【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2010/08/09 13:35

舞衣夢には、着物の保管や管理をする専門部署があります(^-^)
楽天市場に出品する着物も、この部署の方が準備をしているんですが、
準備の現場はなかなかすごいんです☆

10畳くらいはあるでしょうか、
いつもはダンボールが置いてあったりする倉庫の床をきれいさっぱり片づけて、
振り袖をずらりと並べます。
それはもう、圧巻!(*'o'*)

かたわらには、帯や帯揚げ、帯〆なんかが山になっています。
上前が見えるように振り袖を並べて置いて、
その上にぽんぽんと帯を乗せていきます(^-^)♪
「この子にはこれかなあ」なんて言いながら、ぽんと帯を置く、
無造作なようですが、ちゃんと振り袖が映える帯を合わせているw(*゚o゚*)w

プロですねぇ☆(*^・゚)ノ

なかなか個性的で合わせるのが難しいような帯を
さらりとコーディネートして、帯の個性を引き出してしまうんです(*゚ー゚*)
純古典から、今どきギャル風のコーディネートまで、
幅広い着こなしを提案するこの方の組み合わせ、私は大好きです♪

舞衣夢の振り袖をみるときは、そんな舞台裏があることを思い出してくださいね (v^ー゚)★

最終更新:2010/08/09 13:35

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2010/07/30 12:01

暑い日が続いていて、バテそうです(≧ヘ≦) ムゥ

昼間は酷暑でも夜になると少しは気温が下がって
涼しい風が吹くこともあります(*^o^*)

そんなある日、風に吹かれてふと空を見上げると、
空の高いところに満月がちょこんと見えました。
真っ暗な空の中で、銀色の光に包まれて静かにたたずむ月は、
とても涼しげでした(*゚ー゚)☆

やっぱり夏は夜に限ります・:*:・゚★,。・:*:・゚☆
むかしのひともそう思ったようで、百人一首などを見ても、
夏の歌というと夜のものが多いように思います。


夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいずこに 月宿るらむ

巡りあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月影


お彼岸まで2ヶ月を切りました(ノ*^▽)ノ♪
暑さ寒さも彼岸まで、というので、
暑いのももう少しの辛抱でしょうか。


夏と秋と 行き交う空の 通ひ路は かたへ涼しき 風の吹くらむ

秋が恋しい今日この頃です:*:・゚★,。・:*

最終更新:2010/07/30 12:01

2010/07/25 20:03

そろそろ夏休み、七五三の前撮りをする方が多くなってきたようです。
七五三シーズンの到来ですね(*~∀~*)ゞ

お祝い日だと、写真撮影して、お参りして、実家にあいさつに行って、
と、パパやママは目の回る忙しさ。
最近は、夏休みや平日を利用して撮影だけは先にしてしまう、前撮りが人気のようです。

と、いうわけで、舞衣夢は七五三のきものをたくさんご用意しました。
ぜひぜひ、ごらんください(⌒▽⌒) ノ☆

「着物ってこんなに安いの?」
「こんなに安いんじゃ、品質が心配だなぁ」

舞衣夢の着物に、こういった感想を持たれるかたが多いみたいですが、
なんのなんの、品質には自信ありますよ~ヽ(〃^-^)/

なんていっても、舞衣夢には自社内に、商品のコンディションを整える、
お手入れの専門部署があるんです(*'ー')/
レンタルから戻った着物はこの部署に持って行って、
汚れを落としたり、シワを取ったりして保管しているんです。

だから、汚れやすい衿元や袖回りもきれい♪w(^0^)w
「写真館で着物を借りたら、けっこう汚れてた」なんて話を耳にすることがありますが、
舞衣夢は一回ごとにお手入れしてるので、きれいな状態を保っているんですよ。

もちろん、どうしても落ちない汚れや、キズはありますが、
ぱっと見は分からないような、些細なものが多いんです。

じゃあ、そんなに品質のいいものがどうしてこんなに安いかというと、
レンタルで使って、活躍してくれた着物の引退だからです。
「きちんと働いてくれて、ありがとう。ご苦労様」
そんな気持ちを込めて、お安くしているのです(*^ー^*)

さあ。もう舞衣夢のきものに不安はありませんよね☆
楽しんで選んでみてくださいね♪♪♪

最終更新:2010/07/25 20:03

2010/07/15 14:01

帯には関西風と関東風がある、
名古屋帯の柄付けが逆だから、着付けるとき、帯の巻き方が逆になる(≧ヘ≦)!
と、いうくらいは知っていました。

最近、草履にも東京風と京都風があることを知りました。
東京では、鼻緒に足指をあまり入れずに、つっかけるように履くのを粋とするそうです。
対して京都では、足指をぐっと深く入れて履くそうなんです。
なので、東京風の草履は先が細く、関西風の草履は先が丸いし鼻緒も太い!

へええええ!知らなかったーーーw(*゚o゚*)w!

浅草の草履屋さんで草履を買ったときのことを思い出しました。
その店では台と鼻緒が別に売られていて、好きな組み合わせを選ぶと、
職人さんがその場で鼻緒をすげてくれます(゚▽゚*)♪
そして「あんまり足を入れちゃだめだからね」と言って渡してくれたのです。

そうか、あれは先の細いエナメルの、東京風の草履で、
しかも浅草の職人さんだからこそのアドバイスだったんだ、きっと。

風土や時代によって、いろいろな違いがある、きものの世界。
知れば知るほど、面白いですね(*^o^*)


ちなみに、舞衣夢で扱っている草履は、この論法でいくと、東京風です。
まぁ、東京の会社ですから(*゚ー゚)★

最終更新:2010/07/15 14:01

2010/07/09 11:41

6月のある日、山手線の駅のホームですてきなひとを見ました(*゚ー゚)♪

まだ梅雨入りしていない頃で、カラリとさわやかな晴れた日でした。
その人は、「ちょっとそこまで」といった風情できものを着てました。
近くに寄ってジロジロ見る勇気はなかったので、うろ覚えなんですが、
紬っぽい単衣でした。

大島紬なんかによくあるツバメと、風のような斜めのラインの織模様。
白っぽい生地に紺で織られた柄がさわやかな印象でしたo(^0^)o

帯は細帯、アジアンな織物を帯に仕立てた、みたいな感じ。
鬼平犯科帳の奉行所のひとが着流しているときのような、
ぎゅっと結んだだけに見える、粋な雰囲気の結び方。

そして、畳表の下駄(草履じゃなかったように思う)、
つるとか麦わらっぽいカゴバッグ。
化粧っ気のないショートカットの横顔が、
頭に乗せた麦わら帽子から垣間見えました。

きもの、とうと、今の時代は礼装ばかりですが、
普段のきものをすてきに着こなすひとがいるんだなあ、と
なんだか感激しました('-'*)*:.。.☆

最終更新:2010/07/09 11:41

ページ上部へ

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム