考えてみて肌で感じたことを次は実際に

アウェイ観戦をして味わってみようと思う。


甲府記事001.jpg




実は私、アウェイ観戦初めてなのです。



正確に言えば公式戦で同じ神奈川県から出てのアウェイ観戦(遠征)が初めてなのです。


J3時代にお隣、 YSCC横浜 との試合でニッパツ三ツ沢陸上競技場に観戦はいっていますし

トレーニングマッチで 大宮アルディージャ のNACK5スタジアムには観戦にいってます。


 
そんなわけで、私にとってのはじめてのアウェイ観戦(遠征)は第9節 ヴァンフォーレ甲府



川崎から午前10時に出発、中央高速道を運転していると向かう先に見えるのは霊峰富士富士山


朝からこんなに暑いのに雪化粧の富士を眺めながら1人ドライブ。

こんなに気分が高揚することはありません!


これは雪国育ちのヨメさんに言っても理解してもらえないのですが

関東近郊に住む者にとっては富士山見えるとテンション上がりますよね??



平日ということでひと気も少ない談合坂SAでトイレ休憩をし、最初のミッションをこなす。



そう、ご当地お土産人形の モケケ を現地調達することだ。



我が家のモケケ調達のルールは基本、現地での出会いを大切にすること。

むやみやたたらに関係のない他県のモケケは買わないこと。


そんなわけで山梨県関連のモケケはもも・ぶどうに続いて3体目

アルプス をげっと星



気温も上がることなので他の食べ物のお土産に目もくれず先を急ぎます。



甲府記事002.jpg



甲府南ICを降りてスタジアムに向かうのですが、何か既視感が。

周りは何もない。


どことなく道路の雰囲気など新潟に似ている気がするのは気のせいでしょうか?


ICを降りてからあっという間にスタジアムのある 小瀬スポーツ公園 に到着するのですが


ビジター席側に近い第3駐車場に到着。


12時ちょい前・・・駐車場余裕ですwww



車を降りてスタジアムの周りを見学開始です!





b002.jpg


スタジアムの中央、二人の見つめる先は南アルプスというドラマチックな景観。

ヴァンくんとフォーレちゃんがお迎えしてくれます。



甲府記事003.jpg


今回現地に早めにきた理由としては、他チームの設営準備がどんな感じだろう?と

チェックしてみたかったのもあります。


テント裏の幕がメッシュターポリンでできていたり、折りたたんで折痕がついて

白くなっているな~受付テーブルのカバーはかぶせ式か~看板はスライドレール

なんてたぶん私くらいしか関心ないことなんだろうな。



試合開始の7時間前。

ピッチ内看板はすでに設置してあり、テントやテーブルはセットしてありました。

もちろん人影はほとんどありません。



あまりに寂しい気持ちになってきましたので唯一遭遇した人類・・・である

警備員さんと3mのソーシャルディスタンスをとって微妙な雰囲気でお話してみました。


ぷ 「いいスタジアムですね~」

警 「でも陸上競技場ですよ~」

ぷ 「いえいえ、ロケーションも大事です キリッ」



そう、JITリサイクルインクスタジアムは大自然の山々に囲まれ、山の雪融け水?も

流れる小川もある自然豊かなロケーション。甲府盆地のやや中央に位置する。



ギオンスタジアムもまた丹沢山系を背に建っていますが、山々に囲まれた盆地ならでは

少し趣の違う景色を作り出しているのです。




甲府記事004.jpg


公園内にはエッシャーのだまし絵のような階段のある建造物?オブジェがありました。

これぜったい子供連れて来たい!!

絶賛小学生低学年はいつまでも遊んじゃうやつ!!



公園なら日本全国どこにでもある。

スタジアム(陸上競技場だけど)だってそうだ。

だけどね、こうしたロケーションってそこ独自のものがあるのだな~


とスタジアム周りの視察もここまで、次の目的地へ。





甲府記事005.jpg

次の目的地はここ、山梨県立美術館。


スタジアムから20分かからないくらいですかね?

道が空いていたのであっという間です。


こちらの美術館はジャン=フランソワ・ミレー氏の作品を所蔵しており

代表作である『種をまく人』『落穂拾い(夏)』などを鑑賞することができます。



この落穂拾いですが、私が高校生の時に初めて油絵の模写で書いた作品で

それだけに思い入れのある作品です。こちらに所蔵してある(夏)は前作にあたり

季節の異なる作品となります。



時間のある方はぜひ『 ミレー 落穂拾い 』 で検索して作品の解説を読んでみてください。


作品の時代背景や作者の・・・




堅い話はこの辺にして


その道中何度かみかけた不思議なスポット


ハッピードリンクショップ・・・そう山梨唯一のコンビニエンスストアである。




嘘です、ドリンクバーです。



相模原のギオンスタジアムにも車で5分もしないところにレトロ自販機が大量にある

おもしろスポットがあるのでぜひお越しいただきたい。




甲府記事006.jpg


水曜日は定休日が多いのか昼飯難民となりまして、みつけても14時閉店・・・残念。

とりあえずチェーン店っぽいラーメン屋さんにはいりました。

ここは事前リサーチちゃんとしておけばよかった。



Twitterで情報を追っていると、スタジアムグルメがもう販売始まっているとのこと。

サガミスタもぞくぞく到着しているとのことですぐに戻るとご覧の通り。


サガミスタと落ち合いスタグルエリアを歩いていると某チームの広報さんとグッズ担当さんが

ほくほく顔で観光を楽しんでおりました 真剣な眼差しで他チームの視察をしておりました。


B003.jpg


相模原のスタグルもかなりレベルが高いお店が数多く出店していますが

甲州地鶏 とな!

やはりその地ならではのものを食べたいよね~

ああ、これビール飲みたくなるやつですよ、ちくしょう。




相模原でも麻布大学さんが取り組んでいた懐かしのリユースカップと再会。

カップを返却すると100円戻ってくるあれです。





甲府記事007.jpg

B004.jpg


ひととおりお腹も満たされたのでゲートイン。

多くの変態・・・サガミスタがいらっしゃいました!

DAZNでいつも見かける光景・・・いっつもどんなに遠くても・・・悪天候でもそこにいる

しかも平日なのにあんたらバカじゃないの?(お前もだ)



いや、ほんと甲府は遠いですけど近い。いやたかだか150kmを遠いと言ってはいけない。





今回、あまり下調べできなかったのは前の晩にこれらパネルを作っていたこともあり。



SC相模原ジュニアユースに所属していた中山陸選手の有名なポーズ。

甲府に以前所属していた、窪田良選手。

(あ、星選手のつくるの忘れた)




そして


試合前日に突如現れた SCS流行語大賞ノミネートまちがいない


\ コーンみたいだぜ /



昨シーズン限りで引退してSC相模原のアンバサダーに就任した千明聖典さんが

選手練習のパサーでありながらポストの跳ね返りをまだまだ現役でイケるゴラッソを決めた。

その時に甲高い声で発した言葉である。



サガミスタの大好物である。




そのパネルをすぐ作った私もなかなかの馬鹿者だ。


そう思っていたら上には上がいた。




甲府記事008.jpg

コーン実物持ってくる大馬鹿者がいる相模原。

これがサガミスタだ。





B008.jpg




さて、試合はというととてもしょっぱいものとなった。

選手は頑張った。

しかし懸念していた失点パターンに対する練習してきた守備のところがうまく

機能せず 相模原はクロスに弱い という自信喪失になりかねない敗戦だった。

ハイボールには強いのだけれども、マイナス気味だったり、アーリークロス。


それだけに選手もショックだったのだろう。



相性なのか、何かのバランスが崩れたのか、チャレンジの結果なのか、研究されてなのか

そこまでは私にはわからない・・・が、少し気分をリフレッシュする何かが必要に感じた。

ターンオーバーとはまた違う刺激や競争が必要なのかなと。



それでも試合に出た選手はうなだれずに顔を上げてほしい。

ここで君たちは戦ったのだから。



B009.jpg


アウェー遠征での負け試合、帰り道の辛さを知っているサポーターは多くいるだろう。

相模原はJ2昇格までドラマのような負け無しが続いただけに、いつしか負けることに

不慣れになっていた。


しかし、勝ち負けだけが全てではないことをみんな知っている。



そのひとつが マスコット だ。



肩を落とすサガミスタの元に甲府のマスコット、ヴァンくんとフォーレちゃんが

挨拶に来てくれた。

言葉は交わせないが『 ありがとう、また来てね! 』というのが伝わったきたよ。


おかげでものすごく清々しい気持ちになった。癒し。マスコットは尊い。


B011.jpg




甲府記事009.jpg


ホームでビジター様をお迎えするにあたって、自分もビジターになってみて

初めて分かることがたくさんあった実りある1日となった。




・サッカーを通して地域がわかる

・他クラブも想いは同じ

・同じ思いの仲間がたくさんいる

・同じバカができる仲間がたくさんいる





B013.jpg


おい、こら!そこのイッヌ!食うなw


B012.jpg

この度の遠征の目的のひとつ、バス小瀬新聞


18年続いている取り組みから多くのヒントをいただけました。


(お恥ずかしい話、ヴァンフォーレさんの名前の由来をこの新聞で初めて知った)




甲府のボランティアさんに顔見知りもいるのでアウェイな感じもあまり

ありませんでしたし、バス小瀬新聞の方ともご挨拶できた♪

本当に素晴らしい遠征となりました。



緊張感ぬぐえない社会情勢の中、クラブ・サポーター・スタグル・グッズ売り場・

ボランティア・関係者各位に感謝するばかりです。




SC相模原のサポさんも、ビジターさんも さがまっぷ よろしくお願いいたします。



最終更新:2021/04/23 13:13

ページ上部へ

カレンダー

2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2021年
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月