【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/05/11 11:22

こんばんワン♪
子供が出てくる映画を観るのはなるべく避けるようにしています。
決して子供が嫌いな訳ではありません。
むしろそういう映画に弱すぎて観られないのです。
『スタンド・バイ・ミー』『クレイマー、クレイマー』『そして父になる』など
個人的に思い入れのある映画には全て子供が出てきます。
つまり子供は自分の中で映画の評価を簡単に高める伝家の宝刀で、
それを抜かれてしまうと見事にバッサリやられてしまい、結果作り手の誘導通り
落ち着くべき場所にきれいに落ち着かされてしまう自分がもう嫌で嫌でしょうがない、というのが冒頭の理由です。
近頃は「映画に子供を起用するなんて汚い」という独善的な考えも頭をよぎってしまうくらいなのですが。
『アンジェラの灰』は貧乏とダメ親父に振り回される家族を描いたアラン・パーカー監督作の映画。
内容はとにかく暗くて重い。
この映画を初めて観た時は「世の中にこれほど不幸せな家族がいるものか」と思ったものですが、
どうやらこれは実話らしいです。
しかし絶望が全てを支配している訳ではなく、貧乏に負けず懸命に生きる子供たちの姿はとても感動的。
アラン・パーカー独特の青みがかった色調の絵も美しく、
飛び抜けた名作ではないものの印象的な佳作に仕上がっています。

魂の評価 ★★★☆☆


ヤマトDM便発送可・エミリー・ワトソン・ロバート・カーライル・ジョー・ブリーン・キアラン・オーウェンズ・マイケル・レッグ・ロニー・マスターソン・ポーリン・マクリン・リーアム・【バーゲン】【中古】DVD▼アンジェラの灰▽レンタル落ち

最終更新:2017/05/11 11:22

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム