【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/08/07 17:33

こんばんワン♪
映画はなぜ難解になるのか。
娯楽だったはずの映画を芸術まで引き上げたのは一体誰なんでしょうか。
少なくともスタンリー・キューブリックはその一端を担っていると言えるでしょう。
『2001年宇宙の旅』は自分の中で難解映画の極北です。
しかしそれと肩を並べるくらい難解な映画なのがアンドレイ・タルコフスキー監督作の『ノスタルジア』。
難解さの質の違いはあれど、こちらも一度観ただけではさっぱりわかりません。
ストーリーはイタリアを訪れたロシア人作家がある男と邂逅し…という流れ。
しかし話の展開が全くないため、もはやこれをストーリーと呼べるのかすらわかりません。
(進みが遅い=眠くなる)
作中の会話も中には意味があるのかないのかよくわからないものがあるし、
さらにカラー映像の中に断片的にモノクロ映像が挿し込まれ、もう何が何だか意味不明です。
ただ、映像の極上の美しさは何者にも代え難く、まるで美しい詩を映像化したかのよう。
今まで数々の映画を観てきましたが、こんな映画を観たのは初めてです。
ラストシーンのあまりの荘厳さには思わず絶句。

魂の評価 ★★★★☆


ヤマトDM便発送可 (出演) オレグ・ヤンコフスキー エルランド・ヨセフソン デリア・ボッカルド ドミツィアーナ・ジョルダーノ【中古】DVD▼ノスタルジア【字幕】▽レンタル落ち

最終更新:2019/08/07 17:33

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム